Fandom

Halopedia

Pirth City

2,396このwikiの
ページ数
新しいページをつくる
コメント0 シェアする
バースシティ
都市の概要
名称

バースシティ

位置

アルカディア

個体数

不明

崩壊年

2549年9月9日

役割

首都、保養地

  [Source]

Pirth City惑星アルカディアプロキオン星系UNSCコロニー)の首都である。第一次アルカディア攻防戦コヴナント軍の襲撃を受ける。


歴史 編集

コヴナント侵攻以前 編集

アルカディアの主要都市であり、首都であったバースシティは多くの観光客を受け入れる、リゾートシティであった。[1]多くの観光客を受け入れるため、市内にランディングパッドを幾つか設営していた。都市自体は沿岸にあり、住居はリゾートビーチ沿いにもあった。

コヴナント侵攻 編集

Main Article: Battle of Arcadia

都市はコヴナントによる攻撃を受ける。アルカディア・パトロールと呼ばれる警察組織がコヴナントに対する抵抗を試みていた。それから間もなくレッドチームが市民の退避を援護するために到着し、更にUNSC Spirit of Fireからの増援が加わる。彼らによって防衛されている地下鉄出口より脱出していた市民は、3隻の貨物機に分かれて脱出しようとしていた。しかし、1隻は耐え切れずに離陸してしまいコヴナント航空隊に撃墜された。残る2隻で1,000人を越える人命が救われ、市内から脱出した。[2] その後、UNSC部隊は市の郊外へ退却を余儀なくさせた。

バースシティはこのコヴナントの第1次攻撃の後、惑星の住民が惑星から脱出、または惑星に残る要塞へ移動したことから放棄された。無法状態となっていたムー大陸アバスクンが設立されたのはこの頃であった。都市は復興されることも無く、廃墟と化した市街が草木に覆われたままとなっていた。

その後2549年9月にコロニーが崩壊し、バースシティもガラス化された。[3]


アーキテクチャ 編集

市内に立ち並ぶ高層ビルは、どれも白い壁で覆われ、明るい印象があった。大通りや駐車場を除くスペースには緑が多く、公園地帯は少し掘り下げられた区画に作られていた。公園には大小の噴水が存在していた。また、都市の地下には広場があり、厚いガラスの屋根で覆われている箇所もあった。市内には磁気浮上鉄道システムが整備され、ビル群れの間を通っている。通り沿いには古い彫刻が立ち並んでいた。

交通 編集

バースシティにはMagLev鉄道システムが整備されていた。これらは市内にあるスペースポート間を接続している。[2]そのほか、地下鉄の駅もあった。[2] 又、市内や惑星内ではバスをはじめとする自動車交通も整備されており、バスやトラックによる輸送も行われている。[2] 市内の地下には道路が整備されていた。こういった道路網はコヴナントの侵略から脱出する際にも使用されている。[2]

緊急サービス編集

バースシティにおいては緊急サービスが展開していた。しかし、その詳しい内容は知られていない。宇宙港において救急車が止まっており、EMTは存在しているようだ。[2]また、スペースポートへ向かう道の途中に車両が多数放置されていたがアルカディア・パトロールがこれらの車両を保有しているのかどうかは不明。

情報源編集

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

Fandomでも見てみる

おまかせWiki