FANDOM


"祖先の名にかけて、子孫の名にかけて、コヴナントに忠誠を誓う!"
—アールタス 'ヴァダム


Reach E310 EliteOfficer.jpg
サンヘイリ
Biological information
Homeworld

サンヘリオス

Physical description
Height

262 センチメートル

Weight

スパルタンより大きい

Skin color

茶色,グレー,黒,赤

Distinctions

ヒューマノイド/爬虫類

Military and Political information
Ranks
Affiliation
Notable Individuals
Other Nomenclature
  • エリート

その他多数

  [Source]

コヴナントで最強とされる種族。コヴナント連合創設期からその中心的役割を果たしていた。 だが、コヴナント戦争終盤にHALOの一つが人類により破壊され、 さらに大祭司の1人、悔恨の預言者マスターチーフの襲撃を受け、グレイヴマインドに取り込まれてしまう。 その後、プロフェッツ族はエリート族に対する厳罰として、彼らから名誉衛兵の地位を剥奪し、代わりにブルート族にこの任を与えた。これを不服としたアールタス・ヴァダム率いるエリート族は、コヴナントから離反、宣戦布告する。 そして、コヴナントの目的「大いなる旅立ち」が銀河系の全生命体を滅ぼすことであると知った彼らは、同じ志を持っているとして今まで敵であったUNSCと結託し、コヴナントに反旗を翻したのだった。

故郷と人口 編集

故郷

個体数

  • 81億3500万

政府

  • 宗教

科学技術達成層

  • 第2層

歴史 編集

サンヘリオスとして知られているエリートの故郷は、フォアランナーとの接触があったようだ。 彼らはフォアランナーを神であると崇拝していた。

紀元前938年において、エリートは、サンシューム(後に「預言者」として人類によって知られる)(また、神としてフォアランナーを崇拝するが、科学技術が彼らの子孫のための贈り物として神によって残されたと信じてフォアランナー科学技術を彼ら自身のために利用した種族)と出会った。

結果、どのように遺物を扱うかについて、2つの種族の間で戦争が勃発した。 エリートは優れた艦艇と強力な軍を持っていたが、フォアランナーの艦艇を使った予言者のヒット&ラン戦法により多数の死傷者を出してしまった。

これにより、紀元前876年までには、最も信仰深い者たちまで、フォアランナーの技術による再構成によって自分達が生きていられることを認めざるを得なくなった。

この結果、コヴナントと呼ばれる同盟への参加とフォアランナー・ドレッドノートの退役という2つの条件が決定し、条約が交わされた。 預言者は、「大いなる旅立ち」の概念を説くことにより、エリート達を懐柔する。 銀河系にわたって分散している聖なるリングを探し出し、それらを使えば「大いなる旅立ち」は始まるのだと。

自分たちはフラッドと戦う運命づけられた存在であると共に、救済を提供される間に、この大いなる旅立ちは信者を神にすることができるのだと説いた。 エリート族はコヴナントを創設するために作られた条約に基づいて預言者の護衛となった。そして契約の性質の説明を受ける。

サンヘイリは外部からの交流がなくとも独自に宇宙航行技術を開発、運用できた数少ない知的生命体である。預言者…プロフェッツ族とは最初は大規模に対立していた。しかし、この対立から勃発した戦争後、コヴナント社会の基礎を築き、友好的な関係を保ち続けた。…2552年末までは。

コヴナント同盟ではサンヘイリは預言者と技術的、社会的にほぼ同等の存在とされていた。 そして、彼らは率先してコヴナントを支配するための巨大な軍事力を有し、それらを運用した。

彼らの故郷、サンヘリオスは、封建制度によって社会を築き上げていた。 この封建社会は、極めて安定していた。 技術、医学の高度に繁栄したサンヘイリは、知的で、攻撃的であり、無敵だった。預言者と出会うまでは…。

物資と創意の交換によって、サンへイリは順応し、結局、彼ら自身の信念システムにその主義を接いで、コヴナント宗教を信奉したのであった。


人類-コヴナント戦争編集

預言者が「人類」と呼ばれるこれまで知られていなかった種族に宣戦布告した時に、サンへイリはそれにならった。 預言者は、人類を「不浄な種族」であることを強く主張したが、多くの経験を積んだベテランのサンへイリは、預言者の人類に対する拒絶を疑問視し始めた。

