FANDOM


Perfect Black UNSC logo.png
United Nations Space Command
Political information
Type of government

人類の軍事組織 統括

Founding document

国際連合

Constitution

民主主義/緊急時 軍事統制

Head of State
Head of Government

地球統合政府

De facto leader

海軍提督 フッド

Executive branch

UNSC 保安委員会

Legislative branch

UNSC 安全保障理事会

Judicial branch

調査局[1]

Societal information
Capital

地球

Official language
Currency

UNクレジット

State religious body

Multi-religious

Historical information
Formed from

国連によって2160年代の戦争中に創設された

Date of establishment

2163年12月

  [Source]


国連宇宙軍または国連宇宙司令部[2](United Nations Space Command) 略称UNSCHaloの世界において、人類の主要な政府機関である。おそらく政府は、殖民星統治局(Colonial Administration Authority)で、UNSCはその下部の防衛機関であるかもしれない。UNSCの軍事組織は国連宇宙司令部防衛軍(UNSC Defense Force)と呼ばれている。通常、惑星の防衛を管轄している。カイロ ステーションなどの宇宙ステーションもUNSCDFの一部だ。Halo 2の出来事の間、UNSCは、困難をものともせずにそれらの惑星を防衛し、地球上のコヴナントと戦った。

反乱軍を含む植民地政府とUNSCに反対し分離したいくつかの派閥がある。

技術レベルは西暦2552年当時でレベル3であった。


背景 編集

Marines halo 2.jpg

海兵隊。UNSC地上軍の中核を担っている

UNSCは22世紀前半、地球の過剰人口が問題になり始めたとき、国連/United Nationsによって形成された。UNSCはHIGHCOM(米国の防衛機関の米国国防総省と同系であるかもしれない)によって運用される、コヴナントに対する地球の初の防衛機関である。 Navy/海軍は海兵隊/Marines(ODSTを含む)、海軍情報局(Office of Naval Intelligence)と艦隊の各部門から構成されている。 UNSCは元々は太陽系内での平和維持活動のために組織されたが、2490年代~2530年代にかけての大規模な反乱が起こった際、UNSCは反乱軍鎮圧のために各植民地に軍を派遣した。2525年にコヴナントによって惑星ハーベスト(Harvest)が破壊された後、調査に赴いたUNSC艦隊の生き残りが帰還し、未確認艦によりハーベスト植民地が全滅したと知らされた。これによりUNSCは艦船の造船能力を引き上げ、今までの数倍の造船能力を得、大量の艦艇を揃えたが効果は無かった。その原因は数ではなく技術の大きな格差にあった。コヴナントの兵器は容易くUNSC艦艇の装甲を破壊し撃沈できるが殆どの人類の兵器ではコヴナントのシールド・テクノロジーには対応できなかった。 度重なる敗退と多大なる犠牲を払っての勝利が繰り返される中、惑星リーチ、地球等の人類政府において最重要拠点の防衛能力を強化し続けた。この努力は大抵無駄に終わっている。単に犠牲を増やすだけであった。技術力の格差が少しずつ縮まる現状ではどうやっても人類が戦争を勝利することは不可能に思われた。

2530年代にプレストン・コール提督UNSC Emergency Priority Order 098831A-1を提出、それは人類の最重要機密である地球の位置をコヴナントに気付かれてはならないと定義していた。

この法令はある程度効果を発揮したが、2552年10月にコヴナントの指導者の一人、悔恨の預言者が陣頭指揮をとり艦隊を派遣したことによって地球の位置がコヴナントに知られることになった。 そのため、コール議定書-098831A-1-は事実上無効化された。

二度にわたる激しい侵略により地球防衛線は崩壊、地上戦が各所で発生し、ついに人類滅亡すらも危ぶまれる事となる。

3odst.jpg

Orbital Drop Shock Troops ODSTと呼ばれる、UNSCの特殊部隊である

しかし同年、コヴナントでは同盟を崩壊させるような事件が発生した。内乱であった。アービター率いるエリート族中心の反乱軍と預言者率いる正統派の両勢力に分裂した激しい戦闘は、前線でもコヴナント軍を分裂状態に置き、各所で惨敗を始めた。

アービターら反乱軍はUNSCと軍事同盟を締結、ごく少数の艦艇と兵力の支援を受けられただけではあったがコヴナント正統派も内乱で数多くの艦艇と兵力を失っており問題にはならなかった。UNSC-コヴナント連合軍はニューモンバサ跡地、アークでコヴナント同盟と決戦を挑み、最高指導者である真実の預言者を殺害したことによってコヴナント同盟は崩壊した。彼に従っていた艦隊も兵力も鎮圧され、2553年3月に長きにわたって継続していた戦争が終戦を迎える…。

