FANDOM


Lordhoodhalo.jpg
ロード・テレンス・フッド
Biographical information
Homeworld

地球

Physical description
Rank

海軍提督

Gender

男性

Height

6'1

Vehicles

ステーション・カイロ UNSC フォワード オントゥ ドーン

Hair color

白色

Eye color

青色

Chronological and political information
Affiliation
  [Source]
"我々の街を取り戻し、連中が自ら掘った墓穴に奴らを葬り去るのだ"
ボイの戦い直前にテレンス・フッド郷が海兵隊に向けて

テレンス・フッド海軍提督UNSCの指揮官で国連宇宙司令部海軍に属する。それと共に太陽系防衛艦隊の司令官でもあった。

伝記編集

地球攻防戦以前編集

フッド卿の戦前の生活に関しては知られていないが、イギリス貴族の出身であるということは分かっている。[1]

フッドは何時頃かは不明であるが2530年より前にUNSCDFに入隊した事だけは確かなようだ。2531年、アルカディアに出撃したカッターの後を追ってハルシオン級軽巡洋艦 UNSC ローマン ブルー(艦長として乗り込んでいた)でアルカディアへ向かう。フッドは上層部からの任務はアルカディアへ向かい、戦闘を避けつつ(アルカディアは失われたと考えられていたため)スピリット・オブ・ファイアのログを回収するというものであった。しかし、現地に到着したフッドは無残な姿となったアルカディアとその軌道上にて行動中のCPV級重駆逐艦部隊を発見。怒りに震えていたフッドは攻撃を命令した。が、相手は数が多すぎた。艦は結局退却を余儀なくされ、当初命じられていた任務も達成できなかった。彼はスピリット・オブ・ファイアを見捨てることに罪悪感を持っていた。その為、カッターの残された家族への財政支援を行っていた。

彼は少なくとも2度スパルタンIIに命を救われていた。このため、彼はジェイムズ・アッカーソン大佐からスパルタン計画を守り続けた。彼はジョンと一度リーチ攻防戦前に会っていた事も知られている。

幾つかの任務を通じてメタル・オブ・オナー等の勲章を授与された。2552年に彼は海軍最高司令官に昇格する。2552年9月に崩壊するリーチより帰還したワグナー大尉からリーチ崩壊の危機が迫ったと報告を受けた。また、彼はとある事実を公に晒し、ジェイムズ・アッカーソン大佐を叱責し解雇した。

リーチ崩壊後、現地にまだ残っているであろうスパルタンチームを救出するため、現地の調査を認めたとされる。

地球の戦い編集

2552年10月にジョン-117エイブリー・J・ジョンソン上級曹長ミランダ・キース中佐 (彼女の父はジェイコヴ・キース大佐) の3名に対しカイロ・ステーションにてインストレーション04での功績を称え勲章を授与した。授与直後に第一次地球の戦いが発生した。悔恨の預言者の艦隊が地球を攻撃した。[2]

2552年11月2日にハルシー博士から救援要請が届き、オニキスにスパルタンII(-104, -058, -043)を送った。

地球の戦い後編集

"マスターチーフ。君はその船で何をしているんだ?"
—フッド郷がチーフに対して問う
"ケリを・・つけに来ました。"
—John-117
Hood Pelican.jpg

ミランダ・キース中佐マスターチーフに見送られてペリカンに乗り込むロード・フッド。彼はスリップスペース・ポータルに突入直前のシャドウ・オブ・インテント'から退艦する。

フッドは、地球軌道の戦いが終盤に達した時もまだ損傷しつつあるステーション・カイロにおいて指揮を取っていた。そこへ真実の預言者が乗るフォアランナーの艦からチーフが通信してきたのを知ってその艦で何をしているのかを聞く。そして返ってきた答えは・・・"ケリを付けにきました"[3]

After Captain Dare's Helljumper squad secured the safety of a rebel Engineer from New Mombasa, Hood gave Sergeant Johnson permission to interrogate their ally as to why the Covenant is scouring the city.[4]

During the Battle of Voi, the UNSC forces on Earth have been stretched to their limits during John-117's absence. Hood only has a few units fighting the Covenant. In addition, Hood kept several units in reserve including UNSC Frigates, single-ship fighters and several elements of ground forces.

