Fandom

Halopedia

代替現実ゲーム

2,396このwikiの
ページ数
新しいページをつくる
コメント0 シェアする
このアーティクルは 現実の世界(Real World) のことについて書かれているよ。 Misterchief.gif


代替現実ゲーム(Alternate Reality Game) 略称:ARG は現実の世界をプラットフォームとしておこなわれるインタラクティブ・ストーリーテリング[1]である。ARG は、主に複数のメディアをまたいでおこなわれ、ゲーム要素を含む。参加者(プレイヤー)の行動(アクション)によって物語が展開して語られ、ロールプレイ的な要素も含まれる。使用されるメディアにはインターネットを中心として、各種媒体の広告、電話、公衆電話、手紙、e-メールなどが使われる。

2004年にHalo 2の広告キャンペーンとしておこなわれた、I Love Beesには100万人以上が参加し、大成功を収めた。[2]


情報源 編集

  1. 相互に影響し合い展開される物語
  2. http://wiredvision.jp/archives/200410/2004102102.html

外部リンク 編集

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

Fandomでも見てみる

おまかせWiki