History/歴史 編集

Flag of the UNSC
UNSC Timeline
History of the UNSC
Pre-UNSC Period
第二次世界大戦 (1939 - 1945)
国連創設 (1945)
惑星間戦争 (2160-2200)
ジョヴァンムーン作戦 (2160)
雨林戦争 (2162)
火星戦争 (2163)
インナーコロニー戦争 (2400)
エリダヌス反乱 (2511 - 2524)
大反乱時代 (2524)
マモレ反乱 (2537)
コヴナント戦争 (2525 - 2553)
コヴナント内戦 (2552 - 2553)
第2次コヴナント戦争 (2557 - 25??)


Main Article: History of the UNSC

United Nations Space Command/国際連合宇宙司令部は、2160年と2164年の間に惑星間戦争が勃発し、一連の大規模な紛争を鎮圧するために組織された。それは主に太陽系内部で行われていた。その後木星衛星方面作戦(Jovian Moons Campaign)雨林戦争(The Rain Forest Wars)火星(Mars) [3] 等において、"(Koslovics)"と"フリーデン(Frieden)"との激しい衝突をUNSCが強行手段を持って解決したことにより人類の政治的中心に位置付けられた。

殖民地化編集

惑星間戦争による地球上の食糧不足と大破壊による混乱によって地球での生活は困難を極めた。戦後の人口激増も、この混乱をさらに拡大させる一因となった。 統一地球政府は最終的な問題解決のために外部に植民地を開拓する計画を推し進めることになる。 2291年のショウ-フジカワ・ドライブの発明によってこの計画は本格化する。やがて2362年に人類進出の第一歩としてオデッセイ号を旗艦とする殖民船団が地球から出発、以降僅か1世紀の間に800を超える殖民地が銀河系各地に整備された。殖民地群は造成が始まった世界から高度に整備された植民地まで様々なものだった。

人類政府の中核として、政治経済の中心地として発展したインナーコロニーと原料などを供給するアウターコロニーが形成されることとなった。 しかし、あまりに広がり過ぎた植民地では一部の富を持つ者に対しての反発などから分離主義が台頭、分裂の危機に直面する。

UNSCは、この広域な人類の植民世界の崩壊を防ぐために超兵士育成計画"オリオン・プロジェクト"を2491年に開始することになった。

コヴナント戦争編集

Main Article: Human-Covenant War

コヴナント戦争は、2525年10月7日に突然勃発する。この日、4月に連絡を絶った惑星ハーベストに対する調査のため第4戦闘群が派遣される、同日に星系に到達するもハーベストの都市があった地域は完全に消滅、生存者の捜索は絶望的であった。このとき軌道上に不明な艦船が存在しているのを確認、UNSC艦艇が交信を試みたが、突如砲撃を受けUNSC ボストークUNSC アラビアは破壊され、UNSC ヘラクレスは大破する。このとき傍受した通信によって、それらはコヴナントとして識別された。このメッセージ"貴様らの破滅は神の思し召しだ。そして…我々は神の遣いなのだ!"は英語で放送された。[4]. コヴナント戦争の始まりから27年、彼らの猛攻は止まる事を知らない。Second Battle of Harvest/ハーベストの戦い以来、2552年までにUNSCには536の植民地が残っているに過ぎなかった。コヴナントの大侵攻を食い止める為、UNSCはコブナント艦艇の1隻を鹵獲してコヴナントの中枢を探し出し、預言者を捕らえ、戦争を終結させるためにスパルタンのグループを送り込む作戦を計画した。しかし、作戦開始の2日前の2552年8月末に314隻もの大規模なコヴナント艦隊が、アーティファクトと重要なUNSC基地が存在する惑星リーチの近くにスリップスペースから出現。幾多のコロニーでの戦い同様UNSCは惨敗し惑星リーチは陥落した。

2552年10月にコヴナント悔恨の預言者は無計画に人類の最重要拠点であり、開戦当初からその存在を秘匿していた(コール議定書に記載されていた。)地球を発見、私的な艦隊を率いて侵攻した。彼らは、それがアーク(古代フォアランナーの遺産)の位置する場所であると思っていた。彼らはUNSCの頑強な防衛線に阻まれ第二のヘイローへ逃走、そこで悔恨の預言者が殺害されたこと、これによる預言者側のエリート族に対する不信感、ブルート族の台頭、彼らの目指す目的の真実を知ったこと等が原因となり、コヴナント内戦が勃発した。この大分裂中、Installation 05にコヴナント首都“ハイチャリティ”をジャンプさせたことが原因でInstallation 05で目覚めたフラッドの大群がハイチャリティに殺到、わずかな時間でハイチャリティは汚染された。

