FANDOM


貴方はHalo 2サウンドトラックのアンバークラッドを探していますか?
Frigate 3
UNSC In Amber Clad
Production information
Class

スタルワート級フリゲート

Technical specifications
Length

478.0m (1568 feet)

Width

151.9m (498 feet)

Height/depth

112.3m (369 feet)

Maximum acceleration

1,000,000 pound thrust

Maximum speed (Space)

1,000,000 MPS

Maximum speed (atmosphere)

マッハ6

Engine unit(s)
  • メインドライブ2基
  • 補助ドライブ2基
Slipspace Drive

ショウ-フジカワ光速エンジン

Slipspace velocity

2.1光年/日

Power output

(2基) 核融合炉

Shielding

無し

Hull

60cmのチタニウムA戦闘用装甲

Armament
Complement
Crew

295名

Usage
Role(s)
  • 対宇宙戦闘
  • 地球防衛
  • 地上軍配備
  • 司令艦
Destroyed

2552年10月

Present for battles/events
Affiliation

UNSC 海軍

Fleet

太陽系防衛海軍

Known crewmembers

ミランダキース中佐 マスターチーフ

Known commander(s)

中佐 ミランダキース

  [Source]

UNSC イン・アンバー・クラッド(ハル・ナンバー FFG-142)はUNSCフリゲート艦である。[1][2]

歴史編集

第一次地球戦争編集

Main Article: First Battle of Earth

2552年10月当時アンバー・クラッドの艦長はミランダ・キースUNSC海軍中佐であった。同艦は軌道防衛プラットフォーム ステーション・カイロに接岸し、同施設で開催されていた式典にキース艦長が出席していた。この式典の最中にコヴナント悔恨の預言者の艦隊が地球軌道上に突如現れスリップスペースを離脱、地球を攻撃する地球艦隊所属の全艦艇がコヴナント艦に対し砲撃を開始する中アンバー・クラッドは防衛戦闘には参加せず、マスターチーフアサルト船彼らの爆弾で破壊し、降下して来るのを助け、地球のニューモンバサに向かう。

モンバサ攻防戦編集

Main Article: First Battle of Mombasa

軌道上の熾烈な激戦が続く中、悔恨の預言者の乗った旗艦がケニアのモンバサに降下、市内に多数の地上軍を降ろし、都市の大半を瞬く間に制圧下に置く。第17海兵連隊第77海兵連隊が市内で頑強に抵抗を続ける中アンバー・クラッドはモンバサエリアのUNSC地上軍の司令部として都市部にて消耗した装甲部隊、歩兵部隊の増援を送り、負傷した海兵隊員を収容する。

悔恨の預言者の旗艦が都市の上空でスリップ・スペースに突入を図ろうとする時アンバー・クラッドは唯一追撃可能な地点に居た艦であった。ステーション・カイロで指揮を執っていた艦隊総司令官テレンス・フッド卿はキース中佐に交戦許可を言い渡しアサルト船を追撃させる。そして都市が閃光に包まれた。
In Amber Clad gives chase

In Amber Cladが預言者の旗艦を追撃する

UNSC コーラル・シー, UNSC ダスク, UNSC パリUNSC リダウテブルの4艦はアンバー・クラッドと共に脱出したアサルト船を追撃するためにスリップスペースに入る。


デルタ・ヘイロー攻防戦編集

Main Article: Battle of Installation 05

アンバー ・クラッド第5施設"デルタ・ヘイロー"に到着する。デルタ・ヘイロー軌道上にコヴナント戦闘艦が停泊していることをつかむや否やマスターチーフ海兵隊ODST部隊に対してH.E.Vに乗り込みヘイローに降下し神殿に立て籠もる預言者を排除するよう命令する。艦長は第77海兵連隊と共にライブラリに降下、起動インデックスの確保を目的として行動する。

だが、この行動がこの戦闘艦の運命、そして乗組員達の運命を決めることになる。その頃、ライブラリ周辺では解放されていたフラッドの活動が活発化しており、コヴナント、UNSCを問わず猛攻撃を受けていた。アンバー・クラッドもまた襲われ、グレイヴマインドに乗っ取られる。そして、新たな獲物であるハイチャリティにむけジャンプする。この大惨事によって艦内のクルー、兵士達は全滅してしまった。

ハイチャリティ攻防戦編集

Main Article: First Battle of High Charity

同艦は、内戦がおこっているハイチャリティ内部に姿を現し、高等評議会ビルに激突する。そしてフラッドが艦内に積載されていたペリカン降下艇を使用して都市部に向け、降下を始めていた。ハイチャリティの完全なる崩壊はもう間近であった。グレイヴ・マインドによりハイチャリティ内部にワープされ、孤軍奮闘中だったマスターチーフとコルタナはこれに際して、アンバー・クラッドの核融合炉を自爆させ、ハイチャリティごとフラッドを吹き飛ばすとコルタナは提案。チーフはコルタナと共にハイチャリティから離れようとするが『自分は残る』と言って拒否される。やがてチーフはコルタナに見送られながら、地球に向かおうとする真実の預言者のフォアランナー・ドレッドノートに乗り込み、ハイチャリティを離れた。

それから余り日が立たぬうちに勃発した"アーク決戦"にてハイチャリティは再度人類、コヴナントの目の前に姿を見せた。コヴナントたちが知る優雅な首都ではなく、完全にぼろぼろとなった哀れな姿となって。この決戦中に、アンバー・クラッドが自爆したという記述はされなかった。恐らく使用されることもなく、墜落したハイチャリティの自爆によって使用不可能に陥ったものとみられる。

クルーの運命編集

デルタ・ヘイロー戦が中盤に差し掛かったころ、アンバー・クラッドは恐らく崩壊した。キース中佐や海兵たちがライブラリーに降下した後にフラッドによる襲撃を受けた。艦のクルーは逃げる間も応戦する余裕すらなくあっという間に全滅した。 フラッドに制圧された船は後にフラッドによるハイチャリティ侵攻に使用される。ごく僅かな人員は船が破壊された後も生き延びていたが・・・。

キース中佐とジョンソン上級曹長は、ライブラリーにてアービター ゼル・ヴァダムらサンヘイリの部隊によって捕獲される。後にサンヘイリと共闘し、彼らは真実の預言者捕獲への道、そして戦争終結への道を作ることになる。彼らと共にバンクス軍曹とスタッカー軍曹も捕虜になりかけたが、彼らは上手く逃げる事ができた。そのほか5名の海兵隊員がハイチャリティ内にてマスターチーフに救出されたが、彼らはコヴナントとの戦闘で犠牲となる。

艦がハイチャリティに侵入したとき、コルタナによって生命反応がない事を示された。墜落した艦からは街中に無数の人類のフラッド感染者がなだれ込んだ。プレイヤーは、これが船の元乗員であったかどうか、知る術は無い。

出演編集

イメージ編集

情報源編集

  1. Halo 2, level Cairo Station
  2. Halo 2, level Gravemind


広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

FANDOMでも見てみる

おまかせWiki