Fandom

Halopedia

太古人類文明

2,396このwikiの
ページ数
新しいページをつくる
コメント0 シェアする
Prehistoric human.jpg
"先史時代 人類文明" (仮の名)
Political information
Head of Government

Yprin Yprikushma

Commander-in-chief

Lord of Admirals Forthencho

Societal information
Capital

Charum Hakkor

Historical information
Date of establishment

By 150,000 B.C.E.

Date of dissolution

対フォアランナー戦争後に崩壊

  [Source]


150,000 BCE前に存在した人類の文明であった。 様々な点でUNSCを凌駕し、優れた技術を持って銀河系 オリオン腕一帯の広大な地域に入植していた。

歴史編集

対フラッド戦争編集

サンシュームと人類は同盟を結び、拠点として惑星Charum Hakkorを選んだ。彼ら人類はフォアランナープリカーサーに対抗して技術の開発に余念が無かった。[1]

文明がフラッドと遭遇したのは110,000 BCEであり、それ以降熾烈な戦いをフラッドに対して挑んできた。数多くの惑星を滅ぼされた後、あろう事かフォアランナーとも戦争を始めてしまう。多大なる犠牲を持ってフラッドとの戦争には勝利できたが、対フラッド戦争による疲弊から立ち直る間も無くダイダクト率いるフォアランナー軍の前に屈することになってしまった。

Charum Hakkor攻防を最後に人類の抵抗は終わった。

対フォアランナー戦争編集

Prehistorichumanship.jpg

旧文明の人類宇宙船

フォアランナーは自らが何故攻め込まれたかについての理由を全く考えなかった。正当な理由無く一方的にフォアランナーワールドを焼き尽くしている侵略者であると決め付けていたのだ。しかし、人類はフォアランナーへの侵略の意思よりも当時深刻な脅威たるフラッドの掃討を目的として、行動をしていた。あるフォアランナー惑星軌道上に達したときも、フォアランナーの存在よりもフラッドの存在をつかむことを優先、結果フラッド汚染が認められた為にLord of Admiralは警告よりも惑星全土の破壊による感染拡大を阻止する手段を選び、惑星を破壊したのであった。 ダイダクト率いるフォアランナー軍はフラッドとの戦争で疲弊しきった人類軍相手に勝利を重ね、ついに50年以上かけて本拠地を制圧するに至った。

彼らはフォアランナーに刃向かった罰として、全ての権限を委譲し技術レベルも戦前のレベルに衰退させられ、彼らの故郷、地球に押し込められた。地球はライブラリアンによって監視されていた。[2] しかし、このやり方は誤りであったと言える。対フラッド戦争で得られた貴重な情報(治療術やフラッドを食い止める方法まで全て)を破棄してしまったことにあった。これは愚かな行動であったと言えよう。人類に対する復讐で彼らが築き上げた全ての技術を破壊しつくした為に結局、フラッドに対する有効な対策法を確立できぬままに次の標的とされ、最終的にヘイローによる自滅策によってフラッドの脅威を食い止める事となってしまうのであった。

再起を余儀なくされた旧人類たちは、幾つかのコミュニティに集まり、木製の都市や蒸気動力を持った水上艦艇技術などを生み出し、かつての栄光を取り戻そうとした。しかし、それらは全てライブラリアンによって封じ込められた。

殆どの人類は第7技術レベルのまま生活をしていたが、ポータルの建設現場を見た人間が多数、東アフリカには居た。Halo Arrayが起動した後、暫く長い期間の間人類は第7レベルのまま過ごした。[2]

26世紀にも入ると最早その時代に残された遺跡や記録は失われつつあった。しかし、惑星ヘイアンには人類が居たと思われる都市の遺跡が森の中に残されていた。[3][4]

文化編集

彼らが持っていた文化は殆ど知られていなかった。しかし、端末で示されるように全ての人は長い髪でタトゥーを入れていたようだ。女性が軍隊に属し、何らかの役についていたかなどは分かっていない。


知られている星系、惑星編集

その他、彼らに支配された20,000の惑星と1'000の星系があった。

知られている人物編集

知られている兵器 編集

登場した、又は言及した作品編集

情報源編集

  1. テンプレート:Cite book
  2. 2.0 2.1 テンプレート:Cite book
  3. Halo Legends - The Babysitter
  4. Halo: Evolutions - Essential Tales of the Halo Universe - From the Office of Dr. William Arthur Iqbal

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

Fandomでも見てみる

おまかせWiki