FANDOM


Forerunner23.png
フォアランナー
Biographical information
Homeworld

様々な惑星

Date of birth

不明

Date of death

10万年前に絶滅

Physical description
Gender

人類とほぼ同等と推測される

Weapons

フォアランナー製武器・防具

Equipment

様々な物資等

Vehicles

約10億隻以上の艦船等

Hair color

非常に様々

Eye color

非常に様々

Chronological and political information
Affiliation

エキュメン帝国

  [Source]
"フォアランナーは、聡明で、高い知性を持ち、高貴な存在だった人々。正義の勝利を信じ、苦しい戦いにも勇敢に立ち向かった・・・"
コルタナ


"万策尽きた後、私の創造者達は、リングを作動させました。その結果、彼らおよび銀河系の半径3倍以内の全知的生命体は消滅しました...計画通りです。

― フォアランナーの運命を説明している"

343ギルティスパーク


フォアランナー(Forerunner)は全銀河系規模にわたって分布し繁栄していた種族であった。 10万年前に銀河系規模の大戦争が勃発し、あっという間に絶滅してしまった。

彼らの技術レベルは絶滅直前には"第一階層"にまで達しており、非常に高度な文化、技術を有していた。

今や彼らの遺産は、各惑星に残された遺跡と各ヘイロー、アーク等の環状惑星群、それらを管理するモニターたちやセンチネル位である。

コヴナントはフォアランナーを神として崇めており、彼らの遺跡から知識を得て人類を上回る技術力を得たのである。

歴史編集

初期の歴史 編集

初期のフォアランナーはGhibalbという惑星において誕生した。惑星自体は非常に荒涼とした住みにくい惑星であったとされる。

フォアランナーはこの惑星から出る為か様々な技術を生み出し、銀河系へと進出を始めた。しかしこれに反発したプリカーサーとの全面戦争を引き起こした。フォアランナーはこれに勝利しプリカーサーを排除した。

プリカーサーたちが自分たちよりも優れた文明を生み出していたと思っていたようだ。しかし、フォアランナーもそれに負けぬ勢いで勢力を広げ、彼らの帝国は300万の世界に広がりを見せた。

フォアランナーたちは西暦2552年よりも10万年前にその絶頂期にあった。

彼らは技術レベル1(これはフォアランナー達が自らの技術成果層の測定の為に生み出したといわれる)に達していた。

フォアランナーは銀河系の全てを支配化においていたか、又はその殆どを支配下においていたかは不明だ。彼らはマントルという信念に基づき、銀河系に存在する全ての生命体、文明は自らが保護し発展させる必要があると考えた。そして、全ての文明を監視し始めた。

"暴力的な種族"であるとされた旧人類文明帝国との戦争に代表される紛争を抑制する為に、侵略者で敗者となった文明を解体するなどし、銀河系の平和を維持しようとした。暫くの後に全体が平和になるにつれて武器が不要となったと考えるようになった。そして軍縮を始めようとした矢先にフラッドが襲い掛かったのである。

フラッド戦争 編集

G617 g1でのフラッドとの遭遇によりフォアランナーは最悪な事態を想定し始めた。

初期はフラッドを何らかの病気であると信じており、様々な感染阻止の対策やフラッドを学ぼうとした。しかしそれらは全て誤っていた。戦争によって彼らを排除しようという試みは、既に手遅れだという状況に陥れられてやっと始めたのである。[1]

300年にわたる戦争の中で敷居値に建造された施設においてフラッドの弱点を探った。この結果、導き出された答えが、「栄養源(つまり餌となる全知的生命体)の完全なる消滅」であり、それを完遂させるために大量破壊兵器ヘイローを建造した。つまりは、自滅行為に等しい行動を取らなければ、フラッドの脅威を除去できなかったのだ。[2]

戦争初期、フォアランナー(主にダイダクト)はその使用に否定的態度を示した。彼らにはマントルがあり、これを破ってまで敵を殲滅することに対する議論は紛糾した。しかし、戦争が進むにつれて使用するのもやむなしという考えに統一されていった。

そんな中でグレイヴマインドは、フォアランナーのAIコンテンダークラス AIメディカントバイアスに接触し、言葉巧みに味方に引き入れてしまった。その直後、フォアランナーに対し"私はお前達を絶滅させるまで戦争を継続する"という意味の文を送りつけマジノ線(フォアランナーの死守するべき最終防衛線)にフラッドの大艦隊を導き、防衛線を瞬く間に壊滅させた。

