FANDOM


LF.Xx.3273 Flood Super Cell(Flood Super Cell又はFSCと呼ばれる)はフラッドの一種である。

生物学編集

フラッドは変化の果てにAIとの交信を可能にした上、器官の一部に変貌することも可能であったといわれている。

歴史編集

スーパーセルが出現したのは、11万年前の戦争中であった。その当時繁栄していた古代人類の制御惑星にて大量発生したフラッドの一部がこれになったようである。

このときの人類はフラッドを殲滅するためだけに3分の1の人口を犠牲とし、フラッドが好まない遺伝子を製造、3分の1の人口に投与してフラッドの餌食にさせたのであった。

この遺伝子は非常に効果があったようで、フラッドは壊滅的打撃を受けてごくわずかな数に激減した彼らは逃走を余儀なくされた。このとき、逃げれた中にFSCが含まれていたのではないかと思われる。

それから永き時が経過した後に再び現れたFSCは、フォアランナー-フラッド戦争中にフォアランナー AI 032 メディカント・バイアスと交信し、Rampancyを引き起こした上で彼の指揮下の戦力共々フォアランナーから切り崩してしまった。

ヘイローの起動によって全てが崩壊するまではFSCを信頼していた。しかし、メディカントはHaloが起動した後に全てを理解することとなるのであった。

メディカントは2552年末期に戦場となったアークにおいて姿を見せたスパルタン117に対し許しを求めたばかりか、彼の命を全力で守ることになるのであった。

ソース編集

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

FANDOMでも見てみる

おまかせWiki