FANDOM


This article is about the civil war. For the loosely-organized insurrectionist factions, see Insurrectionist.


被害を最小に見積もっても、戦争は30年に及び、50億人の死者が出る。

最悪の場合の被害規模は計り知れなかった。

終わりなき戦争、そいて暗黒時代の再来となる。

-キャサリン・ハルゼイ博士

  
Cquote1.png ウィリアム・バトラーが言う: '中心を握ることなど出来ないのだ' [1] Cquote2.png


反乱時代[2]地球などで国連宇宙軍複数の反乱軍反乱軍部隊アウター・コロニーにおいて43年もの長きにわたって継続された大規模な内乱である。この反乱の発端はコロニー管理局の官僚の肥大と汚職、各アウター・コロニーの統治を監督する人間に対する不満が高まったことである。 初期は極めて平和的なデモなどから始まり、UNSC政府との交渉も続いていたが、やがて不満を爆発させた一部のグループが強硬論に出てテロ行為に打って出た。テロ事件が始まった時、外交による交渉は事実上決裂した。[3]

その規模は2524年には100万人にも達しており、各反乱軍の組織はUNSCによる鎮圧に対抗するべく即席の爆破装置の使用によるテロや知名度の高い目標に対する攻撃を行った。惑星リーチ軌道上の事件が特に有名な事件の一つである。 反乱軍はUNSCの軍事基地などを目標に激しい攻撃を加え、その勢力に民間人を多数含めながら攻撃を継続する。だが、UNSCの圧倒的な武力の前にその作戦のほとんどが大敗に終わり、参加した多くの市民らが犠牲となった。 やがて、反乱はエリダヌス星系などごく少数の惑星を中心として少しずつ拡大していった。[4]

歴史編集

アウター・コロニー反乱編集

Origins rebel.jpg

大群衆に訴える反乱軍指揮官

Origins bomb.jpg

発生するテロ事件

各コロニーでは反乱がはじまりを告げていた。これに対してUNSCはオリオン計画を始動させた。反乱軍市民に対して効果的に戦うためである。それから1年後の2492年にUNSCは核兵器によって反乱軍を鎮圧する作戦に乗り出した。

カリスト事件編集

Main Article: Callisto Incident

コールが乗艦していたUNSC ラスベガスを含めた3隻の艦隊は先に乗っ取られたUNSC カリストに対して攻撃を開始するべく、捜索を指令された。2494年3月2日に発見したカリストに対してUNSC戦闘群は一斉攻撃を開始、対するカリストは核兵器を使用して戦闘群の1隻であるUNSC ブエノスアイレスを破壊し、ラスベガスなどは甚大な損害をこうむった。

特にラスベガスでは艦橋要員(艦長を含む多くの将兵達)が一度に失われており、コールが臨時に艦の指揮を執った。

この戦闘でコールは奇策を使い、カリスト事件の収拾に一躍買ったのであった。

コールとベルリコース編集

2501年6月にフリゲートベレロホンが反乱軍に拿捕された。これを受けてUNSC ゴルゴン(司令官コール)はゼータ・ウラサエ・マジョリス星系にて追撃戦を展開するが逃げられる。やがて、2503年6月に惑星の引力に捕捉された隙にUNSC艦艇4隻の集中砲火を受け、破壊された。(UNSCの公式記録。実際は破壊出来なかったようだ。)この戦闘後、コールは内地に異動された。破壊された筈のベレロホンを旗艦とする反乱軍艦隊はペシ・セルペンティスの戦いにおいてコヴナント相手に勇戦し大損害を与えている。

Operation: TREBUCHET編集

Main Article: Operation: TREBUCHET

Operation: TREBUCHETはUNSC史の中でかなり長引いた作戦である。この作戦は10年余りにわたって続けられた。

エリダヌス・セクンドゥス侵攻編集

Main Article: Assault on Eridanus Secundus
Origins Spartan.jpg

作戦中のスパルタンII部隊

2525年SPARTAN-II部隊(John-117がリーダー)は反乱軍の指揮官であるロバートワッツ大佐ラデン号に搭乗していることを知る。

反乱軍の基地に侵攻、ワッツの護衛部隊を壊滅させた後、ワッツを逮捕した。離脱する際、爆発によって何十人もの市民が犠牲となった。

ニューホップ基地強襲編集

Main Article: Raid on Camp New Hope
Origins fire.jpg

UNSCの爆撃により炎上する都市

2531年、国際反乱軍はSpartan-IIブルー・チームを大きくかく乱する戦法に入り、ジェファーソン・ステーションに対する破壊工作やURF Origamiを使っての惑星リーチ襲撃と地球のミクロネシアにある高性能爆薬製造工場の本格稼働など・・[5] やがて、反乱軍がフェンリス核弾頭3発が貯蔵されていたニューホップ基地を制圧したという知らせが入る。ONI部隊はUNSCに救援を要請、ジョンフレデリックケリーリンダカートの5名のスパルタンが出撃する。この過程で反乱軍指揮官の一人ハワード・グレーブス大将が死亡した。