一人のエリートによって言及された、次の言葉がそれを表しているだろう。「将軍であろうと一兵士であろうと、人類は名誉の為に我々の力に抗う。」

以下は人間がエリートの敬意を得たことを示す。 彼らは人類を「粘り強い」、「テクノロジーが未発達だが有益」、「戦術が印象的」であると見ている。 人類は彼ら自身に比べて弱いが、立派で勇敢に敵へ立ち向かう「優秀な戦略家」であると礼賛した。


ほとんどのエリートは、人類がコヴナントに加盟することを許されるべきだと信じていた。 人間が自分達と等しいと信じる者も多い。 戦闘から生き延びた少数の兵士達でさえ、絶滅に対して生き延びるために戦う勇姿に、エリートは、人類がどれほど自発的で、勇敢であったかを賞賛していた。


数人のエリートは大分裂の前には預言者を蔑視さえしていた。 彼らは人類をとても大いに賞賛していたので、進んで人間に「剣による死」または「清潔死」を与えた。(サンへイリ文化の中で最も大きな敬意と名誉の象徴)

HALO2の間に、真実の預言者と野蛮な指導者タルタロスによって起こされた政治的な権力闘争は、エリートと預言者の間に大きな亀裂を生み、やがてはコヴナントの分裂を引き起こす事となる。 元来、ブルートは野蛮であり、エリートからは危険とみなされていた。 預言者の儀杖兵がブルートに変えられた時に、この恐怖は現実のものとなる。

これはエリート儀杖兵が悔恨の預言者を護れず、死亡させたこと原因だった。 間もなくブルートは、フィールドマスター、シップマスターなどエリートが独占していた地位を剥奪したのである。

同時に、インストレーション05(デルタ・ヘイロー)の戦いの間に、アービターのゼル・ヴァダムとシップマスターのアールタス・ヴァダムは、 アルファ・ヘイローのモニター、343ギルティスパークからHALOが全宇宙の知的生命体を絶滅させる兵器であることを知る。

この驚愕するべき事実を知ったエリート族は、コヴナント分離主義者を形成して遂にコヴナントを離脱する。 分離勢力には数多くのグラントとハンターらが加わっていた。

人類と同盟を結んだ彼らは、ブルート族と預言者の打倒、そしてフラッドの根絶を決意。 サンヘイリが、それらの新たに現れた敵から離れて抗戦を始めた時、この内乱が全銀河規模にまで拡大していくのであった。

サンヘイリのコヴナント離脱によって、ブルートはエリートの地位を確実に強奪していった。 そして残存コヴナントとの熾烈な戦いの果てにエリートと人類は、真実の予言者を倒したのだった。 しかし、エリートと人類は、より大規模な脅威……フラッドとの戦いに身を投じる。


最終的に、再建されたインストレーション 04(II)を作動させたアービターとマスターチーフは、フラッドの猛威に終止符を打つ。 その後、地球上のサンヘイリは全て、故郷の安否を確かめる為にサンヘリオスへと帰還していった。

文化 編集

MinorElite4.jpg

Two Minors guard the Silent Cartographer's security control room on the level Silent Cartographer in Halo: Combat Evolved on Installation 04.

サンへイリは攻撃的で、戦闘の技能において他のほとんどの種族が劣っていると考えており、軍事技術・産業に依存した文化の発達が力の強調に繋がっている。コヴナント同盟の締結後、この傾向をますます深め、コヴナント内部での軍事行動の中心となっていった。ちなみに、預言者は科学技術を担当した。

彼らの軍事技術の高さは、UNSCの艦隊では対抗するのが困難なCCS級巡洋戦艦の開発、運用を行うほど相当なレベルであった。その数は数百、数千隻に及んでいる。 アークをめぐるコヴナント内戦において、圧倒的優勢にあったブルート艦隊を10隻の艦隊で全滅させるなど自らの優位を証明した。


知性編集

FearlessLeader26001200.PNG

A Covenant Sangheili Zealot from Halo 2 on Earth in the city of Old Mombasa.

