Fandom

Halopedia

Côte d'Azur

2,396このwikiの
ページ数
新しいページをつくる
コメント0 シェアする
コートダジュール
都市の概要
名称

コートダジュール

位置

シグマ オクタヌス IV

個体数

300,000

役割

首都?

  [Source]

コートダジュール[1]Sigma Octanus IV,(FLEETCOM Sector ThreeUNSC植民地界)の主要な人口密集地である、沿岸都市であった。

コートダジュール市民は、都市の外側に田を発達させた。 コートダジュールには、下水設備があった。下水設備は、プラスチックパイプの上部に沿って走っている鋼管を持っていた。都市の端の近くの浜辺側で、鋼の格子があった[2]。下水設備には2メートルの直径パイプがあった。住民はナトリウム蒸気ランプを使った。そして、それは不気味な輝きで都市上を輝かせていた。

2552年にコヴナントシグマ オクタヌス IVコートダジュール自然歴史博物館で展示されていたフォアランナーの人工品を確保するために、Sigma Octanus星系への侵攻を開始した。スパルタンブルーチームが都市に侵入したとき、コヴナントは人工品を固定して、上記の船にメッセージを中継するところだった。ブルーチームは、なんとか人工品を奪回し、降下艇へ退避した。降下艇に乗り込み、大気圏を出ると、即座に、マスターチーフは都市の通りの下に設置していたHAVOK 核弾頭を起爆させた。それは都市を完全に破壊して、コヴナントが他に何かを見つけるのを阻止した。惑星は、人類の植民地として機能している。コートダジュールの人口は300,000であると推定された。そして、市民は全滅したものと考えられた。しかし、20人の民間人は貨物船で隠れ、戦闘中スパルタン部隊の支援を受けて脱出した。

雑学 編集

  • コートダジュールは、フランスの南東部の地域である。
  • 「コートダジュール」は「青い海岸」のためにフランス的で、フランスのリビエラのフランスの名前である。

編集

  1. Halo: The Fall of Reach Page 160
  2. Halo: The Fall of Reach Page 182

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

Fandomでも見てみる

おまかせWiki