FANDOM


Perfect White UNSC logo
UNSC Timeline
History of the UNSC
Pre-UNSC Period
第二次世界大戦 (1939 - 1945)
国連創設 (1945)
惑星間戦争 (2160-2200)
ジョヴァンムーン作戦 (2160)
雨林戦争 (2162)
火星戦争 (2163)
インナーコロニー戦争 (2400)
エリダヌス反乱 (2511 - 2524)
大反乱時代 (2524)
マモレ反乱 (2537)
コヴナント戦争 (2525 - 2553)
コヴナント内戦 (2552 - 2553)
第2次コヴナント戦争 (2557 - 25??)


Main Article: United Nations Space Command

United Nations Space Command(UNSC)は、HALO世界で人類を統括する機関であり、人類に対し脅威が迫るとこれを退け人類を守る役割を果たす。

Formation編集

惑星間戦争編集

UNSCが発足する元となった惑星間戦争は、Earth、火星等太陽系全域に戦火が拡大した。国連軍と対峙したのは「ウラジミール・コズロフ」支持者たち。通称”コズロフ派”と呼ばれる組織と統合ドイツ共和国の複数企業から支援されていた”フリーデン”の2つの組織である。彼らがイオの国連コロニー顧問を襲撃したことに端を発し、西暦2164年までに地球、火星で激戦が繰り広げられたが最終的に国連軍が勝利を収め、地球統合政府(Unified Earth Government)の設立によりそれらは終息した。しかし、この戦争後人類は深刻な事態に直面する。南米の大破壊とそれによる飢餓、人口の爆発的増加により経済の悪化が懸念されることになった。

恒星間の植民地化編集

2160年代の地球統合政府(Unified Earth Government)設立により終結した内戦後、人類は新たな拡大を開始した。すなわち、2291年に開発されたショウーフジカワ光速エンジンによるスリップスペースによる遠方への旅行、移動が可能になったのである。それを受けたUEGは人類を太陽系外部の惑星に入植させる準備を行った。2310年に船団の発表を行い、2362年にオデッセイが出発後次々と惑星を発見、開拓していった。その中でも惑星リーチの発見は大きかった。UNSCはこの惑星に軍事基地と訓練施設を開設。軍事拠点として急速な拡大を図った。それ以降2490年代までに800以上の植民地を持つようになり、インナーコロニー、アウターコロニーの形成に至った。インナーコロニーは政治と経済の中心となり、アウターコロニーはそれらに原料、食料を供給する重要な役割を果たすことになった。この時点で人類はきわめて安定していった。

インナーコロニー戦争編集

UNSCは2400年代のインナーコロニー戦争に参戦した。これまでの戦争と比べ物にならない戦いであったといわれる。この戦争でのフォーマットされていないニュース報道により多くの市民を不安に陥れたと言われている。[1]

関連リンク編集

引用編集

  1. Second Sunrise Over New Mombasa

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

FANDOMでも見てみる

おまかせWiki