この大混乱に陥ったにもかかわらずコヴナント正統派(真実の預言者をリーダーとして従う者達の総称)は汚染されたハイチャリティを放棄し地球に再度侵攻、軌道上の防衛線を突破、フォアランナーの遺産があると思われた世界各地に対し無差別侵攻を行った。それが特に酷かったのは東アフリカのケニアであり、モンバサとフォアランナーの遺跡があるヴォイの周辺であった。この大規模攻撃は更なる混乱を呼んだ。それは放棄されたハイチャリティから1隻の汚染されたCCS級巡洋戦艦がヴォイ上空に突如出現して墜落し、都市にフラッドが大量出現したことにあった。(これはこの艦を追って来たエリート艦隊がヴォイをガラス化したことにより拡大を阻止)預言者艦隊はこの混乱に乗じてアークへ逃走した。

全ヘイローを統括するアークにてコヴナント正統派に対する総攻撃がUNSC-コヴナント連合軍によって開始された。この総攻撃によって侵攻してきた全てのコヴナントと真実の預言者を倒すことに成功し、そして2553年3月3日、コヴナント戦争は、UNSC-コヴナント連合軍の勝利によって終戦となる。多くの植民惑星とそこに存在した全ての文明、組織、防衛力を破壊した上での大きな犠牲を払っての勝利であった。

コヴナント戦争後編集

2553年1月にラス・チャレットをリーダーとするUEG新政府が発足後、UNSCは緊急時に得ていた権限を1月8日にUEGへと返還する。[5]

UNSCは2553年の終戦以来約30年間の戦争で失われた人類領域の復興に乗り出そうとしていた。2589年7月7日には惑星リーチへと再び降り立つに至る。[6] 人類はコヴナントの侵略を受けていなかった領域を維持、統制するため様々な努力を重ねていった。

UNSC軍はテレンス・フッド郷と"アービター"ゼル・ヴァダムらサンヘイリが主体となった旧コヴナントとの停戦を維持してきたが、ONIの一部勢力は今次大戦で消耗しつつもなお強大な勢力を持つ旧コヴナントを大きな脅威であると考え、その脅威を殺ぐために分裂状態だったサンヘイリ内の反アービター勢力に秘密裏に武器を供給し、旧コヴナント勢力の更なる弱体化を図った。これらの陰謀は効果的であったかどうかはわかってはいない。少なくとも、2558年現在その目論見は失敗しているようである。

組織 編集

地球統合政府(Unified Earth Government)国際連合(United Nations)

UNSC要員 編集

詳しくはキャラクターリスト参照のこと。UNSC要員の名前などはそこに記載されている。

階級 軍事部門別 編集

UNSC Navy /UNSC海軍編集

詳しくはUNSC海軍を参照のこと

UNSC Marine Corps /UNSC海兵隊編集

詳しくはUNSC海兵隊を参照のこと

UNSC Army /UNSC陸軍編集

詳しくはUNSC陸軍を参照のこと

UNSCの武器、兵器 編集

Main Article: UNSC Weapons

UNSCは独自の兵器を製造し対コヴナント用に投入している。その多くは対コヴナント戦でもある程度の打撃を与えているがコヴナントの技術にはいまだ追いつけないようだ。

兵器には艦載、車載兵器などが存在している。それらは対歩兵戦闘などでは極めて大きな効果を発揮し、人類の主力戦車の砲撃はコヴナント主力戦車を一撃で大破させてしまう程の威力を持っていた。


UNSC 車両 編集

地上車両 編集

航空機 編集



UNSC 科学技術 編集

See Technology

UNSC 海軍所属艦と宇宙ステーション 編集

詳しくは UNSC Navy

UNSCの軍事部隊 編集

詳しくは 知られているUNSC軍事ユニットを参照

UNSCの関わった主要な戦争 編集

UNSCの法律 編集

See UNSC Laws

情報源 編集

  1. The Office of Investigations most likely investigates and judges the actions of all the arms of the UNSC, as it is the only known judicial organization of the UNSC.
  2. ヘイロー(XBOX)取扱説明書6ページ
  3. http://www.xbox.com/en-US/games/h/halo/storyline.htm
  4. Halo: The Fall of Reach, page 96-98
  5. Halo Waypoint Forums: Catalog Interaction
  6. Halo: Reach - Lone Wolf
  7. Mentioned in HGN

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

FANDOMでも見てみる

おまかせWiki