FANDOM


Planet Reach.png
リーチ
天体の概要
名称

リーチ

位置

艦隊司令部 セクター1 エリダヌス座イプシロン星系第二惑星[1]

衛星(人工)

ガンマステーション
アンカー9
ONI医療施設
ナビゲーション・ビーコン RA-15
ODP20基

周期(時間)

27 [1]

周期(年)

390 [1]

地表温度

-18°Cから38°C

個体数

703,341,500(2535年12月07日頃) [1]

種族

人間

政府

UNSC

テクノロジーレベル

第3階層

創設(年)

2401年~2430年の間

崩壊(年)

2552年9月

  [Source]

惑星リーチFLEETCOM第1セクターに所属したエリダヌス座イプシロン星系の惑星である。リーチはUNSC軍と民間の宇宙船の主要建造拠点として最も重要な拠点の1つであった。HIGHCOM、FLEETCOMとUNSC海兵隊は惑星リーチ(多くは主要なONI基地に併設)に本部を建造し、その一つにキャッスル基地があった。この惑星は地球並みの人口を有する数少ないコロニーであった。[2] エリダヌス座イプシロン星系では4番目に大きく、エリダヌス座イプシロン星に2番目に近い位置にあった。

概要編集

Reachtoearth.jpg

Reachと地球の比較図

惑星リーチは地球の46億年よりもはるかに若いたった10億年しか経過していない惑星であったが、地球よりは非常に安定していたと云われている。だが人類が初めて惑星を発見した際は完全には居住に適していなかった。その為に若干のテラフォーミング作業が必要であった。当初この惑星には広大な砂漠、密林と壮大な山岳地帯、多数のクレーター、広大な海といった厳しい自然があった。

居住者たちの多くは東ヨーロッパからの移民であったために地名の多くはそれに関係が深いものがつけられている。厳しい自然環境にもかかわらず、一部の入植者達は大都市に居住するよりも郊外の荒れ地に居住することを望んだ。彼らは選んだ地形故に大半が外部から孤立していた。周囲に流れる川をせき止めて水力発電所を建設し、風車を建設するなどして水道と電気を得ていった。食料の確保も行い、次第に自給自足体制を整えていった。

リーチ地上部には無数の重要な軍事司令部(FLEETCOMやONI、UNSC海兵隊)が存在し、政府関係施設も複数存在した。

軍事拠点として発達していたが、民間の産業拠点としてもリーチは発展した。地表部には数多くの軍事基地があったが、基地の無い地域には農耕地や街、集落、重要施設等が存在し、その数は極めて多く、広く分布していた。リーチには数多くの都市があったが、その中でも最大の都市がケソンマナサスエステルゴムであった。ニューアレクサンドリア等一部の都市には市内にスターポートが整備され、そこから余り離れていない場所に複数の軌道エレベーターを備えていた。

エリダヌス座イプシロン星系での重要拠点として、30年間の間チタンの輸出が行われていた。またスリップスペースの離脱地点としても使用されていた。

リーチの戦いの勃発によって惑星はほとんどがガラス化してしまい、UNSC軍は惑星を放棄した。戦闘後、少数の占領軍が星系に残っている。

ノーブル・チーム所属のSPARTAN-IIジョージ-052が惑星リーチの出身であることが知られている。

歴史編集

フォアランナー編集

バブト・カーザ棚氷メナシテ山の地下にフォアランナーが築いた巨大施設が眠っていた。これらは人類が惑星リーチを発見する遥か前からフォアランナーがこの惑星に拠点を構築していたものと見られる。

UNSC植民地時代編集

Reach Night.jpg

Reachの夜景。左下側の孤立した光源は恐らく発電所

Quezon.png

リーチ最大の都市 ケソン

25世紀当初、チタンが無数に眠っている事が判明した為に植民地化された。リーチにあった鉱山は最大で深さ数千メートルにもなっていた。この鉱山から豊富に産出されるチタンはUNSCの各植民地へ輸出されている。ONI秘密基地の一つであるキャッスル基地は、メナシテ山地下にある鉱山の1つにあった。コヴナントによる大破壊を免れた唯一の基地ではあったがその理由はフォアランナーの遺産が眠っていたという事実だけであった。この基地の存在によって惑星リーチの崩壊は防がれたという説がある。この施設は、伝説的なスパルタンII計画発祥の地でもあった。

スパルタンII部隊はリーチで訓練し、リーチに秘匿された。この事によって、スパルタンたちにとってリーチは"彼らの家"であり、全てのスパルタンは自己を犠牲にしようとも惑星を守り抜こうとするだろう。