"エリートは生まれつき非常に知性的です。それに加えて彼らの文化である、軍産複合構造への長い依存により彼らの科学は、自身の力を強調することにつながりました。コヴナントの到来はある面では、こういった軍事技術へのさらなる努力と集中が簡単に許される位置にエリートを押し上げました。プロフェッツがその科学技術の世話をしたのですが。"
343 ギルティスパーク(モニター)Bestiarumにて

エリートは極めて聡明で、戦闘時もそれは変わらない。

戦闘時、敵に素早く攻撃を行い、身をかわして常に動き、後退する時でも体勢を崩さない。

人類が運転しているワートホグなどの脅威に遭遇した時でも、彼らは引き殺されないように素早く動き回るであろうし、車が停止するならば彼らはそれに乗り込むか、それを破壊することを試みるだろう。

彼らは十分に賢明なので、戦闘などでシールドが消失した際、その再チャージが完了するまで、木枠や他の障害の後ろに下がって遮蔽物を利用する。 またすべてのエリートが遮蔽物を利用するわけではないことは注目されるべきだ。 ゼロットまたは評議員などの集団を保持するエリートなどがそれだ。

より効果的な戦果を上げられる場合、エリートは複雑な戦略も使用する。これにより、彼らはより多くの人的損害を敵へと与えることが可能だ。 一方、プラズマ魚雷などの長距離兵器の利点を有するにもかかわらず対艦戦闘において、相手のシップに乗り込むなど、エリートは戦闘において有視界白兵戦を行うことを好む。 こういったエリートは、自らが被るいかなる損害をも問わないため、彼らの敵に対して早まった侵略を課す傾向にある。

彼らはめったに、一時的にしても自らの敗北を認めない。 彼らは、カバーの中で後退すると見せかけて、敵をおびき出すことが出来る。

追撃してきた敵に対して、エリートはその遮蔽物から現れて、不注意な相手に致命的な攻撃をお見舞いするであろうし、隠れているエリートがアクティブ・カモフラージュなどを使いエナジーソードを持っているならば、極めて危険だ。 エリートは、優秀な策士であり、彼らの獰猛さについては決定的に有名である。

すべての戦士が徒手格闘戦における熟練した戦闘を行い、パワーアーマーはスパルタンⅡに匹敵する強靭さを持つ。 彼らの成功はしばしば敵の頭皮で測られるため、格闘戦の技量はコヴナント軍で軍人が軍の階級を昇っていく中での宣伝のメリットもある。例えば、ゼロットはそこに辿り着くまでに個人的に何千人もの個体を虐殺している。[1]

戦士になるように幼年期から育て上げられるため、戦士以外の社会的な役割は二次的な努力かただの趣味としてさえ扱わる。 最も謙虚なサンヘイリ市民でさえほとんどの兵器や取っ組み合いの喧嘩に熟練している。この軍の一つの面白い焦点は、ソードを振るう事が出来るのは貴族だけだが、結婚すればその剣術使いはもう適任でない、となる点である。しかしながら、「剣術使い」の遺伝子の伝授を確実に成功させるために、自分が選ぶ女性と、別の方法で結婚して繁殖する事もある。

様々な意味で、エリートは人類に似ている。 他のエリートが殺されれば、彼らは情報を交信して、彼らの上司と仲間に忠誠を誓い、彼らの軍で保護的になって、怒り執念深くなる。古代の、彼らの厳しい名誉価値基準に誇りを持っており、ほとんど恐れることはない。プラズマグレネードが体に張り付けられるかような瀕死の重傷を負えば、痛みと激怒により動揺するかもしれないが、そのような時でも彼らは決定的な土壇場の攻撃に備えて力を蓄えてさえいる。サンヘイリの名誉は、彼らの戦いにおける第一のものであり、自分たちが生きた状態で捕虜にされるのを決して許容しない。敵中において名誉な扱いで捕らわれているサンヘイリは、自身の名誉を保持するため、通常獄中の間に自殺してしまう。 しかし、そうした事はとにかく実行されるというわけではない。ゼル・ヴァダムの先祖のひとりのケースのように。

名誉と賞賛編集

エリートは相手の種族などに関係なく立派な戦士に対しては敬意を賞賛を示す、それがたとえ敵であっても珍しいことではない。エリートは、熟達者を尊敬、崇敬し、しばしば彼らの指図に従う。彼らの歴史は勝者の歴史であり、自身の力に依って名誉に戦い、彼らに破られた敵が、そのまま力で残るのを歓迎する。グラントの革命の際、闘争を乗り切った最もしぶといグラントは、前もって全てのサンヘイリ軍に認められて、プロフェットへの不満を多く言った。 [2]

