Fandom

Halopedia

Truth and Reconciliation

2,396このwikiの
ページ数
新しいページをつくる
コメント0 シェアする

テンプレート:Seealso Level

TruthRecon.jpg
Truth and Reconciliation
Production information
Class

CCS級巡洋戦艦

Manufacturer

コヴナント

Technical specifications
Length

1782.2 meters

Width

861.7 meters

Height/depth

230.8 meters

Engine unit(s)

レプラソラーエンジン

Slipspace Drive

Slipspace velocity

不明

Power plant

融合炉

Shielding

エネルギーシールド

Armament

不明

Complement
Crew

エリート

Passengers
Usage
Role(s)

戦闘巡洋艦

Earliest sighting

インストレーション04攻防戦

Destroyed

インストレーション04攻防戦

Present for battles/events

インストレーション04攻防戦, リーチ攻防戦

Affiliation

コヴナント海軍

Fleet

Fleet of Particular Justice

  [Source]
"キース艦長は奴らの巡洋艦(Truth and Reconciliation)に囚われています。"
—コルタナ

トゥルース アンド レコンスリエイション(Truth and Reconciliation) はコヴナントのCCS級巡洋艦である。

データ 編集

  • モデル:戦闘巡洋艦
  • クラス:CCS級巡洋艦

専門的仕様

慣用


リーチでの戦い 編集

2552年8月に行われた惑星リーチ攻防戦に参加したとき、離脱しつつあったUNSC ピラー オブ オータムを追撃するよう、艦隊総司令官から命令された。複数の艦と共にオータムを追跡するが、ジャンプした先にあったのがHALOであった。

HALOでの戦い 編集

リーチから離脱したUNSC ピラー オブ オータムを追撃するため、9隻以上の戦艦と共にHALOがある空間にジャンプした。発見したオータムを総攻撃し不時着させることに成功するが、自身も計り知れない損傷を受け、HALOに不時着を余儀なくされた。HALO各地に展開した軍勢はこの艦から多数派遣されたものであろうと思われる。 不時着したオータムから多数の指揮官クラスの兵士と艦長を捕まえ、船の独房に収容した。

このことがこの船に戦火を広げることになる。この船はわかる範囲で2度も襲撃されている。

1回目は、オータム号の艦長を救出するために行われた強襲である。救出艦長らが捕虜になったことはUNSCのAIに気づかれ、強襲される。一部の指揮官と強襲した数名の兵士を犠牲にしながら、艦長と指揮官を救出することに成功される。

2回目は、フラッドの攻撃である。HALOの密林地帯でフラッドが解き放たれたときこの船にまだ害は無かったはずであった。しかし、それはHALO全域に感染しだし、この船も感染した地球軍の兵士、コヴナント軍の兵士に襲撃される。キース艦長を追ってマスターチーフがこの船に到着したのは、この頃であろう。しかし、彼が艦長のいる部屋に着いたとき、すでにキース艦長は帰らぬ人になっていた。チーフは目的のものを回収後、オータムに向かい核融合炉を爆破、HALOを破壊した。その際、不時着していたこの船も例外なく破壊されたものと推測される。


関連リンク 編集

トリビア 編集

  • Truth and Reconciliation とは、真実と和解。1994年、南アフリカで真実和解委員会(Truth and Reconciliation Commission :TRC)が設置された。

情報源 編集

  1. Halo: The Flood, page 5
CCS級 巡洋艦
プリティ オブ スピリット · セークリッド・プロミス (CCS級と推定) · Triumphant Declaration · Truth and Reconciliation · フラッドシップ · CCS-U624 · CCS-U321

|}

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

Fandomでも見てみる

おまかせWiki