FANDOM


テンプレート:Align

Kelly without Helmet Forward Unto Dawn.png
ケリー
Biographical information
Spartan Tag 087
Homeworldインベル[1]
Birth date2510年9月21日[1]
Physical description
Gender女性
Height211 centimetres (テンプレート:Convert/LoffAonSoffAnd) (In armor)[1]
Hair color茶色
Eye color青色
Cyberneticsスパルタン・ニュートラル・インターフェイス
Affiliation and military information
Affiliation統合地球政府
Rank二等兵曹
Specialty偵察/重火器による支援
Battlesコヴナント戦争

戦後時代

ClassClass I: 2525
[Source]


"ケリーはスパルタンで最も素早い"
カート-051

ケリー-087二等兵曹又は正式な名前ケリー・シャドック[1]SPARTAN-IIスーパーソルジャーの一員で、ジョシュアサミュエルリンダフレッドジョンと仲が良かった。彼女は一時行方不明となっていたが後にオニキスで他のスパルタンと合流する(ジョンとは合流できなかった)彼女は他の生き残りのスパルタンIIとSPARTAN-IIIらと共にマイクロダイソン球に閉じ込められていたが、後にONIの艦艇(UNSC GlamorganUNSC Port StanleyUNSC Belleisle).[2] ジョンの友人である彼女は、MJOLNIRアーマーを纏ってスパルタンの中では恐ろしい機動性を持っていた。彼女は、2558年までに201の作戦(124のキャンペーン)に従事していた歴戦の兵士であった。[1]

人格編集

彼女はスパルタンの中では非常に速い人物であった。なんと、バーストを含めて62 KPH (38.502 MPH)という速度で行動することが出来たのだ。これは全てのスパルタン中で最速を誇り、高速反射神経も備わっていた。迅速、かつ正確に他のスパルタンより速く任務をこなす事も可能であった。が、任務の前に他のスパルタンに合わせて速度を大幅に落とす必要があった。何度と無く負傷してきているが、彼女は痛みに対して寛容であった。完全に回復するまで時間を管理し続けていた。

彼女は若い時、髪を青色に染めていたが、やがて彼女はジョンより背が高くなり、長い時が経った頃には元の色に戻っていたようだ。彼女は、チームの状況や使命を超えたシニカルなユーモアのセンスや亀裂ジョークなどを持っていた。味方部隊の攻撃の為のトラップとして、その速度を活かして囮になる事もあった。このため、彼女はチーム内で「ウサギ」と呼ばれ、攻撃をリードする役目を持っていた。

伝記編集

子供時代編集

ケリーは2511年9月21日インナーコロニー界のインベルにて生まれた。彼女が6歳になったとき、彼女の物理的、知的に優れていた事からキャサリン・ハルセイ博士によってスパルタンII候補生の一人として選ばれた。彼女は捜索チームガンマの追跡を6時間にわたって逃れ続けた。が、最終的に彼女の誕生日の為のゲームであると判断し、自ら進み出たのであった。[3] 彼女がリーチに送られた後、フラッシュ・クローンが身代わりとして残された。

SPARTAN-II計画編集

スパルタン訓練の初日に軍事訓練用地 01478-Bにてケリーはサミュエル、ジョンとチームを組む。しかし、彼女達のチームはチームワークが取れておらず、最後の地点で訓練を完遂することが出来なかった。そのため、罰として夕食を食べることが出来なかった。その翌日、ケリーはジョンとサミュエルの倍の速度でプーリーリフトに到達し、彼女の速さを見せ付ける形となった。彼女達のチームは一番最初に到着できず、三番目に到着した。彼女の素早さが戦略の重要な要素となるのであった。彼らはこの時から親しい友人となった。他の3人のスパルタン候補生の髪の毛が剃り落とされたと知ったケリーは頭を剃る前にその"犯人"を突き止め、床屋をやっていたバリカンを持った曹長を武装解除させた。

ケリーたちはこの後2517年~2525年にかけてエメラルド・コーヴカイロン・テストステーションハイランド山軍荒地訓練用地にて訓練を重ねた。

その後、彼女ら候補生達はスパルタンII強化手術ONI医療施設ステーション内にて受けた。ケリーは一応適合したが、瀕死であった。適合した候補生の中で一番回復が遅かった。が、この手術の結果、彼女は更に速く走る力を身につけた。ジョンは"殆ど手を触れる事もできない。彼女が僕らを欲しないのであれば、誰であろうと彼女に触れる事もできない"と述べた。

戦争初期の経歴編集

Main Article: Raid on the Third Fleet of Glorious Consequence
Kellymarkivfallofreach.jpg

マークIVスーツを身に纏ったケリー

"この場所を去ることになるとは・・・非常に残念です。まだ残っているのに・・・"
—ジェリコVII攻防戦後のケリー
"他にも戦う場所はあるさ"
ジョン-117
"そうでしょうか?"
—ケリー