迷信編集

彼らの軍の本質にもかかわらず、サンヘイリは自分自身の血液のこぼれに約定を持っている。 これはある戦士の血液が彼の本質(名誉)であるという信念の拡大である。 したがって、人の血液をこぼすのは、人の名誉を失うこととされている。 その結果、「(彼らに)名誉なしで出血するように別のサンヘイリを切って、生きさせる」[3]という事で、サンヘイリ文化圏の医者は社会で最も下に見られている。 これは、エリートが外で負傷するか、または血液を抜かれる唯一の「立派な」方法が敵と共に戦闘した結果であるということを意味している。 また、この信念から、医師を訪問するのはいくらかのサンヘイリにとっては非常に恥ずかしい事とされている。

それは血を流すのに兵器が使用される場合にだけ兵器を引き抜くというサンヘイリの中の信念で、引き抜いた兵器が「血液を要求する」のだ。 [4].

政府編集

サンへイリ政府は、封建制度の実力社会であり、複数の区域を支配しているいくつかの異なる一族の年長者のによって民主的に統治されているようだ。

これらの地域の支配者(カイドン)は、その区域に住む協議会の長老のグループによって選ばれる。

協議会の長老が、彼の能力が「未熟」か、「好ましくない」と思ったならば、彼の能力を試すために、カイドンに対して暗殺者を送るなどのある種の攻撃を行うのは伝統、しきたりと考えられている。 それは自分の身を守れないようなカイドンは真の支配者たるにふさわしくないからである。

暗殺が万一失敗するならば、実行した長老は直ちに処刑されて、彼の血筋の者は殺されるのが常である。 しかし、この処罰は一般に柔軟で処罰は実際にはカイドンがその場で決めるからである

その一例として、長老自身がカイドンを直接攻撃するなどの勇気のあることや名誉なことをしたならば、長老の血筋の者は本来殺されてしまうところをその区域から追放される程度で済むことがある。

家族 編集

家族の歴史と系譜は、それぞれの家族が固有に持つ、彼らが戦時中に取った行動・行為を詳細に綴った「戦詩」とともに大いに評価される。これらの「叙事詩」はハンター達の間で戦詩が朗読される事により影響力を持っていると思われ、彼らがサンヘイリを深く尊敬する理由となっている。ほとんどのサンヘイリの男性が戦士及び兵士として勤務しており、わずかな女性サンヘイリが軍事に従事していると見られるという事が学説となっている。性的二形がサンヘイリに存在するのか、男女の役割に有意な差が存在するのかどうかはよく分かっていない。 Halo 3 プレイヤーは女性サンヘイリのキャラクターを選ぶ事ができるが、モデルは男女で全く同じものであり、このオプションの唯一の違いはボイスのサウンドエフェクトのみであった。しかしながら、これはマルチプレイヤーでありプロットには一切関係無いものとして見なければならない。

戦士達は非常に緊密な連帯で結ばれており、彼らの仲間の事を「兄弟」と呼んだり、彼らに対する強い忠誠心を覚えている。この忠誠心は仲間の死後にある慣習で見られており、死んだ戦士に対する祈りを捧げる事も儀式に含まれている。

子供編集

いくつかの一族の中で、サンへイリ子供は、すべてが対等の立場の上で始まり、彼らの能力の長所によって高位に発達すると保証するために「控え室」において育てらる、いくつかのサンへイリ一族の構成員はほとんどは、彼らの真の父親を知らず、代わりに通常母方の叔父によって育てられる。

これは、父の地位が、出世する上で不利に働き、子供にもたらす影響力ために受け継がれることを防止する方法であるかもしれない。

しかし、何人かの子供の父が、彼らが望む任意の数の女性のサンへイリと繁殖する権利を与えられた剣士であった時に、父のような人物としての母方の叔父の用いるは、また、子供が等しく育てられることを可能にするために使われたかもしれない。 サンへイリは、血統を無視する交尾が教養がないと考えている。

サンへイリ子供のためのポピュラーな娯楽は、彼らのホームワールド.[23]に住んでいる小さなネズミのような生き物を相手にハンティングをする事だ。

Naming編集

Elites have great value in their names, and are considered a privilege and an honor for only those proved worthy. The Elites generally consider Humans to be nameless (one notable exception being the Master Chief who they exclusively refer to as "The Demon"), and resent that the Humans have assigned the label "Elite" to them (although they have been given many other names far more derogatory, for instance: squid head, split lip, split face, etc.). The word "Elite" is often transposed as an English translation of their own name in-game footage and other media.

