FANDOM


ArabiaVostok

UNSCフリゲート アラビアボストークに2発のパルス・レーザーが命中し瞬時に轟沈

パルスレーザーターレットコヴナント艦に搭載される宇宙戦闘用兵器である。パルス・レーザーは、コヴナント艦ミノラー・トランスグレーションセラフ宇宙戦闘機に搭載されている。この兵器は対艦戦闘用ではあるが、対空兵器としても有効である。電子戦闘艦にもこの兵器が搭載されており、コヴナントのものとは全く違う、独自もので、コヴナント技術のリバースエンジニアリングではなく、UNSC技術陣が独自に開発していた。人類は1960年代には既に研究を開始しており、2000年代初頭には既に初期段階に達していたとされる。

物理編集

Main Article: Light Amplification by Stimulated Emission of Radiation

この兵器を使用する前には充電する必要がある。充電が完了すると、シアン/紫色のエネルギービームを射出する。ビームは艦船のシールドで処理される。

損害編集

パルス・レーザーはキロワットの範囲で定格作動されている。[1]

当兵器によってフリゲートの1隻であるコモンウェルス'は、たった一回の射撃でセクション3~4にある装甲を融解された。ハルシオン級巡洋艦等の大型艦は4~5発の攻撃には耐えられる。コヴナント側の超大型空母は20発以上耐えることができる。

情報源編集

  1. Halo: Contact Harvest, Page 27

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

FANDOMでも見てみる

おまかせWiki