FANDOM


このアーティクルは 現実の世界(Real World) のことについて書かれているよ。 Misterchief.gif

出典: Halopedia英語版 Halo: Ghosts of Onyx

Halo: Ghosts of Onyx
Onyx cover.jpg
Author(s)
Publisher
Date Released
October 31, 2006
Length
384 Pages
Availability
ペーパーバック
Product Dimensions
8.2 x 5.5 x 1.1 inches
20.8 x 14 x 2.8 cm
Shipping Weight
12 ounces
341 g
Price Listing
$12.95 USA.png
$16.95 Canada.png
£6.99 UK-flag.png

[{{{website}}} Website]

Halo: Ghosts of Onyx はヘイローの4冊目の小説である。著者はエリック・ナイランド(Eric Nylund)。2006年10月31日、Tor社から出版された。

Brief Summary編集

スパルタンII計画が公開され、コブナントの猛攻をしのぐスーパーソルジャーの話は伝説となる。しかし何人のスパルタンIIが残っているのか?マスターチーフが地球のために戦う最中、ONIの極秘機関Section3はUNSCのために時間を稼ぐ計画を考案する。それには数百の志願兵と、一人のスパルタンIIが必要であった。

ほぼ無人の惑星オニキスは計画を始動するにあたって理想的な場所であった。しかしマスターチーフがアルファ・ヘイローを破壊した時、オニキス内部で何かが動き出す。戦いが始まり、太古のフォアランナー・テクノロジーが姿を見せる。UNSCとコブナントの艦隊は各々、大戦の形勢を変えようとフォアランナーの秘密を追う。

しかしこの覚醒した太古の軍勢には何か意図があるのかもしれない・・・

Detailed Summary編集

プロローグ: ペガシ・デルタでのベータ中隊の勝利編集

2545年、スパルタンIIIベータ中隊の300人はコヴナントの惑星ペガシ・デルタへ派遣される。300人中291人が着陸に成功し、目標の資源精製所へ進む。しかしSTARS衛星によって7隻の巡洋艦が工場と誤認されており、予想外の激しい抵抗に遭う。ベータ中隊は施設の破壊に成功するが、トム-B292ルーシー-B091を除いて全滅する。トムとルーシーはまだ12歳であった。ルーシーは他のスパルタンやフォックストロット・チームの仲間アダム-B004ミン-B174の死によるトラウマから、失語症となる。

Section 1: アンブローズ編集

2531年、スパルタンII ブルーチームは盗まれたフェンリス核弾頭を奪還するため、惑星ヴィクトリアの反政府軍を襲撃する。チームはハワード・グレイヴス将軍らに捕えられるが、カート-051の機転により危機を脱し、任務を完遂する。五ヶ月後、ONI Section3のジェームズ・アッカーソン大佐は、リッチ准将ギブソン大佐パランゴスキー中将と面会する。アッカーソンはスパルタンIIの効果を、より低コストで実現するプロジェクトを提案する。より合理化された多数の「使い捨て」スパルタンを、ハイリスクな任務のために訓練するスパルタンIII計画だった。アッカーソンは訓練地としてオニキスを与えられ、スパルタンII一人を教官とする約束を受ける。翌月、カート-051、ケリー-087フレデリックー104デルフィ・ステーション へ、破損したショウ―フジカワ超光速エンジンの「調査」のため派遣される。カートがエンジンに接近すると彼のスラスターパックが誤作動を起こし、彼は宇宙空間へ投げ出された。一ヶ月後、目を覚ましたカートはアッカーソンに会う。アッカーソンはデルフィ・ステーションでの出来事はカートを徴用するために仕組まれたことだと告げる。カートはスパルタンIII計画について知らされ、教官として志願者を訓練するよう命令される。アッカーソンは彼を中尉に昇進させ、スパルタンとしての過去を隠蔽するために姓である「アンブローズ」を与えた。

Section 2: スパルタンIII編集

オニキスにて、カートは497人の志願者にペリカン降下艇からの夜間高高度降下を命じ、訓練生を300人に絞る。志願者のロバートは怖気づいたシェーンをからかい、突き落とす。着地したシェーンはロバートに殴りかかるが、教官のフランクリン・メンデズ曹長らに引き離される。教官は「他の候補者もこんな感じだとよい」とコメントした。