The surname of each individual comes from their lineage. Rtas' Vadum, for example, would be from the Vadum lineage. The lineage's own states on Sanghelios, and each Sangheili from that area adopts the name of the lineage.

Elite names are constructed from a series of parts, each of them with a specific or special meaning. The first name is a given name that is attained at birth, which persists until adulthood. As they come of age, they earned the right to carry a badge name. This name is made up of three parts: an adjectival descriptor, such as "fast" or "deadly," a crèche or family name, and the "-ee" suffix, an honorific indicating that the Elite is a military participant. Since the Great Schism all Elites in the rebellious faction have removed their name of the '-ee' suffix. Most Elites will have names with this kind of construction.[5] It appears that additional titles may be given to those of very high rank, such as Xytan 'Jar Wattinree. Since "Jar" is not a part of the standard Elite name, it may be assumed that it denotes Xytan's status as Imperial Admiral, although this has yet to be confirmed. There is no other reference, however, of other names with this sort of addition, other than the character in The Ghosts of Onyx, Voro 'Mantakree who was given the additional title Nar to denote his status as a Fleet Master.

There are a few exceptions of some Elites who haven't had the "-ee" suffix like Kusovai, Zhar and Veer. The explanation is that different suffixes are awarded for different skills and positions.[6]

Homeworld編集

Main Article: Sanghelios

サンヘリオスは81億3500万の人口を持つ、サンヘイリの故郷である。 Sanghelios is the fourth planet in a Triple Star System of stars Urs, Fied, and Joori. The planet has two Moons called Qikost and Suban. Many Forerunner artifacts exist on the planet, which are (or at least were) the topic of worship, as well as the cause of historical wars between the Sangheili and the San 'Shyuum before the formation of the Covenant.[7] Sanghelios is divided into provinces, which in turn into states. Each state is owned by a lineage, and everyone born in that state adopts the lineage's name as a surname, whether they have the suffix 'ee' on the end or not. Each state is controlled by a Kaidon, and is advised by Elders.

階級編集

サンヘイリ族は、多くの軍事力を保有している。その中で彼らは多数の階級に分かれて存在している。最下級の小隊長から最上級のゼロットまで実に様々だ。

彼らの階級は、主にどれだけ多くの敵を倒したか、自らのスキルなどによって決まる。ゼロット・クラスともなれば数千の敵を倒した可能性が高い。

階級 イメージ 説明
評議会
評議員 Sangheili Councilor 01.png サンヘイリと預言者の一部は、最上位階級となる。サンヘイリの評議員らは、敵に倒されないほどの強力なエネルギーシールドを持つ。彼らはグレートジャニーレベルでのみ味方として、作品に登場した。評議員は大きな頭の飾りを着用する。主な武装はプラズマライフルとエナジーソードだ。ごく一部のサンヘイリ評議員は生き残ったが、大半の者たちは内戦中デルタヘイローでブルート族の襲撃を受けて殺害されている。尚、評議員で唯一名前を知られているのが: Soha 'Rolameeである。
最高司令階級
帝国提督 Halo:オニキスの亡霊で明らかとなったが、帝国の提督コヴナントの全艦隊の指揮を執ることができた。サンヘイリ族ではXytan 'Jar Wattinreeがこの階級にあった。彼らは銀色のアーマーとフォアランナーの技術によって守られている。
最高司令官 Supremecommander.jpg 最高司令官は強力な艦隊の指揮を執ることができる。Halo Graphic Novelでは、紫色の鎧を着用し、その上に長いマントを羽織っている。 この階級で知られている人物の一人が ゼル・ヴァダムだ。彼は特殊部隊指揮官アールタス・ヴァダム, と親しかった。ゼル・ヴァダムはアービターとしてHalo 2Halo 3で活躍した。
元帥 Sangheili FieldM 01.png 元帥ランクはゼロットクラスに入るけれども、通常のゼロットより位が高いようである。

主な任務は主要な大規模地上軍事作戦、また、元帥はゼロット将校から成った小規模な攻撃チームを指揮する事が知られている。

高位の元師は、おそらく、コヴナントに反乱が発生した場合など、元帥の統制するにはあまりに強力な権限を恐れた、宗教的なリーダーであり続けたかった予言者の勢力均衡のため、リーチの陥落の後に解任された。

元帥は、リーチの戦いで登場した。

識別: 栗色/紫のアーマー .

