Fandom

Halopedia

エリック・S・ナイランド

2,396このwikiの
ページ数
新しいページをつくる
コメント0 シェアする
克訳
このアーティクルは 現実の世界(Real World) のことについて書かれているよ。 Misterchief.gif

出典: Halopedia英語版 Eric Nylund

EricNylund.jpg

A picture of Eric Nylund, courtesy of his blog.

Nylund-Bradbury.jpg

Nylund with fellow sci-fi writer Ray Bradbury.

エリック S. ナイランド(Eric S. Nylund)、1964年生まれ。1995年より、小説家、テクニカルライターとして活躍。伴侶はSF作家のサイン・ミッチェル(Syne Mitchell)。

エリック・ナイランドは Halo: The Fall of ReachHalo: First StrikeHalo: Ghosts of Onyx の3冊のヘイローの小説を書いているが、彼の本業は、Microsoft Gaming Studiosのライターである。キャラクターと設定資料を作り、バックストーリーを書き、マーケティングのための材料を準備して、ゲームマニュアルを書き、ゲームの脚本を執筆、声優のキャスティングと監督、MSローカリゼーション部や法務部とのコーディネイトなど、仕事は多肢に渡っている。

ナイランドは、カリフォルニアで青春期を過ごし、化学(Chemistry)で学士号、化学物理学(Chemical Physics)で修士号を取得。1990年代に、マイクロソフトのマルチメディア エンサイクロペディアの科学的な部分を書き直して編集するのを手伝うために、マイクロソフトに雇われた。以来、彼はヘイローシリーズ、クリムゾンスカイとギアーズオブウォーのゲームのために、小説を書いた。クリムゾンスカイは、仲間のHaloライターであるエリック S. トラウトマンと一緒に書かれた。ナイランドの個人的なヒーローのうちの1人は、SF作家 レイ・ブラッドベリで、2007年のサンディエゴ コミック・コンベンションでブラッドベリに出会うことができた。

ナイランドは、Bungie Weekly Update で、彼はヘイロー・シリーズの本をもう書かない主旨の発言をした。だが、彼は過去にグレイチームの物語について関心を表している。

References編集


External Links編集

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

Fandomでも見てみる

おまかせWiki