FANDOM


Captain Jacob Keyes.jpg
ジェイコヴ・キース
Biographical information
Homeworld

地球

Date of birth

2495年

Date of death

2552年9月21日, (57歳)

Physical description
Rank

大佐

Gender

男性

Weapons
Vehicles
Hair color

灰色

Eye color

青色

Cybernetics

Command Neural Interface

Chronological and political information
Era(s)

コヴナント戦争

Notable Facts
  • Keyes' loopAir Brake Dropの創設者
  • 海軍士官時代にODSTのタトゥーを入れていた
  • ハルセイ博士と何らかの関係あり
Affiliation

UNSC 海軍

  [Source]
"彼のような男は我々を救うと、あなたは知っている。我々は、キースのような人材をより多く必要としているのだ。"
プレストン・コール提督[1]

ジェイコヴ・キース大佐UNSC海軍で最も才能のある戦術家の一人であった。彼は優れた戦略家、インスピレーションを与えるリーダーとして大きな尊敬を集めている。35年間のコヴナントとの戦闘経験と秘密を守る能力はUNSC ピラー・オブ・オータムを指揮するのに非常に適していた。彼はパイプを噛んでいるのをしばしば見られている。[2]彼のサービスナンバーは01928-19912-JKであった。

伝記編集

初期の経歴編集

キースは地球で生まれた。幼少期に太平洋周辺で生活をし、後に仕官候補者学校に籍を置いていた。トレーニング2年目に彼を悲劇が襲った。14名の少尉が予定外のインストラクターで死亡した地点で、プラズマ火傷を負い全治2ヶ月の大怪我を負ってしまった。この件でインストラクターに対し不利な発言をすることを拒否したために降格している。この頑固さはハルセイ博士の注意を引いたくらいである。

2517年、第7週目にOCSからその任務を取り消されたとき、彼は中尉であった。UNSC マゼランに配属され、スパルタン-II計画にてハルゼイ博士と行動を共にするよう命令された。彼は秘密を守る性格であったためである。その行動はスパルタンII計画の適格者を探すためのものであったが、彼らは自分達の娘を入れるための学校探しをしていると偽っている。彼らが最初に選んだ子供が後のシエラ-117として地球を守りぬいた英雄となるジョンー117であった。キースは彼を含めた子供達の名前と割り当てられた番号を決して忘れることはなかった。

キースが、スパルタン-II計画の真実について学ぼうとし始めたことを知ったハルゼイは彼を元の職務に送り返した。

軍の職務に復帰した彼はコヴナントに対抗する為の優れた戦略家としてコヴナント戦争で活躍した。戦争初期にフリゲート メリウェザー・ルイスが脱出する際コヴナントに包囲されていた時、警備部隊の一分隊を率いて脱出するための十分な時間を作り出した。彼は一躍英雄となったが、プラズマ火傷を受けて腕をやられている。これは後に再生手術を経て復活している。この後ステルス・フリゲート UNSC ミッドサマー ナイトに配属され、多くの表彰と戦闘経験を得た。この間にチャーリー・バディス IXに向かったがそこは暴動が発生しており、彼は暴動を起こした人間をプラズマライフルを使って射殺した。

この暴動の鎮圧後チャーリー・バディス IXコヴナントに侵攻され、瞬く間に全滅している。 ミッドサマー・ナイトによって反乱軍指導者を輸送した輸送船を追尾、追尾していた反乱軍指揮官の一人が裏切りによって暗殺された。

ルーブルにおいて惑星にいた市民100万人を救い出すことに成功している。この功績をプレストン・コール提督に認められ、キースは中佐へ昇進した。 彼は後にOCSアカデミーにおいて教師を務めたが、一部の高級将校らは反対であったといわれている。

2552年編集

キースは2552年4月に駆逐艦イロコイの艦長に着任した。ONIのファジャド少佐のお陰でシグマ・オルタヌスIVへの攻撃を察知することに成功した。 この惑星をめぐる戦闘で、彼はイロコイと2隻のフリゲートを伴って攻撃を開始し空母1、駆逐艦1、フリゲート2のコヴナント機動艦隊を1隻も損害を出さずに全滅させることに成功している。

この功績をたたえられてキースはついに大佐へ昇格する。 シグマ オクタヌス IVの戦闘が終わるまで、キースらは惑星軌道上に展開し続けた。 この戦闘後キースのイロコイはリーチへ帰還するが発信機が付着していることを遂に知ることがなかった。このためにリーチはUNSCの有力な殖民地、巨大な軍事基地が存在することがコヴナント側に洩れ、リーチ崩壊に繋がることになる

リーチに大艦隊が侵攻してきたがキースは新たに配属されたUNSC ピラー・オブ・オータムに乗艦して敵の旗艦を撃沈するなど奮戦したが数的劣勢を覆すことは到底不可能であった。

UNSCはリーチの放棄と艦隊の完全撤退を厳命、キースは別ルートで極秘指令が発令され、コール議定書に従ってランダム生成された座標にヘルメスと呼ばれる小型艦を率いて離脱した。そこにはアルファ・ヘイローが存在していたのであった。そしてキースと艦の乗員はこの惑星の真実を知ることとなった。

リーチから逃れる直前、アスゾード・ドライドックに入渠しノーブル・チームの生き残りであったSPARTAN-B312からハルゼイ博士のパッケージを受け取っている。この時、彼はB312らノーブルの生存者を乗せて行こうとしていたが歩兵からスカラベ、CCS級巡洋戦艦まで投入したコヴナント軍の激しい妨害を受け、失敗している。止むを得ず、彼らを残してリーチからの脱出を余儀なくされた。

PoA Reach.jpg

ハルシオン級巡洋艦ピラー オブ オータム。彼が指揮を執った最後の艦。

Battle of Reach.jpg

リーチから離脱するオータム

HALO編集

HALO軌道上においてコヴナント艦隊に捕捉され、幾つかの無線通信(恐らく"抵抗は無駄だ。おとなしく破壊されるが良い"なるものであったのだろう)の後、ヘルメスが撃沈された。そして砲火はオータムに向けられた。

オータムはCCS級を多数含めた艦隊と激しく交戦、内1隻を墜落させたが自身も損害は甚大で、コヴナントは艦内に小型強襲揚陸艇を用いて侵入してきた。オータムの維持は不可能であると察した艦長はジョンー117を呼び出してAIを連れて艦外に脱出するように厳命する。

チーフの離脱後オータムは艦長の手動操縦によってヘイローへ墜落した。この直後に彼はコヴナントに捕らえられている。

編集

  1. コール議定書 354ページ
  2. Halo: The Fall of Reach, page 17

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

FANDOMでも見てみる

おまかせWiki