エリダヌス・セクンドゥスの虐殺編集

Main Article: Massacre at Eridanus Secundus

2552年9月12日にダンウォース・ウィットコム提督とスパルタンII部隊、コルタナハルセイ博士ハーバーソン中尉らがゲティスバーグ-アセンダント・ジャスティスに乗って来航する。ジョンは27年前にこの基地の捜索を担当していた。

暫定合意後、ジャイルズ知事はこの艦を収容し、修復する。やがて、コヴナント艦隊が来襲し惑星を徹底的に破壊しつくした。その直後にウィットコム提督は地球に大艦隊襲来の可能性があるという警告を送信し、彼らはスリップ・スペースに突入、離脱する。

遺贈 編集

皮肉な事に、UNSCコヴナント戦争に勝利した理由にはこの内乱が深くかかわっているとされる。 コードネーム:SURGEON2552年コール提督の発言を記載した報告書を提出していた。:[6]

Cquote1.png History looks upon this time as an unfortunate (and perhaps inevitable?) misunderstanding between Earth and her colonies, but those fighting for the last decade also realize that it was the most amazing piece of blind fortune the human race has ever stumbled upon. Had we not been armed and learning how to fight in space... what would have happened in the years that followed, when we faced an enemy a hundred times worse? Oblivion, no doubt. Cquote2.png

UNSCの最終的な勝利の理由は、大分裂がコヴナント帝国で起こったことや、MACチタニウムA装甲による艦艇の強化、対艦戦闘戦術の進歩、SPARTAN-II強化兵士の活躍などで、コヴナント相手に有効な打撃を与えたことが証明されたという。

反乱軍の活動が確認された星系、惑星編集

タイムライン編集

2491年編集

2492年編集

2494年編集

  • カリスト事件 - 反乱軍がUNSCコルベットカリストを占拠。後にUNSC戦闘群と交戦しUNSCの駆逐艦3隻を撃破するが、最終的にカリストの反乱軍クルーは投降する。
  • 反乱軍がクーデターを引き起こし、エリダヌスIIの支配権を得る。[7]

2496年編集

  • UNSC軍がEridanus II奪還作戦を開始するが、ONIなどによる反乱軍基地の場所特定に失敗する。以後30年余りの間、反乱軍の隠れ家として使われた。[7]
  • CHARLEMAGNE作戦 分裂連合が決定的打撃を与える[8]

2501年編集

2502年編集

2504年編集

2513年編集

2517年編集

2524年編集

2525年編集

  • エリダヌス・セクンドゥス強襲 - SPARTAN-II部隊がワッツ大佐. 捕獲の任務のため、送り込まれる。[12] やがてコヴナント戦争が勃発する。
  • Jericho VIIでの反乱軍拠点討伐に、スパルタン部隊が送られる。
  • Operation: TREBUCHET はコヴナント戦争勃発後に終結に向かう。ハーベスト作戦後、UNSC内部の反政府勢力は一気に勢いを失う。反乱軍は、人類に対する現実的な保護を行うのはUNSC以外存在しないことを知り、多くが抵抗をやめて防衛戦力を提供する。だが、一部はコヴナント、UNSC双方から身を隠して抵抗を続けた。[13]

2531年編集

2535年編集

2537年編集

2552年編集

  • ハーモニーコロニーにて貨物船2隻がドライドックより強奪される。
  • 反乱軍の活動範囲は拡大、ハイジャックを試みた武装勢力がノーブル隊の介入によって驚愕する事態があった。
  • エリダヌス・セクンドゥス虐殺: 反乱軍がUNSCに協力していた所、コヴナント艦隊に攻撃され全滅する。UNSC軍は撤退。

2553年編集

情報源編集

  1. Halo: Evolutions - The Impossible Life and the Possible Death of Preston J. Cole, page 418, from Preston Cole's essay in March 2481
  2. 2.0 2.1 Halo: Contact Harvest
  3. Halo: Contact Harvest, page 61
  4. Halo: Ghosts of Onyx
  5. Halo: Ghosts of Onyx, page 36-37
  6. Halo: Evolutions - Essential Tales of the Halo Universe - The Impossible Life and the Possible of Preston J. Cole, page 457
  7. 7.0 7.1 Halo: The Fall of Reach, pages 17-18
  8. Halo:百科事典, 44-45ページ
  9. Halo: Evolutions - Essential Tales of the Halo Universe, The Impossible Life and the Possible Death of Preston J. Cole, page 453
  10. 10.0 10.1 Halo: The Fall of Reach, pages 75-77
  11. Halo: Contact Harvest, page 112
  12. Halo: The Fall of Reach, page 83
  13. Halo: First Strike

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

FANDOMでも見てみる

おまかせWiki