Fandom

Halopedia

Second Fleet of Homogenous Clarity

2,396このwikiの
ページ数
新しいページをつくる
コメント0 シェアする

データ 編集

西暦2552年11月3日のコヴナント内戦までハイチャリティを守ってきたUNSCで言うUNSC Home Fleet見たいな存在であった。


Halo: First Strike 編集

西暦2552年9月23日時点では活動していたものと推測される。

Installation 04 編集

6隻のコヴナント巡洋艦と1隻の旗艦を率いてInstallation 04通称アルファヘイローに侵攻。 HALOが崩壊したとき、生き残っていたUNSCの軍人、スパルタン117ことマスターチーフらがHALOの残骸付近を航行していたコヴナント旗艦Ascendant Justice(アセンダント ジャスティス)を襲撃し占領、惑星リーチに向けジャンプした。このときアセンダント ジャスティスを追撃したのがこの艦隊所属の艦船であったと推定されている。このときのHALO侵攻を指揮した司令官がアービターであった。

Installation 05 編集

第1次地球戦争が発生した直後、コヴナントはInstallation 05通称デルタヘイローを発見した。悔恨の預言者がマスターチーフに倒される直前、ハイチャリティはこの艦隊を率いてデルタヘイローにジャンプした。


コヴナント内戦 編集

コヴナント内部での地位を脅かされたエリート族は彼らを支持するハンター、グラントらを率いて預言者側についたブルートと彼らを支持する種族に対して反乱を起こした。このことがハイチャリティを防衛していたこの艦隊内部にも知れ渡り、同士討ちが始まった。ハイチャリティがフラッドに襲撃されたとき、同艦隊は実質上崩壊してしまった。


有力な艦 第2艦隊 of Homogeneous Clarity 編集

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

Fandomでも見てみる

おまかせWiki