数年後、カートはUNSC ポイント・オブ・ノー・リターン上でリッチ准将とパランゴンスキー中将に会い、スパルタンIIIアルファ中隊の戦果と全滅を知らされ、ベータ中隊の訓練を始めるよう言われる。プロメティウス作戦でシェーン達が殺される映像にショックを受けたカートは、訓練体制を改善し、SPIアーマーのアップグレードを要求した。しかしベータ中隊も魚雷作戦にてほぼ全滅する。生き残ったトム-B292とルーシー-B091はカートの働きかけにより、アッカーソンの反対を押し切ってオニキスでガンマ中隊の訓練を補佐することになった。死傷者を減らすため、カートはガンマ中隊の改造手術にて違法薬物を使用する。これらは脳化学物質を変化させ、攻撃性と耐ストレス性を高めるものだった。AI:ディープ・ウィンターはカートが発案者だとは知らずに薬物の使用に気付き、カートに警告した。だがカートは改造手術に関するファイルを消去した。

Section 3: 侵入者編集

2552年10月31日、ガンマ中隊のセイバー、カタナ、グラディウスの3チームは制限区域Zone67付近で演習を行っていた。彼らとUNSC人員は突如未知のドローンによる攻撃に晒される。惑星にいた数少ない人間たちはすぐに撃退され、生き残った者は新たな脅威と対峙する。

Section 4: キャサリン・エリザベス・ハルゼイ博士編集

Zeta Doradus星系に着いたキャサリン・エリザベス・ハルゼイ博士とケリー-087は、オニキスに接近するとドローンに攻撃され惑星に不時着してしまう。彼女たちは地表でセイバー・チーム、カート、メンデス曹長らと合流する。ハルゼイ博士はアルファ・ヘイロー事件での出来事に関するコルタナの記録から、ドローンをセンチネルと特定する。ハルゼイ博士は救援を要請する。コルタナがデルタヘイローから発したフォアランナー・ドレッドノートグレイブマインドに関する警告メッセージを利用する形で、地球にいるフッド卿にスパルタンの派遣要請を送った。

Section 5: Blue Team編集

ニュー・モンバサでのスリップスペース事件から2週間後、コブナント攻撃下の地球にてフレデリックー104ウィリアム-043リンダ-058 は、ハルゼイ博士の要請を受けたフッド卿によってオニキスへ派遣されることになる。コブナント駆逐艦ブラッディード・スピリット に侵入し、空気を船外放出して艦を制圧した。彼らはオニキスへ向かうが、途中ブルートとエリートの艦隊戦に巻き込まれる。なんとか避難しオニキスへ到着するが、今度はセンチネルに攻撃される。彼らはコヴナント降下艇で脱出し、生存者と合流する。その後センチネルの追跡を振り払いつつ、オニキスの制限区域へ向かった。

Section 6: The Ghosts of Onyx編集

デルタ・ヘイロー宙域ではコヴナントが内戦状態に陥っていた。エリートはハルゼイ博士の救援要請を傍受し、オニキスとフォアランナー遺跡の存在を知る。彼らはジョイナス・エグゼテーションに集結し、ジタン・ジャー・ワッティンリーを中心に ブルートとプロフェッツによる裏切りや今後の方針について議論する。シップマスターの1人であるVoro 'Mantakreeは他のシップマスターに、フラッドを警戒するとともにオニキスへ行くことを提案する。彼はフリートマスターに昇格し、駆逐艦18隻・巡洋艦2隻・空母1隻からなる艦隊の指揮権を与えられ、オニキスへフォアランナーテクノロジーの確保へ向かう。一方、超空母サブライム・トランセンデンスではグラントのクワッサスとエンジニアが、ウィットコム提督がリーチに遺していたノヴァ核弾頭を調べていた。ウィットコム提督の警告メッセージから、クワッサスはこれが危険物であると理解する。しかしエンジニアがこれの電子回路を「修理」してしまい爆発した。爆風は時速300kmでJoyous Exultation地表を覆い、惑星の月マールヘイムを粉々にした。これにより残りの艦隊は甚大な被害を受けた。

Section 7: Reclaimers編集

コブナント艦隊とUNSCの増援艦隊がオニキスに到着し、センチネルを交えた戦闘が始まる。戦闘でUNSC艦隊は、隠れて状況観測をしていたUNSC ダスクを除いて全滅する。一方、地上にいたハルゼイ博士たちはフォアランナーの太古の都市を発見する。ハルゼイ博士は、この惑星全体がフォアランナーがSharpened Shieldと呼んだシールドワールドであると結論づける。Sharpened Shieldはフラッドが拡散した際に起動されるヘイローから、フォアランナーを保護するするために建設された。

