FANDOM


MagLev Train.jpg

Maglev旅客列車。ニューモンバサにて

Train Interior.jpg

鉄道利用者はONIプロパカンダを聞く

MagLev Trains人類コロニー界での静かな、高速輸送システムである。26世紀までに殆どの世界で普及しており、人々にとって、非常に見慣れた光景であったという。

この高速鉄道システムの普及は、主に都市部と殖民惑星を中心としている。リニア鉄道と呼ばれ、磁化したトラックを通過する高速鉄道で、沿線に建設された"ターミナル"で乗り降りする。

このシステムは、主に人員輸送が中心であるが、若干の貨物を輸送する能力も備えていた。

既知のMagLev鉄道システム編集

このシステムは、ニューモンバサ(地球)に存在し、モンバサ交通局の制御下で管理されていた。しかし、このシステムは2552年のコヴナントによる地球襲撃で最初の標的とされてしまった。[1]

もう一つのMagLevシステムは、シカゴ工業地帯に存在した。シカゴの古い高架鉄道の高架線をそのまま利用していた。[2].

その他のコロニー界である、イプシロン エリダヌス星系TributeにはMagLev鉄道システムが惑星全土を接続しており、その中心は惑星の中で一番人口が多いCasbahであった。このシステムは、殖民世界の輸送ネットワークの中心として機能していた。Operation: TREBUCHETの間UNSC海兵隊員ARGUS爆弾発見装置をターミナルに配置し、反乱軍の攻撃を受けないようMagLev鉄道を守備した。[3]

もう一つのコロニー界である、イプシロン インディ星系ハーベストにもMagLev鉄道システムはあった。これもまた、惑星全土を接続していた。首都ウトガルドを中心にすえていた。この惑星のMagLev鉄道は人員輸送ではなく貨物輸送に使用された。ハーベストには7つのMagLev鉄道線があり、Tiaraに接続する7つの軌道エレベーターに接続していた。この鉄道は、貨物船に物資を搬入し、他のコロニー惑星に輸出できた。[4]

  1. Halo 2, level Terminal
  2. Halo: Contact Harvest, page 45
  3. Halo: Contact Harvest, page 12
  4. Halo: Contact Harvest, page 76

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

FANDOMでも見てみる

おまかせWiki