Fandom

Halopedia

CASTLE Base

2,396このwikiの
ページ数
新しいページをつくる
コメント0 シェアする

CASTLE BaseONIの軍事基地である。位置はUNSC コロニーのリーチ メナチテ山内部2,000m~ハイランド山の地下にまで達する、広大な敷地を擁しているとみられる。 膨大な花崗岩の真下にあるこの基地は、コンクリート板の補強として使われたチタニウム及びEMP-硬化金属[1]等で防護されている。[2] CASTLE Baseはその深さと守りの堅さゆえに80メガトンの核爆弾の爆発があったとしても耐えれることができた。元々複雑なチタン鉱山であったが、後に閉鎖されたのを軍が徴用した。フォアランナーの何かの複合体の下に・・。

キャサリン・ハルシー博士はCASTLE Baseにオフィスを構えていた。スパルタンIIらはCASTLE Baseの構造を熟知していた。やがてリーチ攻防戦が始まるとデルタ隊が退却位置としていた為に、ウィリアム-043, ビン-030アイザック-039が到着し、後にフレデリック-104ケリー-087も合流した。

ハルシーは作戦名:ホワイトグローブの実行阻止のためコヴナントからUNSC 技術を奪取した。この作戦は恐らく基地に何かを行う作戦であったとみられる。

時を同じくしてコヴナント軍が基地になだれ込んだ。キャサリン・ハルシーらは"Operation: WHITEGLOVE"実行に向けて動き出した。そしてA.Iから重要な情報を聞き出す間コヴナントの侵攻を阻止し、その後チタン鉱山に逃れた。

既知のセクション 編集

  • レベル アクア
    • セクションラムダ
      • 武器庫
  • レベルスカーレット
    • オメガウィング
      • ハルゼー博士のオフィス[3]
    • 医療フェンダー
      • 冷凍設備
      • 手術ベイ
  • レベルラベンダー
    • セクションシグマ
      • エレベーターシャフト[4]

編集

  1. Halo: First Strike, page 100: Although he barely felt the descent, Wagner knew he had dropped three kilometers into the planet, through solid layers of granite, reinforced concrete, plates of Titanium-A, and EMP-hardened metal. None of this made him feel any safer, though; ONI's research facility on Reach had the same setup, and it hadn't done those poor bastards any good.
  2. Halo: The Fall of Reach, page 229: Castle was a massive complex, two thousand meters below the granite protection of the Highland Mountains—bombproof, well defended, and impenetrable.
  3. Halo: The Fall of Reach, page 229: スーパー安全なONI機能(単にCASTLEというコードネームの)の「オメガウィング」の中に、個人事務所は深く地下に位置した。
  4. Halo: First Strike, page 134: "Section Sigmaのエレベーターシャフトの下で"

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

Fandomでも見てみる

おまかせWiki