Fandom

Halopedia

Sangheili-San 'Shyuum War

2,396このwikiの
ページ数
新しいページをつくる
コメント0 シェアする
Previous:

San 'Shyuum Civil War

Concurrent:

None

Next:

飼いならされたハンター, グラントの反乱

サンへイリ-サンシューム戦争
Beginning:

938 B.C.E.[1]

End:

852 B.C.E.[1]

Place:

銀河系の様々な惑星、おそらくサンヘリオス

Outcome:

コヴナント同盟の発足。

Belligerents

エリート

サンシューム

Commanders

不明

不明

  [Source]


サンへイリ-サンシューム戦争は宗教的、そして技術的な違いの上でサンへイリとサンシューム種族の間で行われた星間戦争であった。 この戦争は、最終的にコヴナントを結成させるに至った、ある意味では歴史上非常に重要な戦争である。[2].

歴史編集

発見編集

改革派が故郷から脱出して1,200年余り経過した938 B.C.E.にサンシュームたちはサンヘリオスとそこに住まう種族サンヘイリを発見した。このときの接触において、宗教的、技術的価値観の違いから猛反発される。

戦争編集

初期の戦闘では、サンヘイリ側が優勢にあった。サンシュームに匹敵する戦闘技術を有する勇敢な兵士たちの活躍であった。しかし、サンシューム側はドレッドノートによるヒットエンドラン作戦でサンヘイリ戦闘艦隊を壊滅状態に追い込んだ。結果、自らが生き残るためにフォアランナーテクノロジーを使用する事になり、876 B.C.E.には、自分たちの軍艦や兵器、武器に古の技術を使用し始めた。勿論、これはサンシュームにとって非常に厄介すぎる事であった。何せ、古の技術を使う種族がもうひとつ現れたとなると深刻な脅威でしかないからである。[3]

852 B.C.E.には、サンシュームを頭としてサンヘイリが配下に付くという形でコヴナント連合を発足する事になった。

情報源編集

  1. 1.0 1.1 Halo Encyclopedia, 30ページ
  2. ヘイロー: コンタクト・ハーベスト, Page 147
  3. Halo Encyclopedia, page 30
コヴナントの戦争の歴史

San 'Shyuum Civil War (Age of Conflict) | Sangheili-San 'Shyuum War (Age of Conflict) | Struggle for Ideological Purity | Second Illumination | Taming of the Hunters (Age of Doubt) | Unggoy Rebellion (Age of Conflict) | Sixteenth Unggoy Disobedience | Human-Covenant War (Age of Doubt to Age of Reclamation) | Great Schism (Age of Reclamation)


広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

Fandomでも見てみる

おまかせWiki