コヴナントの執拗な追跡を振り払いながら、彼らは惑星の中心部へ進んだ。ONIのAIはハルゼイ博士に、毎秒6機のセンチネルを生産するフォアランナー施設を破壊するよう促す。施設の無力化後、彼らはカタナ・チームの位置へ向かう。彼らは8つのスリップスペース・フィールド・ポッドを発見した。これらは人間の冷凍ポッドに相当し、ポッド内にスリップスペースを発生させ生命を維持するものだった。中には致命傷を負ったカタナ・チームの5人と、身元不明の3人がいた。惑星のコアへ向かった一向は、スリップスペースの割れ目を発見する。これはフォアランナーのテクノロジーによって通常の時空と切り離された縮小世界、ダイソン球への入り口だった。ウィリアム-043とホリィ-G003が戦死する。ウィリアム-043は数体のハンターを相手に格闘戦を挑み、全てを撃破した末に死亡した。その壮絶なる最期は敵であるエリートですら敬意を抱いた。ハルゼイ、トム、ルーシーと他のスパルタン達はダイソン球へ避難する。カートはコヴナントの追撃を食い止めるため、入り口に残った。彼はコアのドアが完全に閉まると、自分をMIA登録する。止めをさしにきたエリートのフィールドマスターに対し、「死ぬ……?知らないのか?スパルタンは不死身だ。」と言い放つと2発のフェンリス核弾頭を起爆した。

オニキス周辺に潜んでいたUNSC ダスクは、惑星表面がばらばらに裂けるのを目撃する。実は惑星全体が、ダイソン・スフィアを防衛する無数のセンチネルで構成されていたことが発覚する。地球と似た環境のスフィア内部では、ハルゼイ博士がスリップスペース・フィールド・ポッドについて説明する。ポッド内の人間はスリップスペースフィールドに置かれ、時間や外からの干渉の影響を受け付けない。誰がカタナ・チームをポッドに入れたのかは不明だ。フレデリック-104は広大な土地に置かれた生存者たちの指揮官となる。彼はハルゼイ博士たちにフォアランナーの遺物と脱出方法の捜索を命じた。ケリー-087は生き残ったスパルタンIIIをブルーチームに迎え入れ、「いいチームになりそう」と言った。

キャラクター 編集


誤り編集

エリック・ナイランド(Eric Nylund)は彼のBlog上で初版に多くの誤りがあることを認め、reprint版で修正することを発表した。[2]

正誤表編集

  • On pages 260 (chapter 29) and 367 (chapter 39), MA5B is misspelled as MAB5.
  • On pages 56-57, the dates that they looked for Spartan 051-Kurt span 4 years. The year in the beginning of the chapter is November 7 2531. In the after action report it says that they looked for Kurt and were joined on 1/13/2335 at 1105 hours, by the UNSC frigate Tannenberg.
  • On pages 51 and 314, UNSC is misspelled into USNC
  • On page 320, Holly is misspelled as Holy.
  • On page 287, Commander Lash mentions a watch given to him by his father upon graduation of OSC, but it is likely that he graduated from OCS, or Officer Candidate School.
  • On page 211, "dents" is misspelled as "rents".
  • On page 67 the date given is December 27, 2531. It states Kurt had been developing a training regime for the Spartan IIIs for 6 months. However, according to page 57, he had become involved on December 14, 2531, a mere 13 days prior.
  • On page 79 the date is listed as July 30, 2537 and states it has been 15 years since the indoctrination of the Alpha Company of Spartan IIIs, when in fact that would only be 5 years later.

Sources 編集

  1. Halopedian Strongbadrunner contacted Eric Nylund, and he said the notation of her as G122 was an error.
  2. http://www.ericnylund.net/2006/11/quick-fix.html

External links 編集

Haloに関する書籍
小説 ファール・オブ・リーチザ・フラッドファースト・ストライク
オニキスの亡霊コンタクト・ハーベストコール議定書
コレクション Halo:エボリューションフォアランナー・トリオロジー
言及 アート・オブ・ヘイローアート・オブ・ヘイロー3ヘイロー百科事典
公式攻略ガイドブック Halo:コンバット・エボルヴヘイロー2ヘイロー3ヘイロー・ウォーズヘイロー3 ODST

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

FANDOMでも見てみる

おまかせWiki