ゼロット

- 艦隊司令官
- 艦長
- 地上軍司令官
HReach - Sangheili Zealot.png 彼らはコヴナント軍事部門で重要な役割にある。1隻の艦艇の指揮、地上軍の指揮、または1個艦隊の指揮を主に担当している。また、この階級の一部のサンヘイリはゼロットとして活動していた。彼らはM6C拳銃の射撃、スナイパーライフル2発の直撃まで耐えることができるほどの体力を持っている。
将軍 HReach - Sangheili General.png This rank seems to be the Sangheili equivalent of the Jiralhanae War Chieftains and have only been observed during the Battle of Reach. They were more common than the Zealot ranks, but had similar roles. They do not appear to be a Zealot rank themselves, as indicated by a cutscene from Halo: Reach. They are more reckless than Zealots and use heavy weapons such as fuel rod guns more than the Zealots' preferred weapon, the energy sword. They have a heavy amount of shields but a medium amount of health. Identification: Golden/Orange armor.
護衛兵
ウルトラ名誉護衛兵 Honor guard Ultra0111.jpg サンヘリオス周囲の惑星に展開する、精鋭部隊である。彼らはエネルギーシールドで防護されている、白い鎧を着用する。尚、評議員らと姿が似ているが混同するべきではない。
名誉護衛兵 Sangheili HG 01.png サンヘイリ名誉護衛兵は、高等評議会の議員らと預言者の護衛を担当する。後にブルートによって、サンヘイリ達はこの役職から引きずりおろされてしまう。
特殊部隊
特殊部隊司令官 Rtas 'Vadum.jpg 特殊作戦部隊司令官は、特殊部隊を率いる立場にある。彼らは、艦長などを兼務する場合がある。Halo 2Halo 3では、この階級に属するアールタス・ヴァダム, が登場している。彼はHalo 3にてシャドウ・オブ・インテンドの艦長を務めた。
サンヘイリ特殊部隊員 Sangheili SpecOps 01.jpg 特殊作戦部隊所属のサンヘイリは、コヴナントが行う作戦の中で特に困難な任務を割り当てられる場合が多い、精鋭部隊だ。一般部隊のサンヘイリとは違い、火力が非常に高いこと、優れた射撃技術を有し、さらに手榴弾の投擲命中率もかなりのものだ。更に防御も非常に堅く、容易には倒されない。彼らは、アクティブ・カモフラージュを使用することも確認されている。
特化部隊
ステルス・エリート StealthMajorElite01.jpg ステルス兵士は、アクティブ・カモフラージュを主に使用して奇襲攻撃を仕掛けるのが得意な特殊部隊の一員だ。気付かれずに、確実の目標を仕留める為にプラズマライフルから時にはエナジーソードを装備することもあった。彼らはHalo:コンバット・エボルヴで登場した。
エリート・レンジャー Reach EliteRanger.jpg レンジャーは主に宇宙空間での任務を主とした特殊部隊員だ。アーマー・カラーは下級兵士と比べて明るい青色だ。彼らは、ドローンなどと共同して戦闘を行う場合があった。
一般歩兵隊
ウルトラ HReach - Ultra Sangheili.png この階級に属するサンヘイリは、大抵が大佐または大尉クラスの士官である場合が多い。彼らは一般兵士と比べて、シールドが厚い。
上級兵士 Sangheili Major 01.png 戦闘のベテランである彼らは、UNSC軍のSPARTAN-IIと同等の戦闘力を有している。また、彼らの階級は UNSCでいう中尉クラスである。たった一人だけでUNSCの海兵隊チームと互角に戦うことができる。また、グラントなどの兵士達を率いている姿も度々目撃されている。
下級兵士 Sangheili Minor 01.png 一般的に、コヴナント軍に属するほとんどのサンヘイリはUNSC軍の兵士相手やスパルタン相手でも優位に戦えるが、この階級に属するサンヘイリは戦闘能力が低く、殆どのサンヘイリ相手に戦うことが難しいうえ、海兵隊員2~3名程度しか相手にすることができない程度の強さでしかない。

しかし、サンヘイリ達は戦闘時にグラント・チームなどを率いてくるので脅威ではある。

その他の階級編集

アービター

特殊な階級の一つであるアービターは、コヴナントの歴史で幾つか重要な役割を担ってきた。グラントの謀反ハンターの順化等の成功の陰には彼らの勇敢な戦闘行動と犠牲が多々あった。アービター・クラスの者たちの中には元高官でありながら重罪に処されたサンヘイリが含まれており、ゼル・ヴァダムはまさしくそれにあたる。彼は最後のアービターとして反乱分子の鎮圧などの作戦を遂行した。

