FANDOM


アストロエンジニアリングフォアランナーテクノロジーのひとつで、HALOオニキス等の建造技術として知られている。


フォアランナー 編集

フォアランナーは自然の模倣技術が非常に優れていた。それはオニキスアーク等の施設、惑星で見ることが出来る。

軌道 編集

その代表的存在が、ヘイローやアークである。"環状惑星"ヘイロー地表部には湿地帯、草原地域、渓谷地域や密林、森林、雪原地域、荒れ地、湖、海、島など実に様々な地形が存在している。それらは人工的に作られた土台の上に配置される。

重力も生成されている。これは恐らく重力を人工的に作り出す技術を保有していたのではないか?と言われている。これは人工重力発電機なる物体が使用されているという。

インストレーション04地球とほぼ同じ直径を持っていた。


ヘイローは、2万5000光年の範囲にある生命体をすべて消滅させるために建造された、最終破壊兵器である。この兵器が起動された時、範囲に居た生命体はすべて死滅したがヘイロー地表部にいた者たちは恐らく生き残ってたと言われている。

人造惑星 編集

Main Article: Onyx
Onyx.jpg

唯一知られている惑星オニキス。崩壊前

フォアランナーは惑星の建設をも行っていた。知られている惑星はオニキスである。 これはHALOアレイを避けるためのシェルターとして内部に巨大なシールド界を建造された。

内部は、兆を超えるセンチネルとセンチネル生産施設によって維持されていた。居住区、広大な自然地域と人工太陽等が形成されている。


オニキス編集

人工惑星オニキスはシールドワールドを中に隠していた。この存在は2552年の戦争中に戦火に巻き込まれる、まさにその時までUNSCでは誰一人知らなかった。2552年末にセンチネルがシールドワールドを保護するために次々と起動、地表部に植民地を築いていたUNSCと侵略してきたコヴナント両勢力を徹底的に叩いた。

このイベントの後、UNSCによって使用されたフェンリス核弾頭の効果でシールドワールドを防護する手段等一部に損害を与え、また地表部を完全に吹き飛ばしてしまった。

フラッド制御シールドワールド編集

フラッドによって完全に支配された惑星である。惑星の地表部も完全に汚染され、有機生命体が接近すること自体自殺行為に等しい状態であった。 惑星内部のシールドワールドも汚染が進行していた。

この惑星は2531年にUNSCの戦闘艦スピリット オブ ファイアのカーター大佐らによって破壊され超新星爆発を引き起こして全滅した。

マイクロダイソン球編集

フォアランナーは巨大なマイクロダイソン球の建造を積極的に行った。内部にはカプセル化されたスリップスペース活性化フィールドがあった。それはヘイローアレイから自らの身を護るためにあった。

居住区画等は内部のみに建造され、表面には偽装のため地表部を構成する等の措置が取られていた。

内部には人工太陽が存在している。暖かさと光によって施設は維持できたと言う。

オルダーソンディスク編集

中央に穴が含まれる、円盤状の巨大建造物のことである。唯一知られている存在ではアークがある。9万キロ~10万キロの直径を有する。ヘイローより極めて大きい。 地表部には、ヘイローと同じように人工の重力があり、巨大な滝や自然があった。人工太陽も存在した。

この施設の役目はすべてのヘイローの制御、または破壊されたヘイローの再建である。その為に、多くの建造施設があり、多量の資源が備蓄・生成されていた。建造が完了すると、スリップスペースを使用して外部に送り出す仕組みである。

コヴナント 編集

High charity and Alpha Halo.jpg

ハイチャイティ

小規模ながら、コヴナントもこの技術を使っている。

ハイチャリティ 編集

Main Article: High Charity

コヴナント帝国の首都。惑星のようでありながらスリップスペースによるジャンプが可能である。残存していたフォアランナードレッドノートを動力源に使用している。 大きさは348km。

内部に巨大な都市が建造されていたが、2552年後半にデルタヘイロー戦争に巻き込まれ、ジョン-117の奇襲とそれに続くフラッドの襲撃により内部都市は汚染され崩壊。結果、フラッドの巣と化した。同年後半にアークにて自爆し、全体が消滅。

Unyielding Hierophant編集

Main Article: Unyielding Hierophant

UNSCの元コロニーワールドに建造されていた。このステーションは約10kmで周辺に500隻の大規模艦隊が駐留しても十分な収容能力を持つ。これは2552年にUNSC軍の奇襲を受け崩壊した。

建設編集

1209484737 Halo002lowrb9.jpg

HALOの足場島

Artificial Planets.jpg

人工惑星の建造

1209584069 MountainsoftheArk.jpg

Ark上のA山。パノラマ

"HALOの建設は軍用センチネルによって行われた。幾つかは都市サイズであった。小惑星用の材料を再構成する。Haloの外皮を剥ぐプロセスを見ることが出来る。Haloの正面には横切っている4つのテラフォーミング用工場施設がある。それらは全体から漏れる空気を抑える。それはスーパー構造によって流出する。そして、遠心力により引かれる。"
The Art of Halo 3[1]

人工世界を建造するフォアランナーに用いられる恐らく正確な方法である。多数のセンチネル、コンストラクターを動員し最初の構造を設置、この上に水球、岩をかなり含む足場(この上に人工の環境を設置する)の広大なネットワークを建設する。

Arkは建設においてかなり重要な役割を果たしている。交代でHaloリングを建造し、後に輸送される場所である。これは人、またはフラッドに対立する勢力によって破壊される。Arkはより小さなものも建造するが、Arkはどのようにして建造されたかについては全く分かっていない。

コヴナントはそういう方法が使えないために惑星をそのまま利用した大型ステーションの建造、断片を利用した首都惑星の建設を行っている。

フォアランナー
アレイ アーク | 第1施設 | 第2施設 | 第3施設 | 第4施設 (二代目) | 第5施設 | 第6施設 | 第7施設
建造物 モニター | インデックス | コントロールルーム | カートグラファー | ライブラリー | コア | パルスジェネレータ | 神殿 | バリアタワー | フォアランナーエレベーター | ビームエミテラー
他の構造物 マジノ線 | オニキス | シールドワールド | マイクロダイソン球 | ポータル | ガスマイン | Apex | フラッド抑制施設 | フラッド研究施設 | Menachiteフォアランナー施設
技術 テレポート | ゴンドラ | | アストロエンジニアリング | オートタレット | Huragok | スリップスペースポッド | フォアランナー 戦艦
センチネル センチネル | オニキスセンチネル | センチネル指揮官 | エアフォンサー | パルスビーム | ミサイルランチャー | 建設作業者 | センチネルランチャー | センチネルビーム | センチネル建造施設 | センチネルウォール | ストラト センチネル | ガーディアン センチネル | スーパーセンチネル | プロテクターセンチネル
アーティファクト インデックス | ターミナル | シグマオクタヌスIV アーティファクト | フォアランナークリスタル | 深宇宙アーティファクト | Luminary
宇宙船 不明な宇宙船クラス | ドレッドノート | マントル・アプローチ | フォートレス級
武器 Z-040 パルスグレネード | Z-110 ボルトショット | Z-130 サプレッサーカービン | Z-180 CCR/ARM スキャッターショット | Z-250 DEEW 軽ライフル | Z-390 対物ランチャー/ライフル | Z-750 バイナリースナイパーライフル | 不明なフォアランナー武器
[ソース] - [編集]

引用エラー: <ref> タグがありますが、<references/> タグが見つかりません

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

FANDOMでも見てみる

おまかせWiki