Fandom

Halopedia

James Ackerson

2,396このwikiの
ページ数
新しいページをつくる
コメント0 シェアする
James Ackerson.png
ジェイムズ・アッカーソン
Biographical information
Homeworld

地球

Date of death

2552年11月

Physical description
Rank

大佐

Gender

男性

Chronological and political information
Era(s)
Notable Facts
Affiliation

国連宇宙司令部 陸軍

  [Source]

ジェイムズ・アッカーソン (James Ackerson) 大佐はUNSC陸軍の仕官でありONIのメンバーである。彼のキャリア・サービス・ヴィタエによると3つのコヴナントとの戦闘を生き延び、多くの秘密作戦に志願したとされる。この後、彼はONIとUNSC陸軍との関係を維持しながらも、ONIに連絡将校として採用された。[1]

背景編集

幼年時代編集

彼は幼き頃に、弟のルワン・アッカーソンと遊ぶことが多かった。彼らは遊ぶとき、ドラゴンと戦う様を想像していた。そして、この想像が進むに連れて彼らは架空のオセアニアの鍵を作った。[2]

訓練編集

彼はブートキャンプに居た間、Cyrus VIIにてTwykerと共に訓練に励んだ。やがてアッカーソンはTwykerから資金を借り受け、以後もその関係を維持したという。

SPARTAN-III Program編集

"貴方が生きる為の時間の取引をしたい"
—パランゴスキー提督
"イエス、マダム。これは兵士の仕事ではありませんか?"
—アッカーソン大佐

2531年に彼はスパルタンIII計画の概念をONIアーロン G.ギブソン大佐ネッド・リッチ少将マーガレット・O・パランゴスキー中将らに提示し、承認された。その為野戦部隊からデスクワークへと変更がなされた。彼はこのとき動揺していた。なぜなら、彼は野戦部隊での危険な仕事を好んでいた為だ。[3] アッカーソンはスパルタンIIIの教官としてカート-051を選んだ。

対立編集

アッカーソンがスパルタンIII計画を率いた頃、幾つかの重要なプロジェクトと競合し始めていた。彼はその間、政治的策略に努力を傾けた。彼は尊大で、上官であるニコラス・シュトラウス少将のような高位の士官でさえも彼にへりくだっていた。

アッカーソンはONIにおいて幾つかの重要なプロジェクトのリーダーを務めた。しかし、彼が関与するプロジェクトはキャサリン・E・ハルゼイ博士のプロジェクトと資金を巡る競争を発生させた。彼は長年の間スパルタン-II計画と競争する羽目になった。彼はUNSC保安委員会のメンバーであり、HIGHCOMにおける特殊武器開発にも関った。彼にはAI Araqielが居た。Araqielをスパルタン-II計画に潜り込ませ、ハルゼイの監視に使用した。[4]

ジョン-117ミョルニル・アーマーのテストにおいて、アッカーソンはハルゼイが提案した以上の脅威・・・ロータス対戦車地雷、ODSTの分隊、3基の30mmチェーンガン、そして スカイホーク爆撃機までも持ち出した航空攻撃・・・を訓練場に配備させたのであった。この脅威によって有能なるスパルタンを中程度に負傷させられると判断したのだ。彼の目的は、これによってジョンを抹殺するか、ハルゼイを屈辱を与えるという物であった。しかし、この策略はジョンの成功によって完全に失敗し(それでもジョンは負傷してしまったが)、最終的にコルタナが彼個人のコンピューターに侵入し彼の口座から多額の金をギルガメッシュの売春宿に入金させ、しかもその通知が彼の家に届くよう(しかも彼の妻に請求が送られてしまった)細工を施す事によって報復されてしまった。[5]最終的に彼はこの疑いを晴らすことが出来た。

キャッスル基地にあった彼のコンピューターによって、ハルゼイ博士スパルタン-III計画のフォルダーS-IIIを発見する。その内の一つにはCPOMZのラベルが貼られており、星図が含まれていた。これはフランクリン・メンデス上級曹長の関与によるものだ。

S-IIIフォルダには"KING UNDER THE MOUNTAIN"というフォルダも含まれていた。そこにはCASTLE基地とメナシテ山の完全な調査記録が含まれていた。ONIに接収される前にこの山には鉱山が存在した。ハルゼイがフォアランナー・クリスタル・アーティファクトを発見したのもこの死火山であった。ハルゼイはこれをスパルタン-IIIのオニキスへの配備の為に使用した。

2552年、彼は最前線のポストへと異動する予定であった。しかし理由は不明であるがその命令は取り消され、彼はUNSC保安委員会に留まった。[6]

The Battle of Mare Erythraeum編集

アッカーソンはUNSC保安委員会にポストをおきつつも火星において発生した戦闘で士官として戦った。彼の部隊は侵攻してきたコヴナント正統派軍を相手に奮戦するも敗北。彼は戦闘中に捕えられ、フュリーアス・リデンプション艦隊ジラネルハイ 司令官レピドゥスの座乗艦トライアンファント・ディクラレーションに連行された。

レピドゥスたちによる尋問のさなか、彼は架空のオセアニアの鍵の存在を告げ、これが彼らの目的に合ったことから、艦隊はオハイオクリーヴランドに侵攻する。コヴナントは”鍵”を探す為、街を攻撃するが破壊はしない。これは街の生存を確実にさせる為の嘘であった。そして、それはルワン・アッカーソンによって街からの脱出に活かされた。この結果、コヴナント軍の地球攻撃は遅延する。

コヴナントがオセアニアの鍵自体存在しないと知ったとき(この時既に異端審問大臣が彼が乗っていたハービンガー・オブ・ピエティと共に破壊されていた)アッカーソンは殺害される前に架空の存在の為に彼らの戦争を犠牲にしたと言い、コヴナントを嘲るために最後の時を使った。

脚注 編集

  1. Halo: Ghosts of Onyx, page 59
  2. Halo: Uprising, Issue 3
  3. Halo: Ghosts of Onyx, page 43
  4. Halo: First Strike, page 127: Facets and hard shimmering planes fit together into curled horns, an elongated jaw, and over-sized eyes that flickered with holographic fire. It turned and smiled at Dr. Halsey, baring razor jags of teeth. "Civilian consultant 409871," it said in a deep bass rumble that contained a crackle of thunder. "Doctor Catherine Halsey." "Araquiel," she muttered. "Did your master leave you behind when he was reassigned? Don't you have anything better to do than steal data from my SPARTAN program?"
  5. Halo: The Fall of Reach, pages 266-268
  6. Halo: First Strike, page 101, Wagner thought Ackerson had been reassigned to a front-line post. Apparently he'd squirmed out of it.

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

Fandomでも見てみる

おまかせWiki