FANDOM


チ・セティ IVUNSCの研究所があった惑星である。

要約編集

チ・セティは黄色い星で地球から77光年の位置にあった。

チ・セティ星系の中央惑星はChi Ceti IVで、アウターコロニーではあったが非常に離れた場所に位置していた。惑星には非常に機密な施設が存在した。その施設はダマスカス・テスト施設である。[1]この施設でスパルタン-IIは改良されたMark IV MJOLNIR装甲を受領していた。受領中にチ・セティの戦いが発生した。この惑星は、人類コロニーで攻撃された中で殆ど稀といってもいい。ガラス化されなかった惑星であった。コヴナント艦が迫る中、施設からは全要員が退避していった。そしてスパルタンらが敵艦に潜入し、艦内に核兵器を設置して撃沈したがその過程でサミュエル-034が脱出することなく爆死した。装甲に異常が発生していたためであった。 マーク6 P.A.A/EODは"ダマスカス・テスト施設"で開発された。

雑学編集

  • 遠方の赤い星雲は星系から見えた。
  • バンジーの前作品である"Marathon"に似た名前が存在していた。その名前はくじら座タウ星IV(タウ・セティ IV)である。

編集

  1. Halo: The Fall of Reach, page 113

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

FANDOMでも見てみる

おまかせWiki