FANDOM


インナーコロニー(英語名:Inner Colonies)はUNSCによってテラフォーミング化された最初の惑星群で、惑星間戦争後の地球の人口過剰を抑制した。その数は2390年までに210以上に上っていたとされる。

歴史 編集

これらの惑星群は2310年~2490年の間にテラフォーミング化され、人類の殖民惑星として開発された。この間に発見された惑星リーチUNSC海軍陸軍等の軍事拠点として重要な役割を担った。インナーコロニーは人類の政治、経済の中枢として機能しており、UNSCの重要な補給拠点としても機能を果たした。この2490年までの間にアウターコロニーと呼ばれるインナーコロニー群に食料や工業用原料等を供給する役割を果たす新興コロニーが誕生していった。

多数のUNSCの艦船はインナーコロニーを守備する目的でアウターコロニーに配備された。ハルシオン級巡洋艦 ピラー オブ オータム位の旧式艦であっても、修理され前線に配置された。

リーチ攻防戦が起こった2552年8月末の大規模な攻撃で惑星リーチは全滅したが、この攻撃は本来、攻撃を受けるはずであった多くのコロニー群を無視したものであり、多くのコロニーはこのため、生存しているものと見られている。

インナーコロニーの戦乱 編集

26世紀のコヴナント戦争以前にインナーコロニー戦争と呼ばれる、詳細不明の戦争が発生していたということは知られている。名称がこれであるというだけで、唯単に惑星間戦争の事を指しているのかもしれない。

既知のインナーコロニー群編集

イプシロン・エリダニー星系

太陽系

エクタヌス45 星系

シグマ・オクタヌス星系 -現状不明。おそらくUNSCが統制

所属星系不明の惑星

関連リンク編集

情報源編集

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

FANDOMでも見てみる

おまかせWiki