FANDOM


"ありとあらゆるシップを満員にして、アークに向かわせています。ここでミッションを中断するわけにはいきません。全ての魂が有限であり、等しく貴重な存在なのだから。それに、後もう少しで、全てを救うことができるのです。"
—フォアランナー ライブラリアン から ダイダクトへの交信記録
Concurrent:

人類-フォアランナー戦争

フォアランナー-フラッド戦争
Conflict:
Date:

98,379 B.C.E ~ 97,448 B.C.E

Place:

銀河系

Outcome:
  • 全HALOの起動に伴う銀河系規模の生命絶滅
  • フォアランナー、実質上の全滅
  • 各惑星の保護されていた現住民族は後に再生する
Belligerents

フォアランナー

フラッド

Commanders
Strength
Casualties

ほぼ全滅

不明、巨大な損害

  [Source]

Forerunner-Flood War(日本語名フォアランナー フラッド戦争[1] は、紀元前98,379年に突如開戦し、紀元前97,448年に終戦に至ったと考えられていたフォアランナーフラッドの間で起こった銀河規模の大事件であった。

この戦争はコヴナント戦争よりもはるかに大規模なものであると考えられる。

イントロダクション編集

フォアランナーは当初とある惑星内部で成長し銀河全域に植民地を確立するにいたった。多数の地球型惑星に植民地を確立し、多数の惑星間海軍と陸軍を組織した。大型船舶、戦艦などの建造、洗練されたA.I、巨大な武器ネットワーク、惑星の建造などありとあらゆる物の開発を行った。彼らは、Technological Achievement Tiersで彼らの向上を測った。

また、フォアランナーに抵抗した人類サンシュームなどの非フォアランナー民族との戦争にもことごとく勝利を収めていった。

この栄華の中でフラッドと遭遇した。彼らはこの未知なる脅威が銀河系外部から流入したものであると結論付けた。そしてフラッドは全銀河系の掌握のためだけにフォアランナーとの激しい戦争を繰り広げた。一部のフォアランナーがフラッドを捕獲し研究も行った。彼らはこの脅威の弱点を見つけ、最終兵器HALOを建造するに至る。

フォアランナーは種族の保護を目的としてインデックスを以って保護を始めた。しかし結果は全銀河系規模に入植していたフォアランナーのほぼ全滅という悲惨なものに終わった。

戦争編集

発端編集

フラッドは約紀元前98,379年に銀河系に侵入(紀元前11万年前にフラッドは人類領域に侵入したがその後撃退された。)、フォアランナー植民地区域に感染した光速船を使って侵攻、(G617 g1)各植民地を守るフォアランナー軍を圧倒、わずか2,3年で何億人ものフォアランナーが感染し、フラッドと化した。

手詰まり編集

フラッドとフォアランナー間の3世紀にわたる激戦の中、フォアランナー海軍司令部は、多くのフォアランナーが犠牲になったことを受けてフラッドの目的がフォアランナー種族の完全なる絶滅であるという結論に至った。巨大フラッドがフォアランナー領域で確認された後、惑星の生物圏を徹底的に爆撃することによる星系規模の破壊によって阻止しようとした。フォアランナー軍所属兵士は重装甲を着用することが絶対義務であることを布告された。他の非戦闘員すらもコンバットスキンと呼ばれる服装の着用が命じられていた。また、彼らは敵を殲滅するだけではなく、フラッドを捕獲し対抗策の研究も行った。[2].

彼らの徹底的な調査により、フラッドを排除する唯一の方法・・・Haloの起動による全銀河系の生物圏完全破壊・・・を行うしかないという結論に達する。しかし、フォアランナー軍司令官ダイダクトはHaloの起動に大反対する。

彼が起動を拒み続けている間にもフラッドの勢力は拡大の一途をたどり、グレイヴマインドという巨大生命体を構築する。この物体が作り上げたA.I LF.Xx.3273がフォアランナー海軍司令部の計画した対策の障害となった。彼らが作り上げた対フラッド用AI05-032 メディカントバイアスと交信、メディカントとメディカントの指揮する艦隊1,000隻をフラッドの味方に引き寄せてしまった。

フォアランナー側の絶対防衛線であるマジノ線にてフラッドの侵攻を防いでいる間、ライブラリアンはこの防衛線の向こうに旅行した。彼女は全種族の保護を目的としてありとあらゆる船に避難民を満載させアークに移送させ続け、銀河系の各所にインデックスを設置する。

終局編集

"何かがおかしい!こちらから離れて行こうとしている!夜になると見えるのです - 星明りをさえぎりながら - 飛び回る影。数千というシップです!外側への旋回ではなく、ラインへと向かっている!事態は急変しました。もう食い尽くしたんだわ。 "
—フォアランナー ライブラリアン から ダイダクトへの交信記録

フラッドが勢力をますます拡大化、フラッドの勢力化に入った無数の光速船、大型船、各種戦艦によってフォアランナーコアシステムを襲撃した。これに対し3つのフォアランナー海軍グループ(緊急艦隊セキュリティ艦隊鎮圧艦隊)が呼び戻されたときメディカントが暴走、各フォアランナーコンピュータネットワークを感染、機能不全に陥れた。

失敗している海軍戦略で、フォアランナーは最終計画であるヘイロー計画を始動、銀河系全域を射程に収める7つのHaloとアークを建造。フォアランナー種族は次々と保存のためアークへ移送される。ライブラリアンは地球に出くわし、人類を見つける。そして、フォアランナーをアークに導くポータルの建造を行った。

ダイダクトはライブラリアンのために救援を派遣したがフラッドによって全滅。これによってライブラリアンの脱出は絶望的となり、ダイダクトにHaloの起動を実施させることになった。そして、Haloの起動が始まり全銀河系に存在していた有機生命体は殆ど死滅する。メディカントがそれを阻止しようと彼が保有する艦隊とフラッドの大艦隊を率いてアークへ戻ろうとしていたが、フォアランナーAIオフェンシブバイアス率いる艦隊がそれを食い止めた。

アレイが起動し全銀河系の有機生命体がほぼ全滅、フォアランナーが銀河系から消滅する。フラッドの大規模攻撃はこれにより収束。グレイヴマインドは破壊される。[3]

主な戦闘編集

ソース編集

  1. ターミナル, Halo 3
  2. Bestiarum
  3. http://www.halo3.com
フォアランナー-フラッド戦争
LP 656-38 eBattle of DM-3-1123 bBattle of CE-10-2165-d最初の遭遇Battle of the Maginot SphereBattle of the Halo Array
ライブラリアンウル-ダイダクト • イソ-ダイダクトメディカントバイアス(AI)オフェンシブバイアス(AI)グレイブマインド
ターミナルキーシップアークマジノ線
プリマリー・パイオニア・グループ(PPG)事前調査チーム - アルファ(AST-A)緊急艦隊鎮圧艦隊セキュリティ艦隊フォアランナー艦隊司令部
[ソース] - [編集]

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

FANDOMでも見てみる

おまかせWiki