Fandom

Halopedia

CMA ヘラクレス

2,396このwikiの
ページ数
新しいページをつくる
コメント0 シェアする
UNSC Heracles.png
CMA ヘラクレス
Production information
Class

ヒルズボロ級駆逐艦

Technical specifications
Length

485メータ

Width

242.50メータ

Height/depth

600メータ

Engine unit(s)

4基 融合炉

Slipspace Drive

ショウ-フジカワ光速エンジン

Slipspace velocity

2.1光年/日

Power plant

核融合炉

Hull

2メーターのチタニウムA戦闘用装甲

Sensor systems

N\A

Targeting systems

手動

Navigation system

AIs

Armament
Complement

Pelican降下艇

Usage
Earliest sighting

2525

Latest sighting

2525

Present for battles/events
Affiliation

コロニー軍事政権

Known commander(s)

マリベル・ヴェルディ大佐

  [Source]


CMA ヘラクレスヒルズボロ級駆逐艦の1隻でコロニー軍事政権に所属する艦艇であった。船はマリベル・ヴェルディ大佐が指揮を執り、第4戦闘集団に配備され、活動した。


ハーベストの戦い以前 編集

西暦2525年2月3日に惑星ハーベストからの連絡が途絶えたため4月20日に調査に赴いたUNSC アルゴが消息を絶ったため、UNSC軍は何かの異変が起こっていると判断した。その調査のため、フリゲート2隻( UNSC ボストークUNSC アラビア )を伴い惑星ハーベストに向け出動した。

2525年10月7日 編集

インディアン座イプシロン星系にこの日突入した戦闘集団は惑星の居住地全てが廃墟と化ししているのを目撃する。(ガラス化) そして、惑星ハーベストの軌道上に不審な戦艦の存在を探知。これに対し交信を試みるが返答は砲撃であった。つまり宣戦布告であったのだ。彼らが唯一発信してきたメッセージ。それは以下のものであった。"Your destruction is the will of the Gods..and we are their instrument"

この一方的な攻撃によりフリゲート艦2隻はなすすべもなく破壊される。

ヘラクレスはかろうじて脱出に成功したが損傷がひどく、惑星リーチに帰艦するまでに数週間の時間を要した。リーチでの修復作業が完了した後、コール提督に率いられた艦隊と共に出撃しハーベスト奪還の任務に就いた。[1]

登場した作品編集

情報源編集


広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

Fandomでも見てみる

おまかせWiki