FANDOM


Previous:

第一次アルカディア攻防戦

Next:

Apex攻防戦

Battle of the Flood-controlled Shield World
Halo Wars Flood.jpg
Conflict:

コヴナント戦争

Date:

2531年2月23日

Place:

Flood-controlled Shield World

Outcome:

UNSC軍戦略的に勝利、フラッドは戦術的勝利を得る

Belligerents

国連宇宙司令部

コヴナント

フラッド

フォアランナー

Commanders
  • Unknown
Strength

Ground:

Air:

Ground:

Air:

Ground:

Air

Casualties
  • 全偵察隊
  • 多数の航空機
  • 多数の機甲部隊
  • 大勢の歩兵
  • かなり多くの歩兵
  • かなり多くの車両
  • かなり多くの航空機
  [Source]

事の発端はThe Apexにてコヴナントの悔恨の預言者がアービターに対し”あの女を連れてくるのだ。”と命じたことである。 UNSC惑星アルカディアの某所に設置された光のドームと呼ばれる巨大な設備を破壊、内部調査を敢行していた。

この戦闘で甚大な損害をこうむるも、UNSC ピラー オブ オータムが搭載していた多数のプラズマライノと呼ばれる特殊戦車5両の一斉射撃とその後軌道上からUNSC艦隊がMACブラストを一斉射撃し、内部を崩壊させた。

その後、UNSC スピリット オブ ファイア搭載部隊が内部に秘匿されていたスーパースカラベを破壊、アルカディアの解放は確実となった。

しかし、この作戦後アンダースが指令を受けたアービターの手によって拉致、Apexに連行されたことにより スピリットも不本意ながら追跡に入った。

2531年2月23日、旧フォアランナー植民地であったと見られる謎の惑星に到着する。UNSC軍部隊が同日に地上に降下、既に惑星の”非汚染区域”を制圧下に置いていたコヴナント軍と交戦、撃滅せしめた。

しかしこの戦闘後に艦はシールド界と呼ばれるコロニーに引き込まれ、閉じ込められた。

それはコヴナントもまた同様であった。コヴナント側も駆逐艦1隻が同エリアに引き込まれていた。 両艦が激突したと同時に激しい砲撃戦を繰り広げた。

その直後に、コヴナントはApexを起動させた。 逃げ出してきたアンダースの証言によりこれを知ったUNSCはFTL機関を使ったApexの大艦隊撃滅作戦を計画、実施することとなる。

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

FANDOMでも見てみる

おまかせWiki