FANDOM


出典: Halopedia英語版 Mister Chief

このアーティクルは 現実の世界(Real World) のことについて書かれているよ。 Misterchief
MisterChief1

The first Mister Chief

MCPuppet

Click this image to make your own Mister Chief

Mister Chief

Mister Chief on a Windows desktop

2004年1月16日(米国)、フランク・オコナー(Frank O'Connor)は最初の(Bungie.net内の)weekly updateをアップした。この時、Halo 2はまだ秘密のベールに包まれていた。フランキーはちょうど、ローレイン・マクリーズ(Lorraine McLees)のプロモーション用ポスターを見ていて、こいつを載せようとしたができなかった。しょうがないのでフランキーは狂怖のアーチスト魂を発揮して、銃の代わりにライトセーバーを持つマスターチーフを描いた"because guns are hard to draw."[1](だって、銃描くのムズいから)。目と口を付けたし、"ミスターチーフ"と名付けたこのイラストはもちろん、………な出来だった。

この時のファンの反響を受けて、彼がweekly updateを更新する時はミスターチーフのイラストを載せることに決め、カラヴァッジオ風や日本のマンガを含む(多くはファンからのリクエストによって)様々なスタイルのミスターチーフが登場した。

ミスターチーフは他にミセスで何度かweekly updateで代理を務めたり、チーフ、イビルチーフ、シャンプーハット野郎(彼が預言者に似ていると思っていた何か)の時もあった。そして、ただのカレンダーだった時!もあった。

Mister Chief copy

The evolution of the Mister Chief through Halo: Combat Evolved, Halo 2, and finally Halo 3.

トリビア編集

  • Halopedia ではRealworldテンプレートにミスターチーフが使われている、このページのtopを見たまえ!

External Links編集

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

FANDOMでも見てみる

おまかせWiki