コヴナント戦争でリーチに戦火が拡大する2552年8月30日までUNSCの前線基地として、UNSC艦隊の艦艇の主要供給源として使用され続けた。

反乱軍の活動編集

UNSC軍の重要な軍事基地、本部、造船所があった上に大規模な人口を有していたにも関らず、エリダヌス座イプシロン星系は26世紀前半において反乱軍の活動が確認された。周囲の姉妹惑星(トリビュート)は、UNSCの反乱軍掃討作戦Operation: TREBUCHETが実行された地点の1つであった。2525年(コヴナント戦争勃発直前)に、テロ事件が発生した。爆薬を満載したタクシーが2両、ラグジュアリー・ライナー"ナショナル・ホリデー号"に衝突。制御を失い、破壊された。この時、ライナーの周囲2kmにも被害が及んだ。

リーチ陥落編集

Main Article: Battle of Reach

リーチに戦火が及んだのは戦争が終盤を迎えた2552年7月であった。コヴナントは、シグマ オクタヌス IV攻防戦の間、回収したフォアランナーの遺産からリーチの存在を知った。これ以前にもリーチの存在を示す遺産を保有していたがコヴナントは攻勢を控えていた。何故ならその惑星が一体何処の勢力が支配しているのか全く分からなかった為だ。UNSCかもしれないし、別の勢力かもしれない。そこでシグマ オクタヌス IVに展開していたUNSCの駆逐艦に追跡機を付着させ、リーチがUNSC勢力圏であるかどうか確かめようとした。その試みは成功し、リーチがUNSCの支配下(それも最重要拠点)であることを知った。そして即座に大規模艦隊を派遣することになった。その中には人類との戦闘でまだ一度も使われていなかった巨大空母も含まれていた…。[3]

2552年7月末にビシェグラード通信中継所において、通信が途絶するという事態が発生する。UNSC軍は当初反乱軍の関与の可能性があり、スパルタンチームを送り込んだ。しかしそこに居たのは反乱軍ではなく、コヴナントであった。

彼らが中継ステーションを襲撃した理由は、惑星リーチの地下に眠るフォアランナーの遺産の情報を奪取するためであった。

それからわずかな時間で惑星リーチのヴィエリー地区に対する大規模な攻撃、惑星のガラス化が局地的にではあれ始まってしまう。

そして、8月14日にUNSCの反撃が軌道上にまで及んだ時、コヴナント軍先遣隊の主要艦ロングナイト・オブ・ソーランスが轟沈し、姿を消したのと共にコヴナント増援艦隊がリーチ軌道防衛網の下部に出現、防衛軍の戦力を圧倒し殲滅しつつ惑星の焦土化を始める。

戦闘が始まる直前のUNSCは、戦争終結のための計画を立案した。その計画は、SPARTAN-IIの小隊をコヴナント艦に突入させて奪取しその艦を使い、彼らの中枢に侵入し、コヴナント最高指導者を捕虜にしてコヴナントとの停戦を実現させるために指導者を利用する…というものであった。

スパルタン部隊の大半がその任務のために呼び出され、出撃準備を完了させて巡洋艦オータムに乗り込み、出発しようとしていた。


その時、突如リーチに大規模なコヴナント艦隊が出現し侵攻を開始する。”周辺に展開する全艦はリーチに集結し、死守せよ”という緊急命令が艦隊司令部より発令された。

オータムも、スパルタン部隊も全力をもって防衛戦に参加しリーチ陥落を阻止しようと奮戦する。結果、70%以上のコヴナント艦隊を破壊した。

が、数的劣勢の上にUNSCがかつて見たことの無い巨大艦(超大型空母と呼ばれた巨大戦闘艦)の出現と数的、技術的劣勢から、軌道上を死守していたUNSC艦隊と防衛プラットフォームはほぼ壊滅し、生き残ったわずかな艦船とスパルタン部隊、海兵隊、民間人はリーチを放棄して脱出した。

その中に巡洋艦ピラー・オブ・オータムも含まれており、スパルタンIIを2名載せて地球とは別の方向に向け離脱した。それを10隻前後のコヴナント艦隊が追撃していった。

放棄された惑星は侵略者がフォアランナーの遺産捜索の後に徹底的に破壊した。

再入植編集

HaloReach - ColonyShip.png

リーチに着陸するコロニーシップ

2589年7月7日。人類-コヴナント戦争が終結して37年後に人類は再び惑星リーチに降り立った。場所は元艦船解体場が存在した地であり、元ONI司令部があったハイランド・マウンテンである。[4]