ライブラリアンたちは前もって各種族をヘイローアレイの影響外に避難させ、保存していた。ヘイロー起動後に彼らを元々居た場所に送り、再び銀河系に生命体が文明を持つようにするためであった。

マジノ線でフォアランナーが最後の抵抗を行って時間を稼いでいる間にヘイローを一斉に起動させフラッドを排除して一時的に銀河を無生命状態に陥れたのである。

テクノロジー編集

フォアランナー
アレイ アーク | 第1施設 | 第2施設 | 第3施設 | 第4施設 (二代目) | 第5施設 | 第6施設 | 第7施設
建造物 モニター | インデックス | コントロールルーム | カートグラファー | ライブラリー | コア | パルスジェネレータ | 神殿 | バリアタワー | フォアランナーエレベーター | ビームエミテラー
他の構造物 マジノ線 | オニキス | シールドワールド | マイクロダイソン球 | ポータル | ガスマイン | Apex | フラッド抑制施設 | フラッド研究施設 | Menachiteフォアランナー施設
技術 テレポート | ゴンドラ | | アストロエンジニアリング | オートタレット | Huragok | スリップスペースポッド | フォアランナー 戦艦
センチネル センチネル | オニキスセンチネル | センチネル指揮官 | エアフォンサー | パルスビーム | ミサイルランチャー | 建設作業者 | センチネルランチャー | センチネルビーム | センチネル建造施設 | センチネルウォール | ストラト センチネル | ガーディアン センチネル | スーパーセンチネル | プロテクターセンチネル
アーティファクト インデックス | ターミナル | シグマオクタヌスIV アーティファクト | フォアランナークリスタル | 深宇宙アーティファクト | Luminary
宇宙船 不明な宇宙船クラス | ドレッドノート | マントル・アプローチ | フォートレス級
武器 Z-040 パルスグレネード | Z-110 ボルトショット | Z-130 サプレッサーカービン | Z-180 CCR/ARM スキャッターショット | Z-250 DEEW 軽ライフル | Z-390 対物ランチャー/ライフル | Z-750 バイナリースナイパーライフル | 不明なフォアランナー武器
[ソース] - [編集]


武器編集

分かっているフォアランナーの施設編集

インストレーション モニター
00 0
01 1
02 7
03 49
04 343
05 2401
06 16807
07 117649
Installation 05.jpg

銀河系中のヘイローに起動シグナルを発するインストレーション 05

Main Article: Halo Array
第4施設編集
第5施設編集
他の施設編集
その他のフォアランナー建造物編集

フォアランナーが建造した物編集

知られているフォアランナーの世界編集

フォアランナーの象形文字および記号編集

コヴナントの宗教上でのフォアランナー編集

分かっているフォアランナーの人物編集

知られているフォアランナーの組織編集

非軍事編集

軍事編集

フォアランナーが関わった事件、戦争編集

事件 編集

戦争 編集

雑学編集

  • The Guardians are thought to be somehow related to Forerunners.
  • The Forerunners were the main focus of the alternate reality game, Iris.
  • There seems to be only one usable Forerunner weapon in the Halo Trilogy, which is the Sentinel Beam.
  • The Librarian and Didact are the only specified Forerunners in the known Halo Universe. They are mentioned in the terminals in Halo 3 as D: and L:.
  • The Forerunners were extremely proficient in creating powerful and longlasting machinery, as the Monitors and the Sentinels continued to operate at (presumably) full power, even thousands of years after their creation.
  • The holographic construct on Epitaph and its modified variant, Epilogue, is said to be a Forerunner AI.

情報源編集

  1. Ascendant Justice's analysis on the terminals - Voice From The Tomb
  2. Halo: Combat Evolved, 343 Guilty Spark

外部リンク編集

フォアランナー-フラッド戦争
LP 656-38 eBattle of DM-3-1123 bBattle of CE-10-2165-d最初の遭遇Battle of the Maginot SphereBattle of the Halo Array
ライブラリアンウル-ダイダクト • イソ-ダイダクトメディカントバイアス(AI)オフェンシブバイアス(AI)グレイブマインド
ターミナルキーシップアークマジノ線
プリマリー・パイオニア・グループ(PPG)事前調査チーム - アルファ(AST-A)緊急艦隊鎮圧艦隊セキュリティ艦隊フォアランナー艦隊司令部
[ソース] - [編集]

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

FANDOMでも見てみる

おまかせWiki