FANDOM




Lieutenant Hall ホール中尉はUNSC海軍所属で、戦艦UNSC ピラー オブ オータムのクルー。ファーストネームは不明

経歴編集

ホール中尉はスリップスペースコミュニケーションに関する物理論文を執筆し、小ぎれいな身なりにしてることで知られる。彼女は常に微笑み、そしてキースを感心させようとする。彼女のそうした熱意は時折同僚を軽んじる行為につながるので、キースは問題と感じていた[1]。彼女はブロンドで、背丈は6フィートほどである[2]

2552年まで、ホールはキース指揮下のUNSC イロコイ に配属されていた。彼女は管制官(opperations officer)として有能さを示し、 シグマ オクタヌス IVの戦いに参加した。勝利の後、彼女のパフォーマンスと士気は向上し、キースの新しい船、ピラーオブオータムへ転籍となった。その後Fall of Reach とBattle of Installation 04に参加した。時間の経過とともにキースとの関係は改善し、彼は彼女を貴重なブリッジクルーとして尊敬するようになった。

Battle of Installation 04の間に、ホール中尉に何が起きたのかは不明。Halo: The Floodに彼女の記述は一切ない。よってオータムにコブナントが乗船したさいか、あるいは3等海尉 エレン・ドワスキー がキースを裏切り、コブナントによるクルーの処刑につながったさいに殺されたと考えられる。


登場編集

Sources編集

  1. Halo: The Fall of Reach, page 140
  2. Halo: The Fall of Reach, page 187, "Engines hot at fifty percent," she reported. She straightened to her full height, nearly six feet, and looked Captain Keyes in the eyes with something edging near defensiveness

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

FANDOMでも見てみる

おまかせWiki