FANDOM


ミクロネシアは西太平洋一帯の地域である。ギリシャ語ではmikros (小さいという意)又はnesos (島という意)と呼ばれる。 この区域内では小さな島々に数百人単位で生活を営む人々が存在している。大まかな位置はフィリピン北西部からインドネシア、ハプアニューギニア、メラネシア西部~ポリネシア東部である。

地政学的歴史編集

この地域は西部太平洋一帯に小島の群れが存在している。その数は何百と数えている。 "ミクロネシア"という単語は、1831年にジュール・デュモンデュルヴィルという人が地域を区分するために提唱したとされている。

現在、この地域はミクロネシア連邦として呼ばれ、幾つかの区分に分けられている。:

  • ミクロネシア連邦
    • マーシャル諸島共和国
    • パラオ共和国
    • 北マリアナ連邦
    • ナウル共和国
    • キリバス共和国
    • グアム
    • ウェーク島

地域の多くは欧米列強の手によって植民化されていた。

  • アメリカ合衆国はグアムを支配し、1898年の米西戦争にてウェークを獲得した。
  • ドイツはナウルを支配下に置き、スペインからマーシャル・カロリン・北マリアナ諸島を購入した。
  • 大英帝国はギルバート諸島を支配した。

第1次世界大戦中、ドイツの勢力圏であった地域は国際連盟委任の形で管理されていた。この地域はやがて戦勝国に信託統治領として日本による統治がなされた。1945年の敗戦後、その地域は国際連合信託統治としてアメリカ合衆国が支配した。現在も、グアム・ウェーク島は支配下にある。

言語編集

様々なミクロネシアの原住民語は、オーストロネシア民族の下に分類される。幾つかの分類がなされている。:

  • チャモロ語とタナパグ語はマリアナ諸島で使われる。
  • ヤップ語はミクロネシア連邦で使われる。
  • Palauanはパラオで使われる。

26世紀編集

国際反乱軍の拠点がこの地域に存在していたが、スパルタンブルーチームによって2531年前までに壊滅した。Spartan-117に言及されている。一般的なハワードグレイブスはスパルタン部隊によって捕獲された。[1]

関連リンク編集

編集

  1. Halo: Ghosts of Onyx, page 36

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

FANDOMでも見てみる

おまかせWiki