Fandom

Halopedia

Halo 2

2,396このwikiの
ページ数
新しいページをつくる
コメント0 シェアする
Halo 2
Halo2xbox box art jpn.jpg
開発元
Bungie Studios
北米発売日
2004年11月9日
日本発売日
2004年11月11日
ジャンル:
First-person shooter
ゲームモード:
Campaign Mode, multiplayer
対応機種:
Xbox
メディア:
DVD

ヘイロー 2(Halo 2)は、バンジースタジオにより製作されマイクロソフトにより2004年に発売されたXbox用ゲームソフトである。本作はHalo: Combat Evolvedに続くヘイローシリーズの第二作目となる。

また、Windows Vistaへの移植版である『ヘイロー 2』(Halo 2 for Windows Vista)が、2007年6月21日に発売された。

ストーリー 編集

マスターチーフらの活躍により、全宇宙上に存在する知的生命体の存亡を脅かす究極の兵器『HALO』(ヘイロー)は跡形も無く破壊された。しかし、コヴナントの地球侵略は目の前のものとなっており、マスターチーフはジョンソン軍曹と共に地球に帰還。地球防衛プラットフォームである「ステーション・カイロ」にて新装備の受領とセレモニーに出向くが彼らの帰還後まもなくコヴナントの地球侵攻が始まる。 マスターチーフらは地球に降下したコヴナント軍を退けるため、その団体の指揮官である『預言者』の確保を目指すが、預言者の船はワープで逃走を開始してしまう。チーフを乗せた地球軍のフリゲート艦の艦長である「ミランダ・キース中佐」はすぐさま預言者の船の追跡を開始。その過程で宇宙の彼方にあるリング形状の惑星、ヘイローを発見する。ヘイローはひとつだけではなく、他にも多数のヘイローが存在した。 それらのヘイローをすべて発動させることにより、『大いなる旅立ち』 いわゆる救済への道が開かれると確信するコヴナントは、預言者を追跡してきた地球軍やフラッドの妨害を受けつつも、インデックスを入手し残るすべてのヘイローを待機状態に移行させることに成功する。 マスターチーフは ”大いなる旅立ち” つまり全宇宙の生命体を絶滅させる引き金を引かせないために、預言者を追跡しフォアランナーの古の船に乗り込み、預言者と共に地球へと帰還した。

キャンペーン レベル 編集

Smallwikipedialogo.png このページの内容は、ウィキペディアから取られています。オリジナルの記事は、Halo_2にあります。この記事の著作権者のリストは、ページの履歴を御覧ください。Halopediaと同じく、ウィキペディアのテキストは、GNU Free Documentation Licenseで提供されています。



登場人物編集

主要人物編集

UNSC

コヴナント

異端者

フォアランナー構造体

フラッド

その他登場人物編集

UNSC

コヴナント

フォアランナー構造体

装備編集

火器編集

Main Article: Weapon

UNSC軍の装備編集

フォアランナー軍の武器編集

コヴナント編集

一般装備編集
ジラネルハイ用装備編集

車両・兵器編集

Main Article: Vehicles

UNSCの兵器編集

使用可能編集
使用不能編集

コヴナント兵器編集

使用可能編集
使用不能編集


ヘイローワールド ゲーム
Haloトリロジー Halo:コンバット・エボルヴ(アニバーサリー) • Halo 2(アニバーサリー) • Halo 3
リクレイマー サガ Halo 4Halo: Spartan AssaultHalo:Spartan Strike
今後登場予定のHaloシリーズ Halo 5Halo 6
その他のHaloシリーズ Halo WarsHalo 3: ODSTHalo: Reach
マルチプレイ用 Halo Custom EditionHalo 2 Multiplayer Map PackHalo 3: Mythic
PC/Mac Halo PCHalo 2 ビスタ
コレクション Halo: The Master Chief Collection
開発中止のタイトル Halo: ChroniclesHalo MMOHalo DS

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

Fandomでも見てみる

おまかせWiki