FANDOM


SgtMaj Avery J. Johnson
エイブリー・ジュニア・ジョンソン
Homeworld

地球.アメリカ合衆国.シカゴ[1]

Date of birth

2472年

Date of death

2552年11月

Physical description
Rank

上級曹長[2]

Species

人類

Gender

男性

Height

193cm

Weapons
Hair color

黒色

Eye color

茶色

Chronological and political information
Affiliation

UNSC 海兵隊

  [Source]

海兵隊上級曹長のエイブリー・ジュニア・ジョンソン、認識番号48789-20114-AJは、UNSC海兵隊のエネルギッシュな下士官(NCO)と海軍特殊戦開発グループの、高度な訓練を受けた海兵隊員だった。

彼はHaloの3作全てで、不可欠な役割を演じた。非常に御都合主義的な時間にJohn-117を支援した。彼はチーフをよく知っている数少ない一人であり、二人は多くの時間を一緒に戦った。敵に捕らえられ、チーフがしばしば彼を救い出さなければならなかったが。

彼は意外にも、フリップミュージックと、ロックを愛好していた。そしてそれは彼の仲間と部下の間では共有されていない。彼は不屈の姿勢で有名であり、兵士の間で尊敬され、好かれている。彼は Battle of Installation 04 (II)で、不完全なInstallation 04を起動することを拒んだ343 ギルティ・スパークの言葉を無視した時に、343 ギルティ・スパークの手によって死亡した。

ジョンソンはフラッドに寄生されない感覚で有名な、唯一の生物である。もう一方のマスターチーフも除き、フラッド素体に寄生されればフラッドになる(ジョンソンはボーレン症候群、軽度の放射能被爆に因る神経異常のため保護され、チーフはコルタナの干渉のため保護されている)。

情報源、脚注 編集

  1. Halo:Contact Harvest
  2. Halo 2

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

FANDOMでも見てみる

おまかせWiki