2525年、ケリーはスパルタンIIとして始めての任務をエリダヌスIIにて遂行した。彼女はジョン、フレッド、サミュエル、リンダと共にLadenに乗り込み、エリダヌス・セクンドゥスに潜入。エリダヌス反乱軍の指揮官ロバート・ワッツ大佐の確保が任務の目的であった。任務は無事成功する。

2525年11月27日、ケリーと他のスパルタン達はチ・セティ星系ダマスカス・テスト施設に向かい、MJOLNIR Mark IVアーマーを入手する。それから数時間後、コヴナントとの戦闘で友人であったサミュエルを失う。[4]

2526年、ケリーはジョンたちとブルーチームを編成し、シルシニウスIVのコルブロ軍事科学アカデミーに向かう。 シルシニウスIVが攻撃を受けており救難信号を受信した為であった。ケリーとフレッドは脱出用のペリカンを確保し、生存者の救助を容易にする。彼女達は救助された候補生達(トーマス・ラスキーエイプリル・オレンスキーミッチェル・サリバン)らに素顔を見せる。サリバンから年齢を尋ねられるが、彼女は"機密事項だ"と述べて答えなかった。[5]

2535年、ケリーはジェリコVIIに向かう。彼女はブルー2として1,000名のアンゴイによる第105降下ジェット小隊壊滅に対する報復攻撃を行った。しかし彼らは数日後、コヴナント艦隊のガラス化によって撤退を余儀なくされた。

2544年[6]ケリーはONI主導の作戦に他のスパルタン(ソロモン、アーサー、フレッド、ジョン、そしてケリー)と共に投入された。彼女達はコヴナント軍制御宙域にブースターフレームで奇襲を仕掛け、コヴナント艦隊に奪取されたパッケージを奪還する任務に就いた。しかしこの途中、アーサーソロモンがコヴナント艦隊の攻撃で戦死。犠牲を出しつつも、コヴナント艦隊の旗艦に侵入、"パッケージ"(キャサリン・ハルセイ博士)を奪還する。スパルタンらは無事ハルセイを連れてステルス艦 と合流する。

2552年、ブルー2として彼女はシグマ・オクタヌスIVに向かう。この時、戦闘が惑星内と軌道上で発生していたのである。ジョンの部下としてHAVOK核弾頭をコヴナントが占領した都市コートダジュールの地下に設置し、都市に侵入する。彼らの作戦は無事成功し、ペリカン降下艇に乗り込み、UNSC Leviathanと合流。リーチへ帰還する。

リーチ攻防戦編集

Main Article: Fall of Reach

彼女はUNSC Pillar of Autumnに搭乗し、指導者層のサンシュームを捕獲する作戦に投入されることが決まっていた。が、その直前にコヴナントがリーチに来襲した。彼女は急遽フレッドのレッドチームに編入され、レッド2としてリーチに向かう。彼らの任務はMACキャノンの発電施設防衛であった。レッドチームが乗るブラボー001はリーチ地上に向け降下を始めた。が、そこにブラボー1を狙ったプラズマ砲火が襲い掛かり、被弾。ブラボー1は墜落してしまう。彼女達は離脱を余儀なくさせたが、この一連の出来事でケリーは負傷してしまい、多くの搭乗者も負傷してしまった。[7]

やがて彼女達はODG施設A-331に集合することが出来た。そこでダンフォース・ウィットコム 中将からのメッセージを受信した後で、フレッドはケリーとジョシュアの二人を指名してアルファチームを急遽編成。彼らはバンシーを奪い、ヒューリー戦術核を持ってコヴナント艦の重力リフトに投げ込み、これを爆破する。彼らはコヴナントのLZを破砕出来たが、ジョシュアはその作戦中撃墜され、以後MIAと認定された。[8]

彼女とフレッドはベータチームのスパルタンがODG施設で全滅したと判断し、デルタチームの元へ退却する事を余儀なくさせた。退却中、2匹のハンターレイス等の妨害に遭遇し、突破する為にレイスを奪取しキャッスル基地に向かう。そこにデルタチームは隠れていたのであった。フレッド達はヴィンアイサックウィリアムと合流する。5人のスパルタンは基地に入ろうとしてOly Oly Oxen Freeをスピーカーに流すがハルセイ博士が基地に居る事を知り、入る事が出来なかった。[9]

ケリーの負傷の度合いはかなり酷かった。命を脅かす危険性もあるほどであった。(肝臓からの出血、中程度の発熱と低血圧症、肺の一つが完全に崩壊していた)しかし、ハルセイはケリーがこれだけの致命的な負傷を負っていたにも拘らず、今まで戦い、生き延びた事を指摘した。[10]

