FANDOM


テンプレート:Cleanup

Remote Scanning OutpostsUNSCの小規模のシステムで構築された有人施設である。時には"リモートセンシングステーション"として、海軍から小規模な要員が派遣されることもある。この施設は、周囲の宇宙空間をスキャンし、未知の存在や海賊がスリップスペースから出てきた場合、即座に軍、又は周囲に居る戦艦に情報を送信する。[1]

リモートスキャン前哨地は存在する星系内部の全居住惑星に1時間おきに報告を入れることが義務付けられている。又、彼らは星系に不審なスリップスペースの裂け目を検知したら即座に警報を発する義務も負う。

合計3つの前哨地が知られている。そのうちの一つであるシグマ・オクタヌスIV戦闘前UNSC イロコイに警報を発している。この施設に勤務していた要員は全員最高司令部コアインストールなどからヨーク要塞の前哨地に異動された。[2]そして、もうひとつの前哨地は惑星リーチにあった。

遠隔スキャン前哨地は、勿論コール議定書の指示に従わねばならない。コヴナントによる攻撃、又は施設占拠の可能性が高まった場合自爆するよう命じられている。[3]


知られている要員 編集

知られている遠隔スキャン前哨地編集

編集

  1. Halo: Fall of Reach, Page 283
  2. Halo: Fall of Reach, Page 283
  3. Halo: Fall of Reach, Page 284

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

FANDOMでも見てみる

おまかせWiki