FANDOM


ODSTM6C Automag
M6C/SOCOM
Production information
Manufacturer

ミシュリアン兵器廠

Type

半自動サイドアーム

Cost

1615 cR.

Technical specifications
Size

ハンドヘルト, 片手

  • Length o/a: 22.86 cm
  • 26.7 cm(標準)
  • Weight:1.8 kg(標準)
  • 2.7 kg "大型サイズ"
Magazine Size

12発

Fire Mode

セミオート

Ammunition Type

12.7x40mm M225 Semi-Armor-Piercing High-Explosive/.50マグナム弾

Operation

近距離戦闘

Usage
Affiliation

国連宇宙司令部

  [Source]
"...the M6S -- whisper-quiet with armor-piercing rounds. Brutes might see us coming, but the only thing they'll hear is their asses hitting the ground."
Gunnery Sergeant Edward Buck, in the Desperate Measures ViDoc.

M6C/SOCOMは"オートマグ"または"Go-Mag"[1]、"M6S"といわれるこの自動拳銃はUNSCが開発したものである。これはM6Cサイドアームの改良版である[2][3]

詳細編集

M6C/SOCOM はUNSCの特殊作戦部隊(ODST等)用に特別に設計された拳銃である。M6C/SOCOMにはサイレンサーマズルブレーキレーザーアイミングモジュールをM6Cに追加装備したものである。

火力は従来型より大幅に落ちており、全弾命中させたとしても敵を仕留めることが出来ないことが多々ある。 これはおそらく、サイレンサーを装備するにあたり、亜音速の弱装弾を使用しているためであろう。 この武器が非常に有効な場面は、シールドで守られていない敵の頭を撃ち抜くこと位である。

弾薬編集

M6C/SOCOMは12.7x40mm系列の弾薬で統一され、マガジンには12発装弾可能だ。

雑学編集

  • The M6C/SOCOMは人気があったM6Dを再開発した物である。

ギャラリー編集

編集

  1. Bungie.net - Halo 3: ODST Render
  2. Halo 3: ODST
  3. Game Pro: June 2009, page 4

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

FANDOMでも見てみる

おまかせWiki