FANDOM



For other uses, see Drone (Disambiguation).
Palamok
Yanme'e (Turpis rex)
Biological information
Homeworld

Palamok

Physical description
Height

5'10" (177.8 cm) [1]

Weight

テンプレート:Convert/lb [1]

Skin color

Green-yellow

Distinctions

Insectoid creatures with Beetle-like wings, allowing the ability of flight. Small fourth and third leg at the sides of its small abdomen.Strong enough to carry away a fully grown human male off the ground, enough so for injury or death.

Military and Political information
Ranks
Affiliation

Covenant, later Covenant Loyalist

Notable Individuals
Other Nomenclature
  • ドローン
  • ローチ
  • バグ/バガー
  [Source]
"ドローンは勇敢という訳では無い。彼らはただ、恐怖を感じる事が無い。"
—Bungie.net's ドローンに関する記述より。


ドローン族(ヤンミー)とは、昆虫のような外見をもつコヴナントである。 主な使用武器はプラズマガンニードラーといった軽量なものが中心。 母星の重力が2Gであった影響もあり、1Gである地球環境では敏捷性と飛行能力が向上しており、各種作中では俊敏な動きでプレイヤーを翻弄する。


彼らもグラントと同じくコブナントに征服された側だが、グラントと違い徹底抗戦の末、双方に大損害を被った後に和解という形で1112年にコブナントへ加盟している。基本的にコブナント社会に興味がなく、戦闘時以外は単一で群れて活動し、他種族と強調する事は殆ど無い。

手先が器用なので基本的にコブナント軍の工兵、整備兵なども担当している。

概要編集

ドローンはキチン質の外骨格を持つ大きな虫型生物で、そのサイズは人間ほどの大きさを有する。外郭は極めて強固であり、一般的なUNSCの銃弾ではあまり大きな致命傷を負わせる事は期待できない。ただし頭部への衝撃はその限りではなく、動きこそ素早いものの、他のコブナント同様に一撃で殺傷する事も可能である。また外郭が強固であるとはいえ、他のコブナントに比べればその耐久性は低い部類にはいる。

飛行能力を補助するために、外骨格の中には反重力装置が組み込まれているとされている。また、他のコヴナント種のようにドローンにも階級制度がみてとられ、いくつかのカラーバリエーションが確認されている。ただしどの色がどの階級に属しているのか、詳しい事は分かっていない。少なくとも上位種はエリートが使うようなプラズマシールドを着用している事が確認されている。

ドローンは勤務を除いて他の種と意思の疎通を行う事は殆ど無い。戦闘は単種族による数に物を言わせた一斉奇襲が基本戦術であり、他のコブナントと一緒になって戦闘に参加する事も稀である。地位としてはエリート、ブールトよりも低くいか同格で、ジャッカルやグラントよりも高位である可能性は高い。だが、未だに謎の多い種族で、作中での言及なども少ない事から具体的な地位は不明である。

同じくコブナントであるエンジニアほどではないが、修理・製造に関する技術力も高いとされており、コブナント戦艦では修理要員として搭乗する事も珍しくないという。

コヴナント内戦が始まった際には正統派の側につき、その航空能力を買われてエリートレンジャー(ジェットパック)と同様の地位を取得した。

ちなみにドローンは真社会性種である。すなわち一匹の女王と多数のオス、そして働く者というハチに似た性質の社会構造を持った生物だという事を意味する。

戦闘 編集

ドローンがHALOシリーズで始めて登場したのはHALO2が始めてで、時系列的にはReach陥落ごろにも参戦していた。これはHALOシリーズにおける物語の末期での参戦である。

コブナント戦争の前半を描いたHALO WARS(ハーベストでの戦い)ではドローンは参戦しておらず、戦闘用ユニットとしても登場していない。理由は不明だが、少なくともドローンはかなりの長期に渡ってコブナントに参加していたはずなので、この戦闘への未参加は何らかの理由があったとも憶測できる。

戦闘スタイルとしては、その見た目どうりに敵対者の上空を飛びまわりながら銃器で攻撃するパターンが基本である。ダメージを受けるなどすると地上移動に切り替える事もある。生命力は高く、動きも素早いが、前述の通り頭部への攻撃は極めて有効である。

性質 編集

ドローンは意外な事にコヴナントの宗教上の教義に忠実であり、何の疑問も抱かずに盲信しているが、コヴナントの社会規範に関しては特に関心を示していない。故に戦闘ではエリート等の上位カーストの種族に迎合・指示を受ける事も無く、同時に下位カーストの種族に指示を送るなどの行為も行わない。あくまで単一種族による戦いを好む傾向が強い。

予言者を「クイーン」(彼らの前の巣箱ライフスタイルの残余)とみなしている。一方で本当の意味でのクイーンであるドローンの女王は「巨大」と評されていて、複数の翼がないドローン男性が取り巻いているとされている。

ドローンの言語は羽音による意思の疎通の他、なんらかの気管から泣き声を発する事も可能だが、他の種族と違って極めて動物的であり、人間にとっては明確な言語であると認識する事は難しい。

手先が起用であり、コブナント内では修理等を基本業としていたが、ある時、彼らよりもさらに生産性や技術レベルの高いエンジニアが重宝された時、そのエンジニアを虐殺して自分たちの地位を守ろうとしたという話があったと言う。技術水準は比較的高いレベルを持っているとされている。


引用エラー: <ref> タグがありますが、<references/> タグが見つかりません

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

FANDOMでも見てみる

おまかせWiki