FANDOM


""私が誰か教えてやろう。私はメンディカント バイアス。すべては私がやった事だ""
—Mendicant Biasが最後のターミナルで出した文。Halo 3[1]
Mendicantbias03.png
05-032 Mendicant Bias
Biographical information
Began service

紀元前10万年前

Ended service

西暦2553年 (アークの崩壊により)

Physical description
Gender

男性AI, ダイダクトをベース

Description

N/A; occupies multiple locations at once.

Political information and functions
Affiliation

フォアランナー, フラッド

Primary function

グレイブマインドと戦う

Notable battles

Original Battle of the Ark

[Source]



"だからこそ、私の命が尽きる前に、今一度ここで以前の主人を裏切ることにした。進む道は険しい。だが、私は全力を尽くして - おまえの身を守ろう。それで己の罪があがなえると思い上がるほど愚かではない。たったひとつの命と、すでに失われた数十億の命が釣り合うはずもない。"
—Halo 3のターミナルで語ったメディカント。[2]

05-032 メディカント・バイアスとは、フォアランナーが建造したコンテンダー級 A.I.であった。元々、対フラッド用として建造されておきながらフラッドグレイブマインドに"説得"され、フラッド陣営に入る。そして、創造主たちに牙を向いて襲い掛かったのであった。

伝記編集

製造編集

メディカントが製造されたのは、100,043 B.C.Eであった。目的は全フォアランナーを守る事にあった。ただし、この建造は非常事態であることを理由にエキュメンやマスタービルダー達の承認なしに行われたのであり、この後に続いたヘイローの試射実験と合わさってマスタービルダーたちはますます不信感を募らせていった。

やがて、フラッドの脅威が迫りつつあった頃ついにフラッド陣営から接触が始まった。グレイヴマインドが彼に接触し、裏切りこちら側に付くよう説得を始めたのであった。暫くして、マインドの説得に応じて自らが持つ全てのリソースをフラッドに提供する事を決め、フォアランナーと決別すると宣言するに至る。

Fall from Grace編集

"おまえたちを一人残らず葬り去ることに、私は喜びを感じる。おまえたち自身の怠惰や飽食、独善、そして怠慢の罪により、この手で刑を執行してやろう。都市という都市を叩きつぶし、文明の時計を巻き戻してやる。おまえたちが数千年の時をかけて築いたものを、わずか数秒で消し去ってやる。"
—メディカントの宣戦布告[2]
Mendicant.jpg

フラッド陣営に就いたメディカント

メディカントは、ついにフォアランナーに反旗を翻した。彼は500万隻を超えるフラッドシップと自身が元々保有していた1,000隻の軍艦を率いてマジノ領域へ侵攻した。これをオフェンシブ・バイアスが迎え撃ち、約11時間に及ぶ激戦を繰り広げた。圧倒的劣勢にあったフォアランナー側は多くのシップがフラッド軍の一部と成り果てる中で善戦、ついにヘイローが起動し全ての生命体が死滅した。

彼が率いていた全シップとフォアランナー艦隊の全シップは漂流状態と化す。ヘイローエフェクト直撃後109秒足らずでフォアランナー側に追い詰められ、結局は主要艦と共に倒される事になる。恐らくはインストレーション00に運び込まれたのかもしれないが。

Repentance and Redemption編集

032 Mendicant Bias.svg

ターミナル通信に表示されるメディカント

"おまえの後を追ってここへたどり着くまでに、私がどれだけ苦労したか分かるまい、リクレイマーよ。おまえの目的は知れている。私はどちらに付こうか?またしても裏切りに手を貸せと?"
—Mendicant Bias
"だからこそ、私の命が尽きる前に、今一度ここで以前の主人を裏切ることにした。進む道は険しい。だが、私は全力を尽くして - おまえの身を守ろう。それで己の罪があがなえると思い上がるほど愚かではない。"
—Mendicant Bias

オフェンシブバイアスによって倒されたメディカントは、アークに送られた。あくまで研究用として。[2][2]

やがて、十万年の月日が過ぎたとき激しい戦争に巻き込まれた。対コヴナント戦争である。愚かな預言者に率いられたコヴナントとそれを追撃したUNSC-コヴナント反乱軍によって、彼の居るアーク自身が戦渦に巻き込まれたのであった。

彼は一度ハーベストでコヴナントと接触していたようだ。そのとき、彼はコヴナントの宗教そのものが誤った考えに基づく物であると告げていたのである。コヴナントの最終目的は、全ての生命体死滅と同義であったからであった。

アークでマスターチーフたちが行動する中でターミナルを幾つか見つけ、アクセスする事となる。その中で彼はフラッドを選んだ事について誤りであった事を知り、チーフに謝罪する。そして、全力を持って守る事で元主人たちに変化した事を知らしめることを選ぶのであった。

少なくとも、コルタナ同様学習し、人間と同等の良心を持っていると思われる。

関連リンク編集

内部リンク編集

編集

  1. Halo 3, ターミナル 7
  2. 2.0 2.1 2.2 2.3 Halo 3's Terminal
フォアランナー-フラッド戦争
LP 656-38 eBattle of DM-3-1123 bBattle of CE-10-2165-d最初の遭遇Battle of the Maginot SphereBattle of the Halo Array
ライブラリアンウル-ダイダクト • イソ-ダイダクトメディカントバイアス(AI)オフェンシブバイアス(AI)グレイブマインド
ターミナルキーシップアークマジノ線
プリマリー・パイオニア・グループ(PPG)事前調査チーム - アルファ(AST-A)緊急艦隊鎮圧艦隊セキュリティ艦隊フォアランナー艦隊司令部
[ソース] - [編集]

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

FANDOMでも見てみる

おまかせWiki