コヴナントは直ちに攻撃を開始し、ハルセイ博士はやむを得ずホワイトグローブ作戦を開始させた。スパルタンたちに改良されたミョルニルアーマーを提供したが、認定されていない物であった。"ケリーは、攣縮の応答時間向上と速度向上を与えられ、彼女の神経誘導回路が改良された。"[11] スパルタン達はその後フォアランナーの洞窟を発見するまでの数日間、閉じ込められたままであった。5名のスパルタンとハルセイはフォアランナー・クリスタルアーティファクトを発見する。コヴナントも同時に現れた為にハルセイ達は退却を余儀なくさせた。コヴナントは三角測量により、位置を確認していたのであった。真上には重力リフトが設置され、発掘準備に入ったのである。退却するのと共に梱包爆薬を起爆させたが、ヴィンとアイサックの二人が姿を消す。彼らはジョン-117、アントンウィットコム提督らに救助されるまで数日間再び洞窟内に閉じ込められてしまう。この最中、彼女はハルセイを守る為に2匹のハンターから放たれた燃料ロッドガンに被弾してしまう。[12] 損傷が酷く、体の72%が火傷を負った。回復の為にDermacortic ステロイドを必要とした。

ケリーはやがてスピリット降下艇によって捕獲したコヴナント艦アセンダント・ジャスティス-UNSC Gettysburgに移送された。そこで治療が施された。その後、彼女達はジェイコヴ・ジャイルズベアトリス ( 引退したステルス船でジャイルズの艦隊の旗艦であった)を奪取しスリップスペースを経由してオニキスに向かう。[13]

オニキス編集

Main Article: Battle of Onyx
Kelly2.JPG

オニキス攻防戦中のケリー

"彼らは何故そう・・・落ち着いているのでしょうか?"
カート少佐に対してケリーの発言

11月3日、ケリーとハルセイ博士は惑星オニキスに到着した。(この時、彼らが徴用していたチロプテラ級ステルス艦ベアトリスは大破してしまった)そこで彼らは過去に担当教官であったSCPOメンデスと再会し、現地に残るスパルタン-IIIとスパルタンIIらと合流する。彼女はスパルタンでは最も俊敏である事からオニキス・センチネルの"囮"として連れて来られたようだった。後にウィル-043リンダ-058、フレッド-104が到着し、彼らはセンチネル製造施設を攻撃し、これを破壊する。そして彼らはコアルームにテレポートする。

この時、フリートマスター Voro Nar 'Mantakree率いるコヴナント軍が到着しており、スパルタンはこれを撃退すべく戦いに投入された。ケリーは時間を稼ぐべく、サンヘイリの集団を接近戦闘で倒した時、ハンターのペアが目の前に現れる。彼女はそれに驚いたが、ホリー-G003とウィル-043が彼女を助ける為に犠牲となる。 その後、ケリーたち生き残ったスパルタンIIとIII、ハルセイ博士らはスリップスペースポータルを経由して後退する。カートは殿として残り、大規模なコヴナント部隊を撃退すべく2基のFENRIS核弾頭を起爆させる。マイクロダイソン球内にて彼らは罠にかかったが、[2] ダイソン球内にてルーシー-B091 がフォアランナー構造体でエンジニアを発見した事でこの危機を脱することが出来た。ケリーはセリン・オスマンキロ5によるハルセイ博士の確保に対し抵抗したが、失敗する。[14]

戦後時代編集

Help.png
This section requires expansion.


登場または言及された作品編集

情報源編集

  1. 1.0 1.1 1.2 1.3 1.4 Halo Waypoint: Kelly-087
  2. 2.0 2.1 Halo: Ghosts of Onyx
  3. Halo: Reach, Dr. Halsey's personal journal
  4. Halo: The Fall of Reach, pages 127-130
  5. Halo 4: Forward Unto Dawn, Episode 5
  6. Halo: The Fall of Reach, reissue Bonus Content
  7. Halo: First Strike, page 11
  8. Halo: First Strike, page 30
  9. Halo: First Strike, page 118
  10. Halo: First Strike, page 124 "That the woman was still on her feet, let alone fighting, was tantamount to an act of God."
  11. Halo: First Strike, page 140
  12. Halo: First Strike, page 200
  13. Halo: First Strike, page 276
  14. Halo: Glasslands, page ??
SPARTAN-II部隊構成員(既に知られている)
ジェームズ-005ジャイ-006リー-008ナオミ-010ジョシュア-029ヴィン-030サミュエル-034イサック-039ダグラス-042ウィリアム-043アントン-044ケイイチ-047カート-051リンダ-058マルコム-059マリア-062ファジャド-084ケリー-087ジェローム-092グレース-093フレデリック-104アドリアナ-111ジョン-117アリス-130ニコル-458カサンドラKirkMikeRenéRandallSheilaUnnamed SpartanYasmine Zaman

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

FANDOMでも見てみる

おまかせWiki