1577764849 15135bb85c b.jpg

Lord Hood on his last communication to Crow's Nest.

After John-117 and a selection of Marines are able to shut down Covenant AA defenses, Hood launched an attack on the Ark Portal with all his available assets. He fails, however, and the Prophet of Truth is able to activate the spatial rift to Installation 00, far outside the Milky Waygalaxy. It is important to note that if the Human ships had succeeded in destroying the Forerunner ship it is likely that the Flood would never have made it to the Ark, infecting Earth.

アーク攻防戦編集

Handshake-large.jpg

Lord Hood and Thel 'Vadam shaking hands at Hillside Memorial. A sign of peace between the Humans and the Sangheili.

At the end of the Battle of Voi, Hood appears to have little faith in Cortana's "solution", and believes that following Truth through the portal could possibly turn out to be a Flood or one of the Gravemind's traps. However, this could be due to the fact that he has never fought the Flood before, and reluctantly authorizes Miranda Keyes to enter the Portal once Thel 'Vadam comments that if Cortana is wrong, then the battle would already be lost. Hood then departs the Sangheili carrier, Shadow of Intent in a Pelican before it, along with all other Covenant Separatists ships, make for the portal. His decision to remain at Earth was a sign that he would fight for it until the end, and he was just as sure that he would die protecting it.

At the end of the war, he conducted the memorial service near the city of Voi, Kenya and the Portal. He told Thel 'Vadam that he could not forgive the Sangheili for what he and the rest of the Covenant had done at the beginning of the war, but thanked him for standing by the Master Chief and the UNSCuntil the end. The allies then departed, ready to rebuild their home planets. Unknown to him, the Master Chief and Cortana had survived.

雑学編集

  • 彼の後頭部にCNI接続口がはっきりと視認できる。
  • Halo 2およびHalo 3におけるフッドの英語声優はハリウッド俳優ロン・パールマン。フッドの外見デザインは彼に基づいている。
  • フッドは卿ともナイトとも呼ばれている。貴族に叙された場合、公式の場では卿がナイトの敬称にとってかわるイギリスの爵位システムでは、これは通例ではない。
  • フッド卿の旗艦はフォワード オントゥ ドーンとされる。コヴナント分離派およびUNSC連合軍のアークへのポータル突入に先立ってミランダ・キース艦長に与えられた。
  • Lord Hood's name is most likely based upon Admiral Hood who fought Napoleon at the Battle of Toulouse.
  • Lord Hood is the highest ranking UNSC officer shown in the entire Halo Trilogy.
  • Lord Hood's military decorations are (from top left) the Combat Action Ribbon, the Joint Service Meritorious Unit Commendation, the Navy "E" Ribbon, the Meritorious Unit Commendation, the Navy Rifle Marksman Ribbon, the Medal of Honor, the Purple Heart, and the Navy and Marine Corps Medal. It is odd that he wears his high-ranking medals below the lesser non-medal ribbons, although UNSC uniform regulations in 2552 are probably different from those in the present-day military. However, in present-day military regulations, ribbons are always worn above medals, regardless of how highly bestowed and honored these medals are.

ギャラリー編集

情報源編集

テンプレート:Quotes Link

  1. Halo Encyclopedia
  2. この時ハーパー海軍元帥に対しカイロアテネマルタ の3つの軌道防衛グリットをコヴナント艦からの攻撃から防衛せよと命令した
  3. Halo 2
  4. Halo 3: ODST

関連ページ編集

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

FANDOMでも見てみる

おまかせWiki