FANDOM


Camp IndependenceUNSCの軍事基地で惑星リーチハイランド山にある洞窟に建造された。洞窟の入り口にはガウスキャノン砲2門が設置され防護されている。内部には照明が多数存在し、鉄筋等で補強されている。主に最高司令部の高級幹部用に使用されている。

戦闘が始まった時ダンウォース・ウィットコム中将と彼の部下たちはコヴナントの手から逃れるために施設に避難した。その後無線の救援要請を受けたチャーリー隊が救出した。その直後にスパルタン部隊が到着し、彼を救出した。[1]フレデリック-104が彼を助け、アントン-044グレース-093リー-008らがウィットコムをピックアップした。彼らはフレデリックのもとへ向かおうとするがすでコヴナントに包囲されてしまった[2]UNSC E-Bandによる救援要請発信から3週間も経過してやっとジョン-117コルタナらが乗るAscendant Justiceが彼らを拾い上げた。ウィットコムの部下らはすでに射殺されていた。ウィットコムらが離れた直後置き土産ともいえる"NovaBomb"が起爆、軌道上に居た超空母もろとも破壊した。


編集

  1. Halo: First Strike, Page 22
  2. Halo: First Strike, Page 156

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

FANDOMでも見てみる

おまかせWiki