FANDOM


Flash-Bang Grenadeまたはスタングレネードは、UNSCによって使われる1種類の特別な手榴弾である。Fragmentation Grenadesとは異なり、これらの手榴弾が、必ずしも致命的であるというわけではない。彼らが出発するとき、彼らはとても明るい閃光と非常に大きい雑音を出す。そして、目標をぼうっとさせるが、彼らにごくわずかな身体的な損害しか与えない。衝撃手榴弾の主な目的は、一時的に敵を盲目にして、耳を聞こえなくすることである。見られるか、一般的な場所に近いならば、それが小さなスペースに出発するとき、イメージは2、3分の間網膜に燃やされる。そして、犠牲者を「盲目の」ままにする。

これらのいろいろな用途が、ある。彼らが、UNSCによって、少なくとも2525年以降軍事演習で使われた。彼らが、時折同様に戦闘においても使われて、5~10秒の間潜在的脅威を混同するか、方向感覚を失わせるか、ちょっとの間散らすのに役立ってもいる。フラッシュ-爆発音が最高1分の間深刻に影響を受けた人員の戦闘効果の地位を下げることができるが、彼らはどんな奇襲活動にでもまだ不可欠である。

それがFlash-Bangの耳をつんざくような影響が欠如していること以外は、Halo 3に、器材(Flare)の類似した部分はすべての近くのプレーヤーを盲目にするのに用いられる、しかし、それは特定の他の音をかき消すことができる雑音を持つ。

Halo: Ghosts of Onyxで出てきたAshは、残りの彼のチームに加えてフラッシュ-爆発音に接した近い経験をした。明らかに、彼らは六角形のチューブである。

  • 現代の日には、Flash-Bang Grenadesは、対テロ部隊または専門家によって、Special活動において、両側で犠牲者を避けるのに用いられる。

雑学編集

  • 軍隊は、21世紀にFlashbang手榴弾を使う。
  • 何人かは、フラッシュ-爆発音手榴弾が2がデモするHaloの間、海兵隊員によって使われたと推測する。
  • Halo Custom Editionの一部の人々は、彼ら自身のflashbangsを作った。

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

FANDOMでも見てみる

おまかせWiki