Fandom

Halopedia

エリダヌス星系

2,396このwikiの
ページ数
新しいページをつくる
コメント0 シェアする
エリダヌス星系
Constellation:エリダヌス
Bodies:少なくとも3つ
Notable facts:ジョン-117とエミール-A239が誕生した星系


エリダヌス星系アウターコロニーに位置する。この星系には12の惑星があった。この星系において分離主義者の活動が活発で、反乱が発生するが、UNSCによって鎮圧される。しかし、エリダヌスII2530年にコヴナント攻撃を受け、ガラス化されてしまう。

歴史編集

分離主義者がUNSCに対する反乱を2494年以降引き起こし続けた。UNSCはこれに対して2年後に4隻の駆逐艦を失うも反乱を鎮圧させる。だが、ロバート・ワッツ 大佐率いる分離主義者が2513年に文民政府を打倒する。ワッツはUNSCの反撃作戦によって射殺されたと思われていたが、彼は生き延びており、残存兵力と共に小惑星帯のエリダヌス・セクンドゥスに逃亡する。[1]UNSCハルセイ博士は、海賊と反乱軍がこの星系で活動を続けていたと言った。UNSCに対する敵意を示したまま、この星系は反乱軍に統制されてしまう。[2]

後に伝説となるジョン-1172517年にこの星系で徴兵され、2525年にSPARTAN-IIのリーダージョン-117率いる部隊は駆逐艦 UNSC パイオニア[1] と共に移動中のラデンカーゴ内に潜入し、 反乱軍基地への潜入とワッツの捕獲を成功させる。[3]

この星系の主要な星であったエリダヌスII2530コヴナント戦争中にコヴナントによる攻撃を受け、ガラス化されてしまい、UNSCは星系を放棄する。[4] しかし、小惑星帯の反乱軍基地は生き延びていた。SPARTANがこの星系に再び現れたのは2552年である。コヴナントの旗艦アセンダント・ジャスティスに乗って現れた。彼らはリーチの生き残りで、この基地で艦艇の修理を行うがコヴナントの追撃を受け、基地は攻撃を受けアセンダント・ジャスティスは脱出する。


知られている場所、星編集

登場または言及された作品編集

情報源編集

  1. 1.0 1.1 Halo. The Fall of Reach, pages 75-76
  2. Halo. The Fall of Reach, pages 17-18
  3. Halo. The Fall of Reach, Chapter 10
  4. 引用エラー: 無効な <ref> タグ。「FS」という名前の引用句に対するテキストがありません

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

Fandomでも見てみる

おまかせWiki