FANDOM


出典: Halopedia英語版 Oly Oly Oxen Free

Oly Oly Oxen Freeは口笛で吹くことができる単純な6拍子の曲である。 そして、7拍子のトーンがスパルタン-II達によって"all clear code"(安全を確保した際の符号)として使われる。惑星リーチでAIデジャから幼くして学んで以来ずっと使われている。


心理編集

Oly Oly Oxen Freeは、スパルタン達の間の秘密の合言葉であり、彼らと選ばれた少数の人間しか知らない。スパルタン以外では、スパルタンファミリーの近くにいた、例えばキャサリン・ハルシー博士コルタナジョンソン軍曹など極親しい関係者。このように、信号は各々のスパルタンにとってとても重要だった。彼らはトーン(音色)の重要性をあきらめるよりむしろ死を選ぶ。そして、それは彼らのチームメイトを裏切るか、危険にさらすのに用いられることができた。

使用例編集

Oly Oly Oxen Freeは、Halo: The Fall of ReachHalo: First Strikeなどを通して多数の出来事に使われた。それが使われた時のいくつかは、以下の通りである:

  • スパルタンのチームがタンゴ小隊(Tango Company)を負かした後、ジョン-117(John-117)は彼らの撤退ポイントが安全(all clear)なことを確認するために使用した。
  • リーチの戦い(Battle of Reach)の後、アントン-044(Anton-044)は、E-BandのS.O.S.信号として使った。
  • ケリー-087(Kelly-087)はキャッスル基地に入るため、ハルシー博士に彼らがスパルタンズであることを知らせるために使った。
  • Operation:FIRST STRIKEの間、リンダ-058(Linda-058)は、ジョンが彼女を迎えに行くことができたように、彼女がどこにいたかについて知らせるために、使った。
  • Operation:FIRST STRIKEの終了時、ジョンソン軍曹は、ブルーチーム(Blue team)にフリゲート艦ゲティスバーグ(Gettysburg)が衛星の裏側のステーションで待機していることを知らせるために使った。
  • ジョン-117を除くブルーチームが惑星オニキスに到着するとき、ケリーは通信でLを二つ付けて"Olly Olly Oxen Free"を囁(ささや)いた。

編集

"Olly Olly Oxen Free"(オリー・オリー・オキシン・フリー)とは"かくれんぼ"や"鬼ごっこ"に使われる言葉です。[1] "Youtube" などで検索すればその様子を見ることが出来るかもしれません。


Sources編集

  1. Wikipedia:Olly_olly_oxen_free


Links 編集

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

FANDOMでも見てみる

おまかせWiki