FANDOM


Concurrent:

Battle of Metisette

Next:

Battle of Jericho VII

ルーブル攻防戦
Conflict:

コヴナント戦争

Date:

2534年

Place:

惑星ルーブル, 23リブラエ星系

Outcome:
  • UNSCの勝利
  • Metisette攻防戦が勃発
Belligerents

国連宇宙司令部、ルーブル民間人

コヴナント (悔恨の預言者指揮軍)

コヴナント (真実の預言者指揮軍)

反乱軍部隊、 ルーブル民間人

Commanders

真実の預言者

ピーター・ボニファクティオ

Strength
  • 反乱軍兵士
Casualties
  • 何名かのODST
  • ジェング司令官
  • ファイソン少佐
  • レトビューション・サンダーと全クルー
  • 全ブルート(預言者の命令により抹殺される)
  • グラント
  • Reth
  • AIジュリアナ
  • ピーター・ボニファクティオ
  • ディエゴ・エスクィヴァル
  • 不明な数のルーブル市民と惑星防衛軍
  [Source]

ルーブル攻防戦コヴナントと人類の軍勢がルーブルで軍事衝突したものだ。この戦闘では、人類のすべての惑星に関する情報が詰まったデータベースが大きな焦点となっていた。この戦闘は2535年ごろに発生していた。[1]

背景編集

悔恨の預言者人類の故郷を見つけれずにいた。その頃真実の預言者はジャッカルにとある行動を行わせていた。ある小惑星に人類の市民が生活していることを突き止め、潜入させていたのだ。やがて、ここに生活する住民たちはUNSCに反旗を翻す反乱軍であることが判明し、コヴナント側は言葉巧みに交易協定を取り付けた。その内容とは、地球の位置を教える代わりにコヴナント製兵器を提供するというものだった。反乱軍はUNSCや地球がどうなろうと関係もなく、承諾する。コヴナントから提供された武器は次々と他の惑星の反乱軍にも提供されていく。悔恨の預言者が、それらが真実の計画の一部であったと知らずに、ハイチャリティで取引時の武器の幾つかを発見した際に、「反乱軍」を黙らせるために、彼はコヴナントの最高の兵士の何人かを派遣する。

やがて、この異変に気付いたUNSC軽フリゲート艦 UNSC ミッドサマー ナイトを調査のため送り込む。

戦闘編集

パスラム・エブリディレトビューション・サンダーを攻撃し大破させ、惑星ルーブルに到着する。 ゼル・ヴァダムらは格納庫の一つに幽閉された。やがてミッドサマーナイトも戦闘に参戦し、ジェング中佐らが戦死する。やがて船に乗り組んでいたキース中尉が艦の指揮を執り、核ミサイルを発射させる。

だが、それでも戦況は覆らず、一度は艦の乗員の命を救うためにコヴナントに降伏するが、スパルタン部隊の救援によって全員助けられた。


余波編集

この戦闘後、キース中尉は少佐に昇級される。百万人の命を救った功績が認められたのだった。 そして、この戦闘はMetisette攻防戦を引き起こすことになってしまうのであった。

編集

  1. Halo: The Cole Protocol


広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

FANDOMでも見てみる

おまかせWiki