FANDOM


シグマオクタヌスIV
天体の概要
名称

シグマオクタヌスIV

個体数

17,000,000

種族

人間

テクノロジーレベル

第3階層

  [Source]

Sigma Octanus IVSigma Octanus星系に位置する)はUNSCの植民地のひとつである。Sigma Octanus IV攻防戦前、人口は1700万人を超えており、コートダジュール周辺同様、惑星各地には水田が発達していた。

歴史編集

フォアランナー時代 編集

フォアランナーアーティファクトを含めた流星が惑星に落下したのが57,448 BCEである。人類は60,000年後にこれを発見し、コートダジュール自然史博物館にて展示した。[1]

コヴナント戦争時代 編集

Main Article: Battle of Sigma Octanus IV

2552年7月、コヴナントの侵攻によって戦いの幕が開けた。コヴナント艦隊は主要な人口密集地であったコートダジュールを中心に部隊を降下、一帯を占領した。スパルタンII部隊がこの行動の解明の為派遣された。スパルタン部隊はHAVOK核弾頭をコートダジュール市内の地下に設置すると共に、コヴナントに占領された自然史博物館に突入する。そこで展示されていたルビーと岩のサンプルからアルファヘイロー[2]の星図が明らかとなったのである。言語の翻訳はコルタナによって行われたが、失敗した。

コヴナントの侵攻目的がコートダジュールのフォアランナー・アーティファクトの奪取の為であれば、ガラス化されてもおかしくなかった。[3] しかし、実際にはコートダジュールが破壊され、周辺の諸都市も大きな被害を受けたがガラス化はされなかった。これらの被害はコヴナントの攻撃が原因か、それともUNSCによって先に破壊されたのかどうかについては不明のままである。[4]

Sigma Octanus IV の施設、場所 編集

情報源編集

  1. Halo: The Fall of Reach, pages 233-234
  2. Halo: The Fall of Reach: Epilogue, page 336
  3. I Love Bees, Axon alt burgundy
  4. Data Drop 2

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

FANDOMでも見てみる

おまかせWiki