カイドン

カイドンサンヘリオスの高官らの事を指す。彼らは評議会を結成している構成員だという。軍に属しているわけではないようだが、軍隊には役に立つのであろう。[8]

Oracle Master

Oracle Masters are apparently advisers to the High Council and to the High Prophets, specializing in intelligence gathering and religious advise to high ranking Prophets and the Sangheilian Councilors. They seem to be few in number, as only one has ever been mentioned. Their name can be considered linked to the Monitor's of Installations, known to the Covenant as Oracles, perhaps metaphorically suggesting their level of intellect on par with that of an Oracle. Little beyond this limited information and speculation is known of the rank.

貴族

貴族はサンヘイリの社会に於いて重要な役割を占めており、 エナジーソードを扱う事を許されている。彼らは結婚することが出来ないとされているが、実際には「刀の戦いの遺伝子と高貴を伝える」為として、あらゆる既婚・未婚女性との婚姻が許容されていた。 [9]

Light of Sanghelios

The Lights of Sanghelios, or Helios, for short,[10] wear silver armor and used Energy Staves as weapons. Their only known appearance to date was in Halo: Contact Harvest, where Truth specifically chose them to protect him during his tenure as Minister of Fortitude. It is unknown whether these represent all Honor Guards, or whether they are just one sub-group of a larger organization.

Ossoona

Ossoona is a special rank of Elites that are meant to be spies and are not suited for combat, instead meant for information gathering. It is a temporary rank only granted to those who have attained at least the rank of Major Domo. The reason being that a Minor's lack of experience could cause them to be very easily compromised (i.e. detected) or that they may outright abandon the mission in pursuit of personal glory. It is not given to Elites of higher rank because they are considered too valuable and would rather engage in combat. During the mission, the Ossoona's armor is equipped with Active Camouflage and recording equipment. One example of a Ossoona was an Elite named Isna 'Nosolee from the book Halo: The Flood. In Halo: CE, Ossoonas don’t have any shields. It is possible that the Elite seen in Another Day at the Beach is an Ossoona as he has an Energy Sword, and Active Camouflage.

Ascetics

The Ascetic Elites are a special group of Elites made to ensure stability and purity. The Ascetic armor has been made to inflict a psychological fear by the use of special elements in the armor, such as the two "tusks" protruding from the Helmet and bright, glowing orange eyes. They do not appear in the games apart from an armor permutation in Halo 3.

Commando

Commando is a rank of Elite that was first observed during the first Halo confrontation. It is a branch of the Special Warfare Group based upon pre-contact ground forces. Commando elites possess hardened communication gear and up-link capable equipment that an ordinary elite wouldn't have access to. Their armor is streamlined for better maneuverability in close encounters. The armor is lightweight and advanced internal equipment increase the overall effectiveness of an individual Elite making them more deadly. Armor colors are the midnight black.

Prison guards

Prison guards are only seen in Halo Wars: Genesis and appear to serve as the security in a Sangheili prison. One is seen to be knocked out by Ripa 'Moramee.

Special Operations Officer

Spec. Ops leaders of certain squads are the second highest Spec. Ops rank, and wear pitch black armor.

Weapons Master

ウェポンマスターはサンヘイリの技術者である。 コヴナントで使用される装備の維持・改良の任に就いている。

異端者の階級構造編集

HereticLeaderPlasmaRifle08.jpg

Sesa 'Refumee

HereticEliteCarbine03.jpg

Heretic Elite Major

Heretic Leader - Heretic Red/Thruster Pack: Sesa 'Refumee, the leader of the Heretics. The armor he wears is modified from standard combat harnesses, featuring body pieces with modified shapes and designs in shades of red, lack of helmet, and is upgraded with an Elite Ranger's thruster pack. This gave him a unique advantage in combat, but it was not enough for him to defeat the Arbiter, who slew him in the Battle of the Gas Mine. Prior to his death, he had come into contact with 343 Guilty Spark, who told him the true purpose of the Halo Rings. The Hierarchs sent the Arbiter to quell this heresy, and with Sesa 'Refumee's death, he did. 'Refumee is the only Heretic to dual-wield Plasma Rifles.

Heretic Elite Major - Heretic Gold: Work as commanders of the Heretic Grunts and Heretic Elite Minors. They wear gold-colored Heretic armor, and are equipped with Covenant Carbines and Sentinel Beams. A select few wield Energy Swords. While not so skilled in the Energy Swords use as Elite Honor Guards, Councilors, Zealots or even Ultras, they are quite dangerous due to their crafty flanking maneuvering and teamwork with other Heretics.

Heretic Elite Minor - Heretic Brown: Group commanders of the Heretic Grunts. They wear brown Heretic armor, and wield Covenant Carbines, and occasionally, Sentinel Beams. They are excellent shots, far superior to normal Elite Minors. They are also skilled Bansheepilots, and fly in pairs, supplementing their effectiveness. テンプレート:Elite Ranks

Trivia編集

テンプレート:Quotes Link

  • The dialogue spoken by the Elites of Halo: Combat Evolved was made by reversing and slowing sound clips of Sergeant Johnson. "Wort! Wort! Wort!" is the reversed phrase, "Go! Go! Go!". With the IWHBYD Skull turned on in Halo 3, they will occasionally say their trademark, "Wort! Wort! Wort!"
  • Jason Jones at first wanted the Elites to have tails, but Shi Kai Wang talked him out of it by arguing that the Elites would look too animalistic, as opposed to being an intelligent race. An additional point was that when the Elites sit, the only place their tails could go was folded between their legs, creating a seriously awkward appearance.[11]
  • サンヘイリの文化は、人類で言うならば古代のスパルタ人のそれとよく似ている。階級は成功を収めることで手に入り、彼らの人生に於いては戦争や戦いは切っても切り離せない重要なものだ。
  • In the original concept for Halo 3, Elites were going to have the ability to dual wield Energy Swords. This feature was dropped from the final game.[verification needed]
  • The Elites' overall composition and anatomy is probably inspired by the Predator and Aliens movies. They share the Aliens' head profile and a similar hand structure as well as the Predator's mandible framework and warrior society.
  • In Halo: The Fall of Reach, an Elite is said to have green blood when it is clearly purple. [12]
  • They are, fittingly, the very first Covenant species the player encounters in the Halo games; when you make your way to the bridge of the Pillar of Autumn in Halo: Combat Evolved; the Trial of the Supreme Commander, in Halo 2; and in the opening cut scene of Halo 3. Both of the latter are filled by the Arbiter.
  • Halo 3: The Ultimate Guide紙面に於いて、Elite Rangerは謝ってJump Pack Jackalと呼ばれていた。
Elites.jpg

The difference in helmet details can clearly be seen between the two Minors and their commanding Zealot in this scene from Two Betrayals.

  • There has been a running inconsistency in the franchise regarding when humans first encountered the Elites. According to Halo: The Fall of Reach, Elites had not been deployed to combat against the UNSC prior to the Battle of Reach when John-117 encountered one above Reach. However, this has been abandoned in newer sources, most of which depict Elites being active in the field for most of the Human-Covenant War. Finally, the project page for Halo: Reach confirms that Elites have been observed in the field since the First Battle of Harvest in 2525.[13]
  • Shaking one's head in a snaking motion suggests that something "is okay." [14]
  • In Halo: Contact Harvest, the San 'Shyuum ordained the Sangheili to eradicate the Lekgolo race for "unauthorized contact" with Forerunner objects. At last, an Arbiter decided that they should "tame" the Lekgolo and forgive their sins.
  • In Halo: Combat Evolved, the Elites have two different types of helmet appearances. One is the classical shark-like helmet with the pointed cone at the peak of the helmet. The second is slightly different with a wide, crest-like curved upper piece on the helmet instead of the classical conical helmet.
  • Certain ranks of Elites, such as Ultra Elites, when wielding any weapon apart from an Energy Sword, will drop the weapon they are holding, let out a battle-cry and pull out their own Energy Sword and charge at the player if the player has lowered the Elite's shield or got too close.
  • Halo 3: ODSTにおいて、何体かのサンヘイリの遺体が路上に横たわっているのを見ることができる。この内の何体かは赤いアサルトアーマーを着用したエリートで、その他のものはショルダーアーマーの無いコンバットアーマーを着用している。

Voice Talents編集

Gallery編集

Sources編集

Related Pages編集

テンプレート:Covenant

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

FANDOMでも見てみる

おまかせWiki