FANDOM



CommanderMirandaKeyes.jpg

"両エンジンが停止!漂流している!"

この記事はまだ書きかけです。記事を広げてくれる人を募集します。

HAVOK 核地雷
Production information
Manufacturer

UNSC

Type

熱核弾頭

Cost

高い

Technical specifications
Size

大きい

Ammunition Type

剥離性の材料

Range

かなりの爆発半径

Usage
Era(s)

Human-Covenant War

Counterpart

Covenant Bomb

Affiliation

UNSC

  [Source]

説明編集

HAVOK Thermonuclear WarheadUNSC兵器で最も強力な兵器のうちの1つである。そして、主にUNSC 爆撃機または巡洋艦によって発射されるミサイルで使われる。しかし、交互の使用は、単に弾頭を基本の目標に置いて、リモコンでそれを爆発させることである。20から90メガトンまで産出高で利用できるけれども、その産出高は30メガトン標準である。その力は、弾頭の産出高に応じて、小型コヴナント主力艦のシールドに損害を与えることができるか、完全に消耗させることができる。

2552年7月ごろ、Battle of Sigma Octanus IVの間、惑星で起こっていて、それの中で戦いの間、Blueチームは、コートダジュールで、HAVOK核弾頭を爆発させた。[1]

雑学 編集

  • 各々のHAVOKは、およそ5-6トンの重さである。
  • たぶんでなく、物理学エンジンBungie用途(HAVOK)の名をとって名づけられる。Halo: The Fall of Reachのフォールは2003年に発表された、ところが、HAVOK Physics EngineはHalo 2までシリーズに実行されなかった。そして、それは1年後にリリースされた。

編集

  1. Halo: The Fall of Reach, page 200

テンプレート:Explosives List

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

FANDOMでも見てみる

おまかせWiki