Fandom

Halopedia

Lieutenant Hikowa

2,396このwikiの
ページ数
新しいページをつくる
コメント0 シェアする

UNSC ピラー オブ オータムのクルーの一人で、元UNSC イロコイのクルーであった。

2552年9月に発生したHALO事件に巻き込まれ死亡。

"あんた馬鹿ね。艦長は"sir"に値するわ。その敬称つけないとあんたのケツに私の足を生やすわよ!"
Ensign Dowski の口答えとキースへの敬意の欠如に対して

アキ・ヒカワ中尉は日系でUNSC Navyに所属[1]。 細身で黒髪ロングという外観[2]。 やや攻撃的且つ短気ながら、戦闘任務においては冷静で熟達していることで知られる。


経歴編集

Early Career編集

2552年当時、ヒカワ中尉はキース指揮下のUNSC イロコイの火器管制官であり、一流の戦術士官だった[3] 。キースの下に配属される前にコブナントとの戦闘をいくつか経験していたが、配属直後は夢遊病者のような気だるさを見せていた。しかし Battle of Sigma Octanus IVの後は、職務に対して著しく熱心になり、有用な士官であることを示した[4]

Later Career and Death編集

ヒカワはキースの次の船、ピラーオブオータムに転属した。彼女はキースが船に到着した際に搭載火器の詳細を説明し[5]、Fall of Reachには引き続き戦術士官として参加した。 Battle of Installation 04ではキース、他のクルー、警備の海兵隊員と同じ脱出ポッドでオータムを脱出した[6]。ポッド内に潜んでいたIsna 'Nosoleeを キースが射殺した際には、無表情で浮遊してきたエリートの死体を払いのけていた。

04に着地した後、投降を主張するEnsign Ellen Dowskiと対立し、彼女が案内したコブナントによって、キース達とともに捕えられた。裏切りもののDowskiに掴みかかろうした刹那、エリートに額をプラズマピストルで打ち抜かれた。[7]

Source編集

  1. Halo: The Fall of Reach, page 196: Lieutenant Hikowa cursed quietly in Japanese.
  2. Halo: The Fall of Reach, page 140
  3. Halo: The Flood, page 8
  4. Halo: The Fall of Reach, page 213
  5. Halo: The Fall of Reach, pages 272-275
  6. Halo: The Flood, page 44
  7. Halo: The Flood, pages 87-88

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

Fandomでも見てみる

おまかせWiki