Fandom

Halopedia

Battle of CE-10-2165-d

2,396このwikiの
ページ数
新しいページをつくる
コメント0 シェアする
"これが敵のいつもの[modus operandi]なのだ。情報処理機能を大量のノイズで[フラッド]させ、有効な対抗手段を一切封じてしまう。"
032 メディカント・バイアス[1]
Concurrent:

フォアランナー-フラッド戦争

CE-10-2165-dの攻防
Conflict:
Date:
Place:

フォアランナー統治地域 CE-10-2165-d

Outcome:

現地フラッドの活動停止(恐らく惑星規模の破壊による拡散阻止)

Belligerents

フォアランナー

フラッド

Commanders

不明

不明

Strength
  • フォアランナー海軍艦隊
  • 12,423隻の小型レクリエーション船団
  • 7隻の大型貨物船
Casualties
  • 統治地域CE-10-2165-dの全居住者

不明。極めて重大

  [Source]

Battle of CE 10-2165 d[2]フォアランナー-フラッド戦争中に起こった戦いで、惑星軌道上の防衛戦、惑星地上戦が行われた。

経過編集

フラッドは12,423隻の小型レクリエーション船と7隻の大型貨物輸送船を使いフォアランナー の惑星サイドを攻撃するため、CE-10-2165-dの軌道域内に現れる。
1万隻を超える小型レクリエーション船は揚陸部隊用の7隻の大型貨物船を保護する盾のように取り囲み、フォアランナー の攻撃を退け揚陸用の貨物船を大気圏へ突入させ、そのまま主要居住区に大量の軍隊(フラッド)を揚陸させることに成功する。
こうした襲撃は海軍の想定内であったにもかかわらず、フラッドの船の圧倒的な数は軌道上の防衛軍を圧倒し、皮肉にも、その実質的な対空防衛力の欠如を証明する結果となった。
そして、フラッドの襲撃から約2時間後(1時間57分後?)、襲撃を受けたフォアランナーは強力な兵器で居住区ごとの自爆を決行する。
感染する危険性のある自らを焼却し、フラッドによる更なる感染の拡大を防いだのだ。


ソース編集

  1. Halo 3, Terminal 1
  2. Halo 3, Terminal 1




フォアランナー-フラッド戦争
LP 656-38 eBattle of DM-3-1123 bBattle of CE-10-2165-d最初の遭遇Battle of the Maginot SphereBattle of the Halo Array
ライブラリアンウル-ダイダクト • イソ-ダイダクトメディカントバイアス(AI)オフェンシブバイアス(AI)グレイブマインド
ターミナルキーシップアークマジノ線
プリマリー・パイオニア・グループ(PPG)事前調査チーム - アルファ(AST-A)緊急艦隊鎮圧艦隊セキュリティ艦隊フォアランナー艦隊司令部
[ソース] - [編集]

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

Fandomでも見てみる

おまかせWiki