FANDOM


Bloodline Sangheilios.png
サンヘリオス
天体の概要
名称

サンヘリオス

位置

Urs (primary), Fied, Joori, IV

重力

1.375 G

大気

.9atm (N2, O2, Ar)

地表温度

-5C~96C.

個体数

81億3500万人

種族

エリート

社会構造

貴族的/好戦的/父権的

政府

宗教政府

テクノロジーレベル

第2層

大気

重大

  [Source]

サンヘリオスはエリート族(サンヘイリ)の故郷である惑星。惑星としては非常に珍しく、地表という地表に文明が構築されている。 まさに惑星規模のメトロポリスである。

エリート族(サンヘイリ)はサンシューム族と合流する日までずっとこの惑星にいた。

歴史編集

2553年3月3日、HALO 3の結末においてゼル・ヴァダムアールタス・ヴァダム、そしてシャドウ オブ インテントの乗組員達は、サンヘリオスが無事かどうかを確かめる為に地球から去った。アービターゼル・ヴァダムはアールタス・ヴァダムに対し、自信深げに"きっと無事である"と語った。

しかし、サンヘイリの一部はゼル・ヴァダムを支持しなかった。彼らは直ちに反乱によってサンヘリオス内で内乱を引き起こした。やがて、この争いはサンヘリオスの剣(戦後アービターを中心に結成した勢力)とコヴナント残党軍との戦闘に移行する。コヴナント戦争終戦後から暫くの間、サンヘリオスはコヴナント残党とサンヘリオスの剣との間で激しい戦闘、対立の場となってしまう。

2558年、ジュールムダマの残党軍はアービターを狙った強襲作戦を実行。彼らは窮地に陥るもスパルタン・ロックらの救援を得て危機を脱する。後にサンヘリオス海上のコヴナント施設スナイオンにおいてソード・オブ・サンヘリオス(アービター陣営)とコヴナント残党軍が最終的な戦闘を行う。

政府 編集

惑星上の人口密集地においては複数の政府が設置されており、その一つにヴァダム州がある。[1]

文化 編集

複数のフォアランナーアーティファクトが惑星で発掘されている。これらは崇拝の対象とされていただけでなく、サンヘイリ内における戦争の直接的原因ともなった。これはサン・シュームとの合流によるコヴナント発足前の事であった。[2]

防衛 編集

故郷に住む80億と言われるサンヘイリを守る為、この惑星の防衛軍は強大であった。

地形 編集

サンヘリオスの重力は1.375Gで、平均的な気候は-5Cから56C (23F から 132.8F)である。 サンヘリオスには約81億3200万人のエリート族が住んでいる。 Bestiarumによれば、サンヘリオスは地球によく似た惑星であるが、地球の様に大きな大陸は存在しない。その大気は地球と同様に酸素、窒素、二酸化炭素等で構成されているが地表は赤く見える。これは非常に多くの鉄が含まれている事や核から生成されたばかりの岩が多いことが原因であると考えられる。

サンヘリオスの州編集

  • Ahrmonro
  • Crolun
  • Chavam
  • Fulsam
  • Ikaporam
  • Inanrar
  • Jeqkogo
  • Kasam
  • Konar
  • Losona
  • Mantakr
  • Moram
  • Mortum
  • Nbek
  • Nosol
  • Ontom
  • Pewtruno
  • Putum
  • Qualom
  • Refum
  • Rolam
  • Sraom
  • Sumai
  • Taham
  • Umam
  • Vadam
  • Vadum
  • Wamik
  • Wattinr
  • Zamam
  • Zule


知られている場所編集

知られている居住者編集

情報源編集

  1. Halo: The Cole Protocol
  2. Halo 3 Bestiarum

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

FANDOMでも見てみる

おまかせWiki