この頃惑星のテラフォーミング化が完了し、人類はリーチへの再入植を始めた。少なくとも2610年ごろにはニューアレクサンドリアの街が再建されつつあった[5]ので大勢の入植者が再びリーチへ戻ったということになるのであろう。

経済 編集

貿易 編集

リーチには9基の軌道エレベーターが存在した[6]。 そのうちの3基はニューアレクサンドリア[7] 、そして1基がマナサス[8]にあったことが知られている。

コヴナントの攻撃が始まる前、エリダヌス座イプシロン星系のスリップスペース ジャンプ(星系からの離脱、星系への到着)が特に多かった。[1]

又、リーチはチタニウム輸出の中心的惑星であった。[1]この惑星には多数のチタン鉱山が眠っていたのである。

艦船の解体 編集

Reach mpbeta boneyard 02.jpg

艦船廃棄施設

艦船の解体は重要なビジネスの一つだった。大きな解体施設の一つにアスゾード艦船廃棄施設があった。これら廃棄施設は地上に位置し、退役した全ての艦船の解体を請け負った。艦船から外された金属類は周辺にある再利用施設に送られ、他の製品用に加工して送り出されていた。[9]

惑星リーチに存在する企業 編集

惑星リーチは人類の中心とだけあり大企業の拠点であった。それらの企業は工業施設またはオフィス、商用ビルをリーチに建造していた。以下がその一覧である。

防衛力編集

リーチは軍民問わず宇宙船の供給地として極めて重要な惑星であった。その為、UNSCの大規模な造船所が軌道上に配備されていた。リーチ造船所は常に忙しく、賑わっていた。

又、リーチ地上部にはONI最高司令部艦隊司令部海兵隊等の本部が設置されていた。その中で特にONIは最重要拠点としてキャッスル基地を構築していた。リーチは主に精鋭部隊の訓練基地としても機能しており、主にODSTスパルタンIIの訓練が行われていた。

リーチは地球に次ぐ商業・文化・政治の中枢であり、極めて重要であった。その為、軍事拠点化が進められた。エリダヌス座イプシロン星系防衛艦隊と呼ばれる戦闘艦150隻を擁する大規模のUNSC艦隊の防護を常時受けていた。同艦隊の旗艦はポエニ級超大型空母UNSC トラファルガーであった。トラファルガーは艦隊の中核でもあった。[1]

リーチでは2527年と言う早い時期から軌道防衛プラットフォーム20基を軌道上に配備していた。これらプラットフォームには重MACガンが装備されていた。これ等の軌道防衛網は戦闘艦部隊やマルチロール戦闘機の支援を受ける。星系には常時100~150隻の規模を誇るエリダヌス座イプシロン星系防衛艦隊が駐留していた。しかし、このような大規模な防備を持ってしても、コヴナント艦隊の強襲には耐え切れなかった。軌道防衛プラットフォームは地上の発電施設を破壊されて機能停止に陥り、艦隊もまた規模を遥かに上回るコヴナントの大艦隊に強襲され、その殆どが失われてしまった。

  • 投入可能な全兵力:3億8542万1100名
  • 全地上軍施設:5万8430箇所
  • 全海軍施設:1209(T),75(X)
  • 全航空施設:1万1050箇所
  • 使用可能な飛行場:1,246箇所
  • 防衛予算:382億8700万UNSCクレジット [2548年当時][1]

リーチの施設、地域編集

地上施設、山編集

編集

都市編集

軌道上施設編集

登場または存在を触れられたゲーム・作品 編集

ギャラリー編集

情報源編集

  1. 1.0 1.1 1.2 1.3 1.4 1.5 1.6 Bungie.net: Halo: Reach Project Page
  2. http://fr.wikipedia.org/wiki/UNSC
  3. Halo:リーチの陥落 216ページ
  4. Halo: Reach, campaign level Lone Wolf
  5. Halo: Reach Legendary Edition - Journal Package Letter
  6. Halo: The Essential Visual Guide - page 151
  7. YouTube: E3 2010 Firefight 2.0 Beachhead Gameplay
  8. Halo: Fall of Reach - Invasion
  9. Halo: Reach, Pillar of Autmn
  10. Halo: Reach Legendary Edition, Dr. Halsey's Personal Journal, Bliss Decimated!

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

FANDOMでも見てみる

おまかせWiki