FANDOM


Mombasa View 2
ニューモンバサ
都市の概要
名称

ニューモンバサ

位置

地球 東アフリカ保護領 ケニア モンバサ

創設年
  • モンバサ:12世紀以前
  • ニューモンバサ:24世紀
崩壊年

2552年10月?

出来事

モンバサ攻防戦

  [Source]
Orbital Elevator

軌道エレベータ

ニューモンバサは、地球上で非常に重要な港湾都市である。地球上の6大都市のひとつとして選ばれた。この都市は地球攻防戦初期にコヴナントの攻撃を受けた。ニューモンバサ軌道エレベーター(都市のシンボル的存在で、大発展の基礎となった)は都心沖合いの人工島に建造されている。オールドモンバサは、ニューモンバサ郊外の大陸本土に位置する。

この都市は地球上で6つの主要都市のひとつに位置づけられており、AIスーパーインテンデントが管理している。残り5つの都市も同様にAIが管理をしていると見られている。

モンバサ編集

モンバサは常にインド洋通商路の重要な港街であり、それ故に欧州列強などによって度々占領された。このひどい歴史は、以降スワヒリ語でモンバサのことを「Kisiwa Cha Mvita」または「戦争島」と言わせるほど酷いものであった。20世紀に入りケニアが独立国家となると、モンバサはケニアの所属都市となる。この頃から街は観光都市、港湾都市として機能するようになる。

250年前、地球最初の最も賑やかな都市に選ばれた。この選定とUNSC主導による軌道エレベーターの建造以降都市は爆発的繁栄を遂げた。その繁栄は大陸にも拡大し、周囲にも市街化が進んだ。 2430年にニューモンバサは市街地を急速に拡大させた。それは、ニューモンバサ島周囲74kmにまで拡大していった。拡大・・・併合された市町村・・・は全てオールドモンバサと呼ばれた。

ニューモンバサ編集

MombasaMap

ターミナルで見つかるニューモンバサの地図。ハイウェイは青、通りは緑、リニアモーター線は赤、宇宙エレベーターは黒、公園はオレンジ。

Tanaga District

タナガ地区

New Mombasa Island

ニューモンバサ島

ニューモンバサは2302年に初めて賑やかな都市に選定された。それ以降世界一忙しい港町として知られるようになる。2313年に都市は大規模成長を遂げた。この大成長は大陸全体に少なからず影響を及ぼしている。

ニューモンバサにとって大きい変革の時代が到来した。2430年代の大拡張によってオールドモンバサの規模がニューモンバサ島周囲74kmに達したことによって経済の中心地として、ニューモンバサを繁栄させるために軌道エレベーターUNSCに奨励されて構築された。この構造体に重量貨物リフトを搭載させ、ブースターロケットを利用することにより静止軌道上に物資を搬入できた。このエレベーターの建造によって市内に大きな変化が発生した。モンバサは地球一非常に重要な港湾都市となり、貿易、市民の流入、職場の流入が都市を変化させた。20世紀に建造された古い住宅が密集するこの島は瞬く間に広大なコンビナート、高層オフィス街に変貌を遂げた。Sidiriya地区は大規模な運河が建設され、宇宙から来航する貨物船のためのドッキングスペースを提供された。

また、島の南東部は細長くなるように掘削され、島の北西部は変わらぬ街並みが広がりを見せた。

ニューモンバサシティには4つの主要区画が存在した。セクターAセクターBシティセンタードックである。26世紀に都市はダイナミックなコスモポリタンな街として知られている。都市にはマグレブ鉄道線が建設され、都市内部の移動がし易くなった。都市内部はAIによる自動制御により有事の際、他の区画に被害が及ばないよう即座に対応でき、被害の拡大を阻止することが可能とされた。都市の中心街には巨大なニューモンバサ市警察本部が建造されている。都市の中心地には広大な摩天楼が構築され、一番高いビルは2kmもの高さを誇るVyrant Telecom社のビルである。

モンバサ島西部には大規模な運河と橋が架けられ、モンバサ島中央部はメトロポリス群、モンバサ島東部はセクター0~セクター10までの区画に分けられ、セクター10にはONIの基地が建造された。沿岸部はアップリフト ナチュラル リサーブと呼ばれる円状の自然公園と高速道路が建設された。

都市の地下奥深くにはデータセンターと呼ばれる、ニューモンバサを統括するAIの制御施設が存在していた。このデータセンターの真下にはコヴナントの求めた構造体が眠っていたのであるが・・。

それに人類が気がつくのは2552年10月の戦争末期に発生した地球侵攻後の事であった。

コヴナントの攻撃編集

New MombasaODST

ニューモンバサ メトロポリス群

詳細はモンバサの戦いを参照。

2552年10月20日に、コヴナント軍の小規模艦隊は悔恨の預言者に率いられ地球軌道上防衛線に出現した。地球の防衛戦力ではこの小艦隊を防ぐことが不可能であり、交戦開始数時間で預言者の乗る旗艦はあっさりと地球防衛線を突破しニューモンバサ上空に侵入、都市に陸上戦力と航空戦力を配し電撃的に制圧した。この侵入直前までに街の市民は全員脱出している。

この攻撃は他のコロニーと同じく激しいもので、都市の居住区を徹底的に破壊し立て篭もるUNSC ODST部隊や海兵隊部隊を一掃することを目的として2機の巨大機動兵器”スカラベ”をオールドモンバサ地区に配備した。このうちの1機はオールドモンバサ中心部の迷路のような商店街地域においてUNSC海兵隊の猛攻を受け撃破される、一帯で破壊されたスカラベをめぐり激しい戦闘が繰り広げられることとなった。

ニューモンバサ市街では都市全域に接続している高速鉄道システムの管制システムをコヴナントが破壊、鉄道システムを完全に暴走させた事によって市内への増援投入はきわめて難しいものに変えた。更に都市のAISuperintendentがニューモンバサ各区画の殆どを封鎖してしまったために大半の区域がコヴナントの手に渡っても奪い返すことが不可能になってしまっていた。

UNSCはこの侵攻に対してODST1個師団と海兵隊を差し向けた。更に、フリゲート アンバークラッドと搭乗していたスパルタン117を都市に派遣し都市の奪還と悔恨の預言者の身柄確保を目的とした任務を命じた。しかしその試みはオールドモンバサのハイウェイ網周辺を荒らしまわっていたスカラベによって阻止され、攻撃部隊が乗る降下艇は全機撃墜されて市街地に墜落する。その内オールドモンバサ市街の住宅地に墜落した降下艇はマスターチーフとジョンソン軍曹が搭乗していた。

この降下艇の生存者はこの二人を中心としてオールドモンバサのマンション、家影に潜み、陸空から波状攻撃を仕掛けてくるコヴナントの部隊を相手に奮戦、ザンジバーホテル付近に墜落していた降下艇の生存者とザンジバーホテルにて合流、ワートホグ、ロケットランチャー、スナイパーライフル等の装備を使いオールドモンバサの砂浜に展開するコヴナント軍を制圧、崩壊していたハイウェイ網を通過しニューモンバサへ続く、唯一の橋梁に出る。

橋梁ではコヴナントの機甲部隊、航空部隊が守っていたがUNSC側はこれをスコーピオン戦車1両を差し向けたことによって制圧。ニューモンバサ都市中心部に向かう高速道路地下トンネルに侵入し、守備隊を蹴散らして都市中心部に出た。

都市中心部もまた重装備を持つコヴナント軍によってUNSCの海兵隊部隊は司令部の建物内部に撤退せざるを得ないほど損害は甚大で、窮地に立たされていた。しかしこれもマスターチーフらによって壊滅させられ、海兵隊は窮地を脱した。

彼らが戦車の補給を受け、反撃を行おうとした矢先に突然スカラベが来襲した。スカラベは都市の大通りを蹂躙し、戦車を主砲で破壊してニューモンバサの海兵隊司令部の裏手にある巨大な運河に脱出を図った。 これはUNSCが仕掛けた罠であり、運河出口付近に達したと同時にペリカン・ガンシップによる猛烈な爆撃が襲い掛かった。この猛爆撃で動けなくなったところをマスターチーフと海兵隊が襲撃をかけ、内部に破壊工作を施して撃破した。

CityCenter

ニューモンバサ市 第1次侵攻後

後半の戦闘編集

撃破直後、目標のアサルト船が都市からの脱出コースを取っていたのを察知したアンバークラッドはマスターチーフと一部海兵隊を急ぎ収容し預言者の旗艦を追撃、地球からの離脱を阻止しようとした。しかし、脱出を阻止することは叶わず、地球から脱出させてしまう。その過程で生じたEMPパルスの放出により都市の大部分が大破、更に艦が離脱を始める直前にニューモンバサに向け降下していたODSTの大隊をも戦わずして壊滅させた。

この事態で生存できたODSTはわずかに数名であった。彼らの一部はコヴナント占領下の市内中心部に墜落している。 生き残ったODST要員らはONI基地防衛などの多数の任務を遂行していった。

地表にいた生存兵達は比較的多く、ニューモンバサ市警察の職員も少なからず生存しており、ODST部隊の支援とONI基地防衛のため奮戦した。

最終的に、都市沿岸部のハイウェイにおいての激しい戦闘が確認されており、その直後に都市上空に敵艦・・・少なくともアサルトシップ2隻とCCS級巡洋戦艦6隻が出現し、都市西部地域に対し爆撃を開始した。それによって都市西部の殆どの地域が全滅した。(ガラス化)

都市の最後に関してはいまだ不明であるが恐らくニューモンバサ市街地と旧モンバサ市街地沿岸部、軌道エレベータの基部は生き残っている可能性はある。 しかし、都市管理AISuperintendent管理施設の地下にて真実の預言者が大勢のエンジニア、ファントム数機等を投入した謎の行動を行っているために都市生存の可能性はほぼ0%と言ってよいだろう。

外観編集

いくつかの作品でこの街は取り上げられてきた。しかしそれぞれによって街の姿はまったく違っている。以下にその特徴を記す。

HALO2 E3 トレーラー編集

都市にそびえ立つ軌道エレベータはその頃存在しなかった。

都市は、本土から全然離れてもいない。都市の中心には巨大メトロポリスが巨大な塔のように建造され、地表部は文明で被い尽くされていた。 この都市の規模は後の本編よりも格段と大きいものであった。

都市の中心地に何があるかはまったく不明であるがHALO2のメトロポリス同様の区画4つが存在していたと思われる。

この頃のニューモンバサは非常に未来的な感じが全面的に見られており、ハイウェイ、街路、建物どれを見てもHalo2以降のような何所か現代と似ている・・そういう感じではなかった。

HALO2編集

モンバサは本土から完全に切り離されている。周囲は完全に海で覆われ、オールドモンバサ、ニューモンバサに区分けされている。 オールドモンバサは文字通り古い町並み、ニューモンバサは巨大ビル群とハイウェイ網、公園、軌道エレベータがある。

軌道エレベータは、摩天楼に囲まれている。 都市にはリウィトニ駅等が確認された。

このころのニューモンバサは、モンバサ島を大幅に改良したものであった。

Nm superint

ニューモンバサ

HALO3 ODST編集

Nm over2

不明な写真。恐らくスーパーインテンデント撮影か?

Mbaraki1

New Mombasaの区画

Mombasa View From Sky

ニューモンバサの全容

軌道エレベーターがニューモンバサ市と称されるモンバサ島内から沖合いの人工島に移された。周囲には港が在り、物資の揚陸を行っている。

都市の形状はモンバサ島に超高層ビル群が乱立している。本土地域と見られる地域も湾の周囲に存在し、一帯は完全に低層建造物により埋め尽くされている。 ニューモンバサの南沿岸部にはアップリフトリサーブと呼ばれる公園が存在している。これは、3区画に分かれた大規模な構造体だ。この施設は動物園としても使用されていた。

又、都市の中心部にはNMPDの本部、ニューモンバサ公共交通機関のキコワニ駅、ONIビル等の重要施設が存在している。NMPD本部は非常に高くその高さは、屋上から周囲のメトロポリス高層ビル群の屋上や遠くのONIビルが見える程である。

都市の地下にはポータルが存在していた。Halo 3 での破壊状況から見て、モンバサの市域は西の産業都市ボイにまで迫っていたことが予測される。

この段階で、預言者の旗艦が停泊していた場所が判明した。その場所はニューモンバサ アップリフト ナチュラル リサーブであった。

主に活動拠点となっていた島の南東部一帯はモンバサ島時代より大幅に小さくなっている。島の北西部は前と全然変わってはないように見える。

南東部は主に住宅・商業地帯に、北西部は産業地帯として開発が進められた様だ。

Gameplay編集

Halo 3では既にニューモンバサは全滅したものと思われ、モンバサの地下に埋まっていた遺跡を巡る攻防が、初期に展開する。Halo 2では、オールドモンバサ、ニューモンバサの市街地で戦うが、オールドモンバサ市街地ではスワヒリ語の放送が流れている。これは、ニューモンバサ市民がコヴナントに対して戦うよう求めていると思われる。 そして、「Tterrab Industries(ダウンタウンのニューモンバサの会社)は、Bungieレベルのデザイナークリスバレットの名前である。名前を逆さまにしただけである。「Mtangulizi Kampuni」(運河に至る建物への入口でドアマットに印刷される)は、スワヒリ語でフォアランナーの会社という意味らしい。

"Keep it Clean" Trailer編集

Bungieによって発表される最新トレーラーにおいて、New Mombasaは、EMP放出直前から直後までの映像が描かれる。都市がEMP放出によって壊滅する直前の通りにあった電光掲示板に示される警告文"<evacuate> City of New Mombasa."

Trivia編集

  • New Mombasa は、アフリカのモンバサへの言及または未来的な再制作である。
  • New Mombasa は、Halo Custom Editionで着かれた。

所在する公的機関・組織と企業 編集

公共・政府組織

企業

主要エリア編集

Lumumba

ルムンバ地区 崩壊直前

  • 主要セクション
  • 高速道路
  • セクター


  • マルチプレイヤーレベル


ギャラリー編集


登場または言及された作品 編集

情報源編集

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

FANDOMでも